送料無料 CLASKA DO クラスカ ポシェット ショルダーバッグ BANK ブラック 日本製 レディース バッグ 鞄 カバン 斜めがけ 軽い 軽量 小さめ シンプル おしゃれ 黒


気楽に暮らしたい。

汚部屋からシンプルライフへ。女の子から大人へ。前向きに生きれなくて下を向いてばかりいた自分をミニマリズムで変えようともがいた30代の独女のただの日記です。マッチングアプリで婚活もしています。

3日でバイトを辞めたアラフォーのぐだぐだ。

f:id:mim222:20210331015212j:plain

ふう、4/1から胃が痛かったのが解放されて力が抜けました。朝一でハローワークに電話して、出社してすぐに辞めますメールして、夕方に面談をしてトントンと夜には退社手続きをしていただきました。申し訳ない位丁寧に対応をしていただきました。

入社したら面談で聞いていた内容と業務内容が異なり、全く知見がない分野でハードルが高い内容に変わっていました。入社の手続き後、口頭の説明なしに「マニュアルを読み込んでやってください」ですぐに業務に(未経験職種)。納品まで2週間程度と言われたスケジュールも夕方に急に「今日中に終わりそうですか?」みたいな。画面をチラチラ見てきたり、早くしろオーラがすごい。

指示にしたがって対応していても、勝手に何人も入ってきて全員が覆していく。説明は何もないけど「俺たちのマイルール当然わかるやろ」がめちゃくちゃ多くて、知らんがながいっぱい。後出しがいっぱい。面談か求人情報で伝えてくれていたら入社しなかったのにという事が積み重なり。1つ2つだったら良かったんですけどね。

ちなみにバイトとはいえお給料は派遣社員さんと同じくらいなので、月給はまあまあです。

よくあるパターンかもですが未経験職種&入社してすぐなので辛かったです。そして、もともと配属されるはずだった部署には年下の正社員の男子がずーっとマニュアル読んでのんびりのんびり過ごしていて、時々簡単な「この会社がやっている事業はなーんだ」クイズを出されては「さすがですね〜☆理解度高くて良い感じです☆」みたいな事を後ろで言われているのを見て心が折れました。私は年だしバイト採用だから短期間に使い倒そうって事なの?またこのパターンか‥と嫌な気持ちになりました。彼はあと3日のんびりマニュアル熟読時間があるようです。私は流し読みして、急かされながらマニュアル使用して作業して、辛くなってもう退職だよ‥。

もちろんこんな事は言いませんでしたが、「事前に聞いていた業務内容が違うのでギャップがあった」を中心に、「至らずすみません」を繰り返して穏便に退職となりました。ググって早期退職の際は不満は言わない方が無難と書いてあったのでその通りにしました。退職の経緯を問われて経緯を話したら人事の方に謝られてしまって申し訳なかったです。上長に退職の願い出をした際、もう絶対にここにきたくないしいたくない、御社と一緒に働きたくない、御社の誰を信じていいか分からないみたいなのが漏れまくっていたせいか、今日でもう出社しなくてよくして下さりました。

これに関してはまじで感謝です。

入社3日目だったので社会保険加入前かなあと淡く期待していましたが、残念ながら社会保険の加入は終わってしまっていたので私は傷物でございます。次の会社には正直に話すしかないのですが、バイトか派遣をしながら探すつもりなので、のちのち正社員で応募をする際には闇に葬ろうかと思います。こういったこともあるのでチャレンジ職種はバイトや派遣で挑戦で良かったのかなと思います。正社員だったもっと長い目で育ててくれたのかもしれないけど、正社員で入社していたらまた短期退職の職歴がついて逃げ場がなかったのでまあいいや。

ただ、入社した会社は別に悪い会社でも悪い人でもなくって、悪気がない感じでした。ただただ価値観が合わないのです。婚活みたい 笑。私としては急に仕事内容が重くなり、使えない人間、早くしろ、早くしろと責められていると感じてプレッシャー&自己嫌悪&若干の憎しみと人間不信みたいな感じになっていたのですが「ああ、、○○さんに期待していたからすごくショックです」みたいな感じで上長が本当にショックを受けていたのでびっくりしてしまいました。

「私のことは使えない人間だと思っているんだと思うのですが」みたいな事をもっとましな表現で伝えたらそれも、そんなふうに捉えられていたなんてとショックを受けらていましたが、これまでの態度や発言から一体どこをどう捉えたらそうなるのかこちらとしては分からず、自尊心が低くなり、職歴に傷がついただけだし、事前に業務内容が変わる事を伝えてくれていたら入らなかったので、モヤモヤしました。正直なところ、入社しなけりゃ良かったと思ってます。担当する業務内容を言ってくれてたら入ってなかったのに!!傷ついたみたいなリアクション取られてなんでやねんとずっこけそうになってしまいました。

全くそんなそぶりがなかったのでどこでそうなったのか理解に苦しむのですが、実は評価してくれていたなんてあの状況からわかるはずもなく。言ってくれていたら違っていたのにと。向こうもそう思っているかもしれないんですけどね。すれ違いで離婚ってこうやって起こるんですかね。

上長が席に戻ってからも近くの社員の方に慰められるほどしばらくガックリされていて、急に業務内容が重くなったのは期待の裏返しだったのかと合点がいきましたが、そうならそうっていってよ!と思いました。穏便に初めは話したけど、8割りくらいの本音がダダ漏れしてしまった辞めます絶対面談の言葉を拾うと、今やっている仕事を早く卒業してもっとクリエイティブ要素のある業務をやってみて欲しかったようです。なんでかしらないけど、そういう事を私がやるのを楽しみにしてくれていたようです。どこを切り取ったらそうなった??初日にその時間かけてそれ?みたいな感じで私の仕事見てため息ついてたじゃん?

最近はブラック企業というより、マカロンが食べたい孫に良かれと思ってお饅頭を毎回買ってきて、しびれをきらした孫に僕お饅頭嫌いなのにと言われて傷つくおじいちゃんみたいな会社や上司にあうことが増えた気がします。悪気がない系はモヤモヤのぶつけどころに困ります。


いつもの私の悪い癖のオンパレードみたいな出来事でした。勝手にネガティブに捉えてしまうのはいつもの悪い癖だけど、だからって、面接の時と違う業務内容を説明もなくさせるのはマナー違反だと思います。面接と求人出している意味ないじゃない書かい。こっちはあれもこれも恥部をさらけ出してるのに〜〜!

事前に説明した内容違う業務内容をやらせるのはだめ絶対!!

でも、5年前に入ってたらガッツで食らいついていただろうし、ああだこうだ書いたけど、30前後でその職場で出会っていたらその上長の事は好きになってただろうなとぼんやり思いながら会社を去ったのは心の中に閉まっておきます。こっちの求人のほうがいいじゃんと思った仕事があったから辞めることにしたのに、今日みたらその仕事は掲載終了になっていました。ま、ご縁とタイミングですね。

今日の学び

社会保険の加入時期は面接の際に聞いておいた方がいいかも
・割り切って派遣の方がもしかしたらニーズにあっているかも
・すり減ったとしても手を動かしただけ身にはなっている
・話し合うって大事
・自分が思っている以上に私はネガティブ
・何か評価されているから採用されているから自信もって!
・仕事の内容は同じもので行きたいがもっと簡単で時間があるものから始めたら良さそう
・生活リズム崩れていても仕事始まったら問題なく起きれた

改革には痛みを伴う。

仕事の痛み

ああ。。新しくはじめた職場が全くあいませんでした!人生初の3日で退職を月曜日に決行予定です。社会保険加入前に止めれば職歴そのものを葬りされる可能性があるので、早い方が良い。出社前にハロワに電話して手続きなどの確認と。朝出社したら、上長に退職の意向を伝えたいと思います。電話で辞めてもういかなくてもいいかなって気もしますがセキュリティーカードを返却したいのでとりあえず行くことに。気まずく情けない気持ちもありますが「自分らしく生きる」「いい転職をする為の安心材料」という本来の目的を考えるとマイナスにしかならない。オンライン面接だと、会社の雰囲気掴みにくくてミスマッチしやすい気がします。面接官の雰囲気はよくても実際に働く部署の人とはあわなかったり、面接の帰りにチラッと社員の様子を見ているだけでも感じられることってあると思う。面接って労働者側もチェックをする場でもあると思うのですが、そのチャンスがオンライン面接だと失われますね。口コミ、求人情報、面接官しかチェックポイントがなく、口コミを操作されていたら入ってみないとチェックのしようもないです。正社員の面接は2〜3回あるのが普通ですが、それはお互いのためかもしれないですね。会社説明会にも色々行こうと思います。

学んだ事

・あくまで転職活動がメインなんだから週4日労働にしておく
・今抱えている副業や自分の活動を禁止されない
・職種も大事だけど所属する組織との相性も大事
・経営者のインタビューを確認しておきやばそうな社風じゃないか見ておく
・社長が若いと平均年齢が若いので社長の年齢もチェック
(web系職種やweb系の業種であると好ましい)
・やりたい仕事よりもできる仕事がどうか
・未経験職種のやりたい仕事は「仕事ができない人」になるリスクを考える
・研修の有無や期間、方法を確認。期待される成長スピードや業務の速度を確認しておく
・このままその組織にいてもいいかなと思える会社だとなおいい
・時間を切り売りするだけじゃなくて、出会える人や身に付く経歴のどちらかはプラスになる事
・もしくはただただ気楽に腰をかけつつ転職活動ができる
・バイトといえど10社程度ピックアップして5社程度応募して比べてみる

上記のチェックポイントをもとに、退社日が見えたら応募していきます。土日でチェックしただけでも良さそうかなと思えるものがいくつかありました。入社して数日なので即日やめられるといいのですが。大きな会社で退職者には慣れていそうなので大丈夫かなと思うのですが。社会保険などの問題で即日退職や内定取り消しなどになるとは思うんのですが。

婚活の痛み

婚活アプリでオンラインデートした人がハイスペ過ぎて疲れた‥。プロフィールの文章や写真がくすっと笑える感じでのんびりした人なのかなと思っていたら、実物は学歴も経歴もハイスペ過ぎてビビりました。安らげる人なのかどうかは分かりませんが、きっちり進行してもらえるので任せておけば良いので楽といえば楽です。マッチングアプリってこんな人とも会えるのかあと感慨深かったのと、ニッチなところで共通事項がある人が出てきたりするのでAIの紹介なかなか侮れないです。ちなみに趣味はかなりあうはずなのですが、向こうが頭が良すぎて私がふわふわし過ぎているので会話が成り立つかは不明です。ふわふわマウントとってしまうというのも手かもしれません。希望は聞いてくれるのですが、完璧にセオリー通りにぐいぐい進めてくださるので楽といえば楽です。進行が完璧過ぎて司会者か営業マンと話しているかのような感じでした。

終始トンチンカンな言動を繰り返し、沈黙したり、やっちゃったなとか思っていましたが、デートに行くらしいです。何がよかったんだろう。上位にたてそうとかモラハラ系の人ではない事を祈ります!

学んだ事
・婚活している人が真面目な人が多い
・こちらが申し訳なくなるほどスペックの高い男性も普通にいる
・1ヶ月のメールよりオンラインデート15分
・自分がどうしたいのかはしっかり決めておく
結婚したい、子供欲しいなど
・結婚相談所のように仲人やシステムチックに進んでいかないのでステップの管理は自分でする必要がある

オンラインデートをしてみて、1ヶ月メッセージするより、15分でも話した方が早い。なので、確実に独身ですでに結婚願望があって効率的に出会いたいのでオンライン相談所に入る方が手取り早いかも。7000円程度で入れるオンライン相談所があったのでそこに入ろうかと思います。

婚活している人は真面目な男性が大半

一部の詐欺師みたいな人が目立ってしまうかもしれませんが、マッチングアプリでも、婚活している男性はほとんどの人が真面目で、ちゃんとした人が多いなあとい印象です。

改革には痛みを伴う

マッチングしては離れ、マッチングしては離れてという人生の調整期間のようで痛みを伴っております。ですが人生の中でしっかり自分と向き合って、自分がしっくりくる場所に歩んでいくという行動をしてこなかったのでつけですね。ブラック企業に いた7年間でもっと早く踏み出していれば‥。そう思うと自分に合わない場所にいるのは1週間でもおしい。自尊心が低くなると行動できなくなってしまうからです。体の健康と心の健康があってこそ。

変化の前はいつだってぐずぐず。


f:id:mim222:20210331015212j:image

行きたくない。。

 

新しい仕事がもうすぐ始まる。現状維持のいやいやがいつものごとくはじまった。いや、一時的なバイトのつもりなのですが…。久しぶりのオフィス、通勤、OL出来るかな。

 

初めて通う保育園が嫌で、ぐずる幼児のような気持ちです。

 

ああ、どう考えたって今のままいるよりましなはずなんですが、苦痛のぐずぐずです。そしてさらに、振り出しに戻ったマッチングアプリで新しくやり取りしている人とオンラインで通話するんです。オンライン妙に緊張するのでまだ直接合うほうが良かったのですが、お相手の希望もありオンライン通話することに。

 

直接あうとデートっぽい感じで緊張するけどまだ楽しめるけど、オンラインだと面接感が強くていやだ😮

 

たったかたったかすすめてくれる方でレールにのっております。もう一人デートに誘ってくれた人がいるけど、もう私、変化のぐずぐずでキャパオーバーです。foしてしまったデート重ねてた人がよかった🤢

 

フィンランドに行く前もこんな事言ってたような。行ったら最高で、人生の宝物になってくれたんですけどね。

 

こんなものなのでしょう。変化のいやいやは手強いです。棚卸しして、嫌なことやめて好きなことすると理性で断ち切るしかないですね。

 

やはり正社員での転職はフルリモートと副業がOKの会社で探そう。。あと、メッセージもうめんどくさいからオンラインの結婚相談所に入ろう

婚活ぐずぐず日記〜マッチングアプリと結婚相談所〜

f:id:mim222:20210326235902j:image

今年も一人で桜を見る羽目に。くうう。染みます。

プロが見た結婚に対する「価値観」の大きな変化 | 激変!ニッポンの結婚 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

婚活に関するいい記事を見つけた。まるまるっと参考になりそうです。無害な人を探せ!胸に刻みたいと思います。これにつきますね。好きな人に出会うんだと思うと構えてしまうけど、無害な人を探すんだ!!と思うと1人くらいはもしかしたらいるかもしれないと思えるし、必要以上に飾らなくてもいいかなと思える。

 

SNSなどで見かけるカウンセラーの方の価値観が苦手で、結婚相談所はかなり抵抗ありましたが最近は相談所もいいかなと思っています。

 

オンラインの相談所だと月額7000 円くらいの相談所もあって、書類も必要最低限ではじめられるようなので4 月以降やってみようかな?と思っています。

 

確実に独身で、自分の意思で登録した人(そうじゃない人もいるでしょうが)と会えるチャンスがあるのはいいことだと思うし、そのほうが手っ取り早い気がしています。システムも合理的で、複数の人と仮交際しながら本交際、成婚へ進んでいくというステップも非常に合理的だと思います。

 

なんで相談所がいやだったかというと、価値観が昭和のおじさんみたいだったからです。マッチングアプリはたしかに、既婚者の可能性や年収など嘘をついている人がまじる可能性はあると思うのですが、「価値観」という意味ではマッチングアプリのほうが時代にあったサービスだと感じています。

 

例えば、マリッシュなどといった再婚者向けのサービスがあったり、マッチドットコムでは同性のパートナーを探すこともできます。

 

私はOmiaiやペアーズなどを利用しましたが、プロフィールやメッセージで記載してなくてもニッチすぎる共通点があったりして、AIって凄い!と感じることがあります。

 

おすすめでプロフィールに掲載している写真と同じ地方の飲食店の同じテーブルの反対側でメニューまで同じものを頼んでいる人が表示されたり、なんとなく同じ界隈にいた人、移住したいと思っていた場所の出身で同じお店に行ったりしていたとか。好きなクリエイターの人と一緒に仕事してる人だったり、ええ、となるほどニッチな共通点があることが多く驚くことがあります。

 

婚活ビジネスがコロナで伸びているとの事ですが、今の時代にあった結婚相談所が増えてきたらいいのになと思います。再婚者専門、同性のパートナーをさがせるところ、35歳以上、40歳以上、移住したい・アドレスホッパー・タイニーハウスや古民家で暮らしたいなどテーマ型のシェアハウスで暮らすように様々な価値観の人が安心して婚活できる時代が来ることを祈っております。

 

今のところ結婚相談所は「条件」で探す場所のようですが、今の時代は「価値観」にシフトしたほうが時代にあってる気がするんですよね。今あるものは今あるもので需要はあると思うのですが、別の層に分類される人達が結構いる感じがします。異なる価値観の人たちが活動しやすいマッチングアプリと結婚相談所の間くらいのものがあるとイイのですが。オンライン相談所をちょっとのぞいてみたいと思います。

 

結婚相談所というところは今のところ女性は年齢、男性は年収というものが重視されるようですが、週3でエンジニアしながら田舎暮らしのエンジニア…みたいな今どきの価値観を持って生きている人とは出会えなさそう。男性は年収400万円以下は登録不可などといった規定があるようなのです。その人が年収200 万円台だったとしても、どちらかというとそういう人のほうが価値観合いそう…。ただ、確実に独身で、メッセージすっ飛ばしてあいたいとなると婚活サービスでは会えない価値観が合いそうな人とは会えない可能性が高そう。結婚相談所=大手のハイスペや専門職しか相手にしていない転職エージェントみたいなところなのかなという印象を受けました。

 

人の幸福を考えた時に、仕事と愛は大きく影響を与えるものと考えます。それが20 代〜33歳位までの女性、年収400 万円以上の男性にしか開かれないというのは時代にあっていないような。

 

色々調べてみた感じですが、IBJ系列はリクルートなどの大手エージェントに登録して大手企業を目差すみたいな感じ。ゼクシィが転職サイトの女の転職みたいな感じ、エン婚活やスマリッジ、その他コネクトシップに入っているところがエン転職みたいな感じなんでしょうか?

 

口コミを見た限りはオーネットはあまり良くなさそう、IBJは大金を払ってしっかりとしたサポートを受けて大手企業とか身元がしっかりしている人たちが多いようです。ツバァイはちゃんとした人たちの中でも30代〜40代の人が多くて自力で婚活するところという感じのようです。その他相談所は多すぎて調べてません。このゾーンの相談所は年間60万〜30万円位かかる感じ。

 

大手の相談所主催の婚活パーティにいったら私は浮きまくる位、みなさんまじめで収入もあってという方ばかりでした。普段会えないような素敵な方もいました。でも、そういう人達に選ばれたいなら女性も何かトレードしないとね、という感じです。20代〜33歳位、又は美人さんで、35歳以上の女性は要望をあれもこれもと出さず、カウンセラーの言うことをありがたく聞き、アドバイスされたことはすべてやりますという姿勢を持ち、可愛げを持った人には来てほしいみたいな事を婚活カウンセラーの方が発信されているのをよくみます。上記に当てはまってしっかりお仕事されている男性と結婚したい!みたいな場合には大手の相談所は良いのかも?と感じました。

 

「自分にあった戦場」というのがありそうな感じがします。私は正確なデータベース、自分で頑張るので必要なときに相談できたりできなかったり、価値観重視で相手に巡り会えなかったらまあしょうがないやというスタンスでいきたいと思います。自分の性格上合わない人結婚できたとしても離婚してそうだし、伴走型だと価値観の合わない人にあれこれいわれてもぐずぐず言っているのが目に見えてしまいます。

 

転職活動も、婚活も「私っていう人」をネットショップに出品するような作業をするのですが、思いのほか反応があったり、時に傷ついたりダイレクトに反応をもらいながら人生を考えるという機会があるのはおもしろいです。

 

例えうまくいかなくても。あれだけ頑張ってもだめなら、あんな苦労するなら一人でもいいと自信を持っていえるのならそれはそれで成果のひとつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

オンリーワンになれないから、棚おろす。

f:id:mim222:20210113225435j:plain

婚活アプリを真剣にはじめて1年経ってしまった

真剣にパートナーを探し始めて、アプリを中心にパートナー探しをして大体1年くらいでしょうか。早い!ここから先の時間はシビアなリミットと向き合わないといけなくなるので大切にしてあげないといけないのですが、婚活疲れ&コロナ失業で生活の立て直しのため、変化(新しい環境で新しい仕事)に変化(正社員での転職活動)を重ねないといけないのに、婚活もするということで本能的にブロックがかかっております。新しくメッセージを始めた人からの飲みのお誘いすら辛い‥。新しい仕事が始まってしまえば平気かなって気もするのですが。

アプリ婚活振り返り

婚活アプリ経由でデートは5人位の方として、お見合いパーティーで7人くらいの人とあったかと思います。まだまだ少ないか。いいねは累計で約1000程度いただきました。見た目、年齢、スペック(コロナ失業中)以外でさらに何かに問題があるのでしょう。そもそもこの時点で不良債権感すごいのですが、実家と疎遠気味など事故物件レベルの人間かと思います。すいません‥。

そもそも結婚したいのか?

両親を見ていて結婚したくないと思って生きてきたこともあり、無意識のレベルで本当は結婚すると「不幸になってしまう」という嫌悪感があります。また、直近で付き合っていた人との悲しい別れもトラウマになっていたりして、結婚・恋愛にちょっと抵抗がある状態です。ですが、年齢的な焦りと、コロナで経済的な不安もあったりしたので婚活をはじめてみたけど、結婚にポジティブなイメージはあまりなかったりします。1人じゃ寂しい、誠実なパートナーが欲しいという思いは確実にあるんですがどうなんでしょうね。

関係が進まなかった好きだった人の事

昨年〜今年の私は最悪な状態で腐っていた時間が長く、コロナで動きにくかったとはいえマックスにぐずぐずで、現実と向き合うことから逃げていた。せっかくデートしても恋愛観とか結婚観とかそういう話をふってもらっても向き合えなくて流してしまっていたりしたので、まあそりゃそうなるよねという。何がしたいんだろうこいつという感じだったのかも。こんな女と飲みに行ってくれたり多く払ってくれたり、ありがとうございました。うまくいくわけがないですね。1つ下の方でしたが、お若い女性が沢山いる中で貴重なお時間を頂戴しました事、お礼とお詫び申し上げます。楽しい時間をありがとう。仕事熱心で意味不明な趣味があったり、ブラックユーモアが混じっていて、真面目さと優しさのバランスが絶妙ですごい好きな人だったんですよね。ただ、風俗にいくというのどう受け止めていいのかはよく分からなかった気はします。お金をあまり使わないところとかも好きだったなあ。

アラフォーなのに恋愛マニュアルを熟読

自分から意中の相手を誘った事がなかったので、この方とあってみたくて恋愛マニュアルをぐぐりまくりました。会うまでに2ヶ月ほどメッセージをして、何度か途切れそうになったけどどうにか会話をつないで、誘ってもらうための会話の流れ作りなど恋愛ノウハウ系のコラムも沢山読んだり‥。あってからの数回はお相手がリードしてくれたりして油断してしまいましたが、ここでコロナ失業にあって、書類のトラブルなどがあったりで恋愛どころではなくなったり、腐ったりしているうちにぐだぐだに。小手先のノウハウは学んだけど、肝心の自分を磨いたり、相手に向き合うという事ができていませんでした。時間は戻らないからもうしょうがないんですけどね。気がつくとメッセージを始めて5ヶ月経っていた。むしろよくもったなという感じだけど婚活としては失格ですね。時間を無駄にしすぎ。そしていつだかの説明会の時もそうでしたが、開かないはずの門が目の前で一瞬あいた時はちゃんと踏み出す事。違うかなと思ったらさっさと立ち去る事。次にきた時はその門は開いていないかもしれないって理解しておく事。

次に後悔しないために棚卸しをする

こういう人がいいというお相手に求める条件を作っておきなさいとアドバイスをもらったので考えてみます。前に進まないのは私がピントあってないせいもある気がするのです。

・働いている
・自分の仕事が好きな人
・確実に独身
・清潔感がある
・30〜40代の人
・高すぎる年収や学歴の人より会社や友達にいそうな人
・一緒にいて楽で安心する人
・私でもいい人
・自分から連絡くれたり誘ってくれる人
・DV、モラハラ、ギャンブル、マルチ、宗教をしていない人(風俗はどうなんでしょうか‥)
・週に1回くらいは会える
・なんとなく先に結婚がある
・着飾ってワインを飲むよりスッピンで食パンとコーンスープ飲める人

抽象的ですがこんな感じです。一緒にいて楽で、働いていて、最低限の思いやりがある人というイメージですが、いるのかな?アプリをしてみてあわないと思ったのはこんな人。

・仕事にやる気がなくて愚痴ばかり
・一方通行で押さえつけるような言動がある
・私が言った事を否定したり上から被せてくる
・返信が3日に一回
・お見合いパーティーであったハイスペックすぎる人

この人面白そう!で話し込んでそれで終わったり、パートナーとしては難しい雰囲気の人だったりでそれはそれで直さないといけないのですが、「ハイスペックで素敵な人」はそれ以上に違和感がすごくて無理でした‥。年収700万の爽やか商社マン、年収1000万円のシュッとした弁護士さんなど。会社にいるような普通の人か、田舎で農業しながらリモートでエンジニアしてますみたいな人を潜在的に求めているようです。ですがそんなニッチ人いるんだろうか?とりあえず大手の相談所や婚活パーティーではあれないでしょうね。あってみないと分からないことが多いと思いました。

対策
・早めに会う
・デート3回以上しても進展がない場合は自主的に終了とする
・1人の人に気持ちがいったとしても同時進行をする

婚活アプリを使っていて思った事

大抵の方は真面目で、お食事だけで解散という感じで健全です。ドタキャン、向こうから誘ってきて会う約束をしたけど直前で音信不通という方もいましたがしょうがないですね。メッセージでは本当にヤバイ人との接触を防ぐことはできるけど、意中の人と会うまでに時間がかかるので時間がもったいないと思うことも。結局はあってみないと分からない事が多いので、確実に独身な人といきなり会う方が自分にはあっていそうだと思ったので、価格の安いオンライン型の結婚相談所に移行しようかな?と思っています。

転職も婚活もアラフォーだけとしないといけない事

選べる立場じゃないけど、私もご指名もした上で不幸になる要素を弾かないといけない。至難の技‥。はあ‥。転職活動の需要と供給のすり合わせをしている期間に似ている気がします。仮の転職活動はキャリアの繋ぎという意味で私にとってはいいお仕事にご縁があったなと思っているのですが、真剣に自分の棚卸しをしていたら1週間で仕事が見つかったように、婚活もそんな感じなのかもしれません。

仕事は自分のキャリアでマイナスなところ、職歴でオファーが多いところを冷静に見つめて、どうなりたいか
?という設計をしてみたところ道筋を見つける事ができ、1週間で内定が出ました(非正規ですが)その求人があるのは知っていたけど、違うかな?とスルーしていましたが、よくよく自分を棚卸ししてみたら今の自分にぴったりの内容で応募するとトントンと決まっていきました。

婚活、恋活をすると当たり前ですが、出会いは沢山あるのですが、薄っぺらい繋がりの中で転職活動みたいに意思をしっかり持って動いていかないといけない特殊な場所のように感じます。とにかく早く結婚したい!という場合は効率はいいと思うのですが、リアルな場所での出会いは貴重なものなんだなと思う今日この頃です。

婚活を終えた人たちの話を聞くと「私を幸せにしてくれるのはこの人!!」というセンサーが働いて自分から行動したという話をよく聞きました。年齢は33歳、39歳、37歳と一般的に活動しにくい年齢の方もいて、体型もぽっちゃりしていたり、いわゆる容姿が良い方たちとは違います。キャリアも派遣社員だったり、契約社員だったり、バツイチだったりと色々です。

みなさん自分なりのセンサーがあって、出会いの場所にちゃんと出ていって、自分の幸せに向かってしっかりジャッジをされていました。

39歳で結婚された方からアドバイスされたのは、アラフォーは自分から動く事が大切。出会いの場に出て、連絡先を交換しておく事。42歳で太ってメガネをかけてフリフリの服をきた家事手伝いみたいな人でも婚活の場で会った人からしばらくたって連絡があって婚活してた人はみんな結婚できているからというお話を伺いました。

婚活戦線を終えた先人たちからの教えまとめ

・自分から出会いの場に出ていく
・自分にあった戦場で、休戦しても良いので戦場に立ち続けておく
・連絡先を交換しておく
・まったくタイプじゃない人とも連絡先を交換しておく
バツイチの人も候補に入れる
・最低限のNG 項目など軸は持っておく
・婚活の場で会えなかったとしても、私を幸せにしてくれる人この人というセンサーができるので無駄じゃない

片思いと、恋多き女を卒業。

f:id:mim222:20210304140419j:plain

取り急ぎのライフラインを確保。リーマンショックの時に身に付けた「不況の時は派遣より大きな会社でバイト」という手法でキャリアを補いつつ働きながら仕事探しをすることにしました。雇い止めが9万人、失業者予備軍が100万人以上と言われているので雇用形態関係なく、業種や会社によっては不安定だと思いますが不況の時に数ヶ月置きに更新のタイミングがある派遣では気持ちが落ち着かないと思ったのでバイトにしてみました。派遣と同じくらいの時給と福利厚生、交通費などもあるのでしばらくは大丈夫そうです。

こういったご時世なので需要のある、専門性のある職歴や資格を持って、会社がなくなっても生きていける状態がベストだと思うんですけど、困ったことに大した専門性がないままこんな歳になってしまいまして。。強いていうなら職業訓練校で学んだweb。ちょっとだけ仕事でかじったweb。先のことを考えるとシステム、アプリ、AIまで踏みこめると良いのでしょうが、私には無理なのでwebの中でもこれなら自分でもなんとかできそうだし、やってみたいなと思える分野を応募していく中で整理ができたのでその分野で経験を積んでみることにしました。しばらくは会社は変えても職種は変えずに経験をつんでいきたいと思います。

転職活動してみた感想としては、リーマンショックの時よりは全然ましだけど、選考は通りにくくなっていると感じました。コロナだからといより、自分の年齢や社歴が増えてしまったことや書類から専門性が見えにくいことなど色々なのかなです。コロナ前は人手不足だったから強行突破できていたドアは開きにくくなった感じはある。

求人としてはリーマンショックの頃が0.4倍、今は1.2倍程度。体感としてもリーマンショックの頃よりはまだいいのかなとは思います。あの頃は面接とかでももっとシビアな事言われていました。時代もあるんでしょうけどね。以前はたくさんきていた広告会社などからのスカウトは減り、IT事務など多少専門性のある職種でも、事務系の仕事は書類が通過にしくくなった感じがあります。「とりあえず事務」とは、さらにいかない印象を受けました。

求人はやや減っているのに、求職活動をしている人は増えている雰囲気。未経験Ok!コミュニケーション能力があればok!みたいな求人でもお祈りされたりとか。年齢、社歴が増えてしまったなど他にも要因は心当たりありまくりですが。

その先の道はあるけど、コロナの前よりたくさんノックしないといけない状況で。コロナ前より平均応募数は二倍程度になっているようで、20社程度は応募を皆さんされているようです。コロナ前だと約半分程度の応募だったようです。ちなみに派遣も社内審査で結構落ちました。年齢や経験が浅いけどやりたい仕事に応募していたりと、片思い的な求人に応募していたのもいけなかったかな。その代わり、経験が浅くてもweb系職種のスカウトメールは沢山とどきます。いっておいてよかった、職業訓練校😢

身内から聞く話でも、ご時世柄、リアルな場所に関わる求人がどんどんなくなっていっています。(医療系や福祉は違いそうですが。。)DTPデザイナーを派遣で長年されていた方からイベントの消滅などもあってその派遣会社が持っていたDTP系の案件が大部分消失したため、web にシフトされたのだとか。飲食、イベント、広告業界でもリアルな場所に関わる案件の打撃を耳しました。シフトできるならシフトするしかないですね。

しかしながら、選ばなければ仕事はある感じはします。正社員として登録するタイプの派遣、コールセンター 、介護、その他専門職など。ベンチャーやIT系の仕事の中でできそうな事を探す、きたスカウトメールに返信をするとか、身内に声をかけてもらった瞬間にキャッチをするとか。

あとはどうせ時間があるんだから、どう考えても人手不足の専門職につくためにこの機会に資格をとるとかいろんな手が。最近は福祉に近い仕事を民間が運営をしていたりとか。興味があったのはうつ病発達障害がある人の社会復帰を応援する仕事。資格がなくても応募できるものもありました。

コロナでは本当に不安な思いをしましたが、コロナをきっかけに良い方に変わったなと思ったこともあります。派遣でもバイトでもリモート前提の仕事がすごく増えていて、チャンスも増えたように感じました。コロナ前だとエンジニアかライター、一部の会社の専門職位しかリモート案件はなかった気がしますが比較的ライトな事務作業も派遣やバイトの求人がかなり増えていました。これはとってもいいこと。初日だけパソコンを支給するから出社してねという事務案件のバイトや派遣もよくみるようになりました。今回は気分転換と情報収集もかねて(うっすら婚活も期待。。)非リモートワークの会社にいきますが、色々ふまえてた上で転職活動ができれば。

年齢を重ねたせいか、現状維持バイアスで変化するのもしんどいし、ものも減らして、コロナでお金も使わないで大人しくしていたせいか新しいことやりたい、変化したいと思わなくなってきました。特別に幸せとかいらない。住む場所も都会でも田舎でも、ご縁がある場所ならどこでもいいや。

あれやりたい!これやりたい!もいいけど、片思いや恋多き女みたいな状態を卒業して、今持っている自分の力の中でできることをピックアップして心地よく過ごせそうな場所にたどり着けるといいのですが。

ピントをあわせながら、ご縁を大切に。

f:id:mim222:20210304140419j:plain
ここ1週間で応募、お祈りを繰り返しつつ、自分のキャリアを見つめながら、スモールステップはここがいいかな?と思えるものが見えてきました。

under35歳のアベノミクスの人手不足の時代と、over35のコロナ禍では全然書類の通り具合が違うなあ。33歳の時は書類位は通っていたけど、今はそもそも書類が通らない。1週間で7社受けて、お祈り4社、音沙汰なし3社。受けた後にやっぱり違うかな?と思っていたら先方も違ったらしい 笑
転職活動初期の自分の方向も定まってなければ、需要も供給のピントもずれている時。スカッ、スカッと空振している感じです。

婚活もそんな感じなのかも。

自分の市場感みたいなものを受け止めてみるととにしてみた。まず、ソーシャルグッドな仕事がいいと思っていたけど、今大学生や若い世代にそのような企業は人気が集中しているという記事をみました。なるほどお。20代のかわいい女の子からも申し込みがくるような、いい感じの男性に申し込みしまくってたような状況だったのかも。IT事務みたいな仕事でも通らない。未経験、ブランクOk、コミュニケーション力があればOK!みたいな謳い文句でもお祈りされる始末。ええ〜、そんなこと書いてるのにあってすらもらえないってなかなかの末期。20代から33歳くらいの転職が少ない人を想定していたのかな?などと考えてみる。福利厚生めちゃくちゃよかったのと、静かそうな社風だったのでガヤガヤと落ち着きがない私の職歴ともあわなかったんでしょうね。人柄採用と(大体いつそう言われる)補足書類で強行突破してきましたが、それでは扉は開かなくなってきました。いろんな人にアドバイスされるのが「書類さえ通れば大丈夫なタイプ」という話。ですが、最近は書類も通らないし、あっても‥。年齢などの条件以外にも、私起因で選んでもらえない要素がある感じがすごいする。

oggi.jp
転職活動と婚活ってにてる気がする。

しかし、こんな私にもオファーメールはきてはいて、職業訓練校で学んだweb系職種のオファーです。web ディレクターとwebマーケターが多いのですが、正直力不足で入ってから苦労しそうです。私がこの先、生きていくためには何か専門性がある事をしないとまずそう。なのでweb業界に寄せてできる事を地道に増やしていこうと思います。色々振り返って、苦手な事を捨てて、やりたい事を切り取ると「ライター 〜web編集者〜webディレクター未満」このあたりができるように非正規の仕事もうまく使っていこうと思います。誤字脱字が多いので心配しておりますが、紙媒体と違って webなら修正もしやすいですしね。

それにしても、どん底!と思った時に、本当にやりたかったけど二の足踏んでた、web系の学校にいってよかった。線路に飛び込むようなそんな気持ちだったけど、実力はみあってないけど風穴くらいにはなってくれているんだから。本当は派遣で少しずつステップアップしていきたいのですが、この時期の派遣は危険すぎるので高時給バイトで経験を積みたいweb系専門職の経験を積みつつ、長期的に正社員を目指して転職活動をすることにしました。かけでもあるのですが。

これまでは「大好きな片思いな人」にアピールして振り向いてもらえない感じだったけど、私でもいいよと言ってくれる会社や人に目を向けたいと思います。婚活もですが、27歳の女性に会いたいなと思ってもらえるハードルと、37歳の女性にあってみたいなと思ってもらうハードルはやはり違う。それなりに魅力がないと難しいという事を肌で感じています。容姿、人柄、能力の3点が揃っていればベスト。最低でも2つ位ないと厳しい感じがします。33歳くらいまではそれなりに奔放でも良いけど、35overだとチャレンジを受け止めてもらいにくくなる印象。自尊心やチャレンジ精神との戦いでもあるけど、不況の時は自衛しないとね。

もともとそんなポジションだから、チャンスがきたらしっかり掴む!という姿勢が必要な感じがします。婚活もおんなじな気がします。

oggi.jp
現状を把握すること、自己分析をして方向性やこれだけは譲れないというポイントを数点決めること、あとは多分変わる覚悟が必要なんだと思います。前説明会にいった福利厚生が良い会社にモヤモヤして応募できなかった理由は今ならわかります。web系職種でキャリアがつめない、出会いがない、その会社でしか役に立たないスキルしか残らないから踏み出せなかった。そして何より、自分や社会からみた自分の評価と向き合うのも怖いし、変わる覚悟が持てていなかった。こんな感じ。

よくいう、面接やお見合いで感じる「モヤモヤ」には正当性があり、そのモヤモヤをほっとくと後悔に繋がる可能性が高いということ。直感は大抵当たっているんですよね。

仕事は「ぴったり」なものを選り好みしていたけど、そんな立場でもご時世でもない。”絶対に外してはいけないモヤモヤ”を分析して、そこだけは避けて進む感じ。ちょっと違うかなと思っても、安全基地度が高いご縁があれば大切にしようと思いました。多分次はご縁を逃さないですむかな。きっと。

今週面接があるので対策もしようと思います。初めてのリモート面接‥!

正社員じゃないのが気が引けますが、データを見る限り婚活は年収より年齢の若さの方を気にされる方が多いようなので、web系職種のアルバイトが決まったら気まずいけど結婚相談所に登録してみようかと思います。こっちは目指せ4月中旬入所。こっちも向き合わないといけない事が多そうだけど、一つ一つ。転職の間の海外旅行の代わりに入ってみようと思います。

アプリをたくさんやったおかげで「この人」というセンサーはできてきた気がします。確実に独身で、結婚願望がベースにある人であれば、お人柄と相性以外はおまけみたいなものだという結論に至りました。恋愛がしたくてはじめたんじゃないんだからね。頑張らないといけないような人を追いかけてはいけませんよ。

あと、沈黙=お見送りのサインなので、余裕がなくなるようなら同時進行でやりとりしていただくようお願いいたします。

門は開いている時にくぐるべし!〜転職・婚活反省会〜

f:id:mim222:20210304140419j:plain

難航して当たり前の事をしていた

いやあ〜、転職活動が難航しています。そもそもコロナで不況だし、それをのぞいても経験が浅い仕事は採用されにくいし、年齢がとか、そりゃそうだよねっていうそういう状況なんでした。コロナ前は景気がよかったから開かない門もあきやすい時代だったんだな。それであっても、突破できないような求人に応募してた気がします。もともと難しい条件が揃っている自分のポジションを理解していませんでした。

前説明会に行った求人は本当だったら開かないはずの門が、採用始めたばかりのタイミングで経営者の人と直接話したことによって、一瞬だけ開いていたという状態だったんだと思います。それも採用っていうか、面接への扉。それなのにまだ選びたいし、今後の事は決まっていないしとぐだぐだしていたらしまってしまった(2ヶ月)という感じ。そりゃそうだねという感じだし、フリーズ状態だったとはいえ自分の時間軸にもどん引きです。

直感のざわざわには理由あり

転職活動については動揺が落ち着いて振り返ると、条件はよかったけど引っかかる点もやはりあって、ボーナスがない、一緒に働くのが女性ばかりで説明会に行った時に周りの人たちを見て何か違うかなと思ったこと、仕事の内容や方向性が何か違うかなと思ったことなど、「違和感」があったのを覚えています。女性だけの職場は本当に苦手で、続けられそうか不安に思った事、ここでは活躍できなそうな雰囲気も感じた記憶があります。リモートワークができなそうだなとか。惹かれる要素と違和感があったからgoとはならなかったし、自分の中で選別のセンサーも光っていなかった。

婚活の反省

休止していた時もありますが、約半年でいいねはもうすぐ900に届こうとしています。これで何も起こってないんだから出会いというか、私の振る舞いや行動に問題があると思うのです。デートしていた人にも反省が。縁がなかったからしょうがなかったんだけど、上記の状態などからもこの人大丈夫なの?とか恋愛に向き合おうとしているのか?自分の事本当に好きなのか?ただ俺と飲みたいだけ?という疑問は生じさせてしまった感じはあります。他にもデートしている人がいたりとか、単に私の事好きじゃなかったのだと思うけど、相手もそもそも真剣に探していたのかも不明です。

こういう事をデートの2回目とかでちゃんと話すべきでした。筆まめではない無骨なタイプの人で、プロフィールからは結婚の意思などは不明。
あの事は失業確定して心の余裕がなくてそれどころじゃなかったんです。。はあ〜、大好きだったんだけどな。男性としてとっても。そういうのも伝えればよかったですね。

話は色々したし何回もあったけど、深い本当に取らないといけないコミュニケーションは避けてしまいました。私主導で進めていたのもよくなかったです。最初の数回あって彼が自分主体で進めてくれようとした時に任せればよかった。きっかけは作るけど、相手に任せるという姿勢も必要なようです。風俗にいくなど、うーんと思うところはあったのですが仕事熱心で面白くて、学生の時によく話しかけに行っていたタイプですごく好きだったんですが、思えば周りにてもあまり相手にしてもらえないタイプの男性だったかも。応募していた会社と同じで一方的なLOVE。

結婚相談所にgo!go!

しょうがない。はい、次々!もう、オファーをくれる稀な人に目を向けましょう。という方向性に切り替えたいです。アプリはこのまま続けるけど、避けていた結婚相談所にもう登録しようかと思います。年齢的には時すでに遅しですけどね。なんで結婚相談所がいやかというと、⇩こういう記事をあげたりするリテラシーの低さや、女性軽視どころではないような発信が企業の公式ブログとかに上がっていたからです。。

婚活サービス大手ですら公式ブログにこんな記事をあげている

www.exeo-japan.co.jp

アイキャッチ画像から悪意がひしひし伝わってきます。
大手の結婚パーティーを主宰している会社のブログですが、企業のブログとして炎上してもおかしくないような描写というか、森会長の辞任のきっかけになった発言なんてかわいいと思えるようなひどい表現が結婚相談所のブログやツイッターって本当に多いんです。でも、結婚相談所のカウンセラーって自分がちょっとでも反論されると、私を傷つけるような事いうなんてとキレまくる人多いので結婚相談所アレルギーだったんですが、化石のような価値観が古い相談所のブログじゃなくて、youtubeで顔出しをするような今時の相談所のカウンセラーの方の番組をいくつか見ていたら参考になる事を言われていました。

自分のポジションを理解した上でご縁を大切に!

一般的に35歳以上の婚活は選ばれにくくなる。でも全く結婚できないわけじゃなくて、心構えが必要というお話。男性や一般的な感覚から35歳以上=子供を産めないかもしれない女性と見られるようで(37歳〜40歳前後で出産される方も増えてきているのですが‥)それを踏まえて行動しないといけないのに、相談所に来る女性はお金を払っていることもあり、男性にあれこれ条件を出してご縁を逃しがち。特に40歳以上の美人でキャリアもある女性は相手にも相手を選ぶ立場にこれまであったので高い条件を求めがちで、特に難しいということでした。

「じゃあ私って結婚できないんですね!😠」ということではなくて、そういうポジションなんだから、いただいたご縁は大事にしましょうね。あなたが希望している男性は、20代などもっと若い女性とカップルになれるような人なんですよ。という認識が35歳以上の婚活には必要ということでした。それにしたって表現があるだろうに💦youtubeに良い動画がいくつか上がっていました。

ちなみに33歳は結婚も、転職活動も門は開きやすくていい年齢だったんだなと今では思います。あの頃は迫りくるタイムリミットに怯えて、もう終わった!と思っていたけど全然大丈夫だったんです。27歳の時も卑下しまくっていたけど、全然大丈夫だったんですよね。あの頃は10キロ位細くて見た目も今よりいいです 笑。この頃にもっと踏み出しておくべきでしたが自尊心は最悪でした。私は生きている価値がないとずーっと思ってしまっていた。

安心安全で確実なデータベースを買うと思って腹括ります。

なので、ある程度自分のポジションがわかっていた方が、過大評価しすぎたり、過小評価しすぎたりしなくていい。自分では判断がつきにくいので適切に伝えてくれるカウンセラーさんに会えたらラッキーかもですね。卑下しすぎる必要はないけど、一般的な市場では何歳かの差でもそうなってしまうとい現実を踏まえて、ご縁を大切にするという意識が大切なんだと感じました。年収も学歴もキャリアもある美人の40歳より、派遣社員の33歳の方が好まれるとか結婚相談所ならではのポジションがあるようなのです。”戦場”は自分にあった場所がきっとあると思うので自分にあったところを試してみたいです。生き辛い場所だな〜と思ったのが正直なところですが、確実に独身で結婚の意思がある人をアプリで見分けるのに疲れてしまったのと、メッセージをだらだらやるより会う前提の方が楽だと思ったためです。ゼクシイか、ツヴァイを検討しています。

肌感覚だとこういう事を感じた

33歳ぐらいまではリスクを考えないでどんどん飛び込んでみる。35歳以上は現実を受け止めて、自分ができる事を還元しながら環境をよくしていくという姿勢が必要なようです。やったことがないけどやりたい事は副業や個人でやってもいいですしね。仕事は無理なくできる事、環境重視で探してみようかな。ハローワークの制度も使えるものは使いたい。1人でがんばらずに誰かに助けて欲しいです〜。そう言えば就職氷河期の支援とかあった気がする。

続けられなければ次は更に、もっと悪い条件で活動することになるので最低限のチェックは必要だけど、「選んでもらう」という気持ちが必要なんだと感じました。やりたいことよりできること、できる事を無理なく続けられそうな環境という視点が必要な感じがしました。やりたい事は自分でやるか、縁故でやるものと割り切ってもいいかもとか思ったり。

転職活動はちゃんと向き合ってから1週間ですが 笑。この状況で1人で続けることに早速心が折れてしまい、ポジティブな発想が一つも湧いてこなくなってしまいました。派遣をしながら大手企業に潜入をして、婚活的に出会いもお金もゲットしながら転職活動!といきたいところですが、そんなガッツが湧いてこない‥バイトも何していいかわからなくなってきてしまい迷子状態です。飛び込んでみたい業界に応募しまくっていましたが、キャリアを振り返ったり、スカウトメールを見てみると、職業訓練校で学んで業務でも少しやっていた「web系職種」のスカウトが圧倒できに多いことに気がつきました。

IT・webに絞って無理なくできるけど、スキルものばせて、環境がよくなるような会社に方向を転換して探して見たいと思います。スキルを補える職業訓練校にいくか、派遣もいいかなと思います。en転職見ていたらAIの企業で、暗黒時代につちかったノウハウを生かせそうな仕事もあって、なるほど〜と思いました。

ふむふむ、仕事探しが楽しくなってまいりました。

現実逃避でとめた針を動き出さねば。

東京の部屋で1人ぼっちで、支援があるのかないのかわからない中放り出されそうになって身動きも取れなかった。

この状態がかなりの精神的な負担だったようです。結果的にかなり遅れてもめたりもしたけど、失業保険など社会保障は私にも届きました。ほっとしたのか、2月は気が抜けてしまったのと、現実逃避の思考フリーズ、どう生きていっていいのかわからななくってしまって保留しまくって、次の一歩をどう踏み出しいけばいいのかわからなくなってしまった。なんか生きる楽しみとか、ガッツが湧いてこないんです。

「これをしたい!」「こうしたい!」という意欲やガッツが消えてしまった。何をしたらいいのかわからない。ここ数年そんなことはなかったのでどうすればいいのか。続いているのは婚活アプリくらいでしょうか。

4月には仕事が決まっているか、何かしら働いている状態にしたい。何もしないで年齢だけ重ねていく恐怖と、現状維持バイアスなのかなんなのか、どう考えても掴むべきものも目の前にあった時に掴めていなかった後悔でぐるぐる。ああもう最悪、と思ったら低気圧とPMSもあったようだった。

最近はyoutubeをよくみる。はあちゅうさんとアンチの対決動画をみたのだけど、しみけんさんの奥さんに対する愛情を感じました。羨ましいなあと思いました。安全な基地なパートナーとはきっとああいう方なんだろうなと。

危機感として、「安全基地見つけねば〜〜」というのはすごくあって、プルプル震えるその気持ちは行動への着火剤になっている。あと、応募書類は整っているのと、婚活アプリに慣れたのはよかったところ。選べる立場じゃないんだよ!というのは自分に言いたいです。すごくいい!ものを探し回るんじゃなくて、向こうがOKといっているなら、こなせない、絶対にむりじゃなければ、進んでみなさいと自分に言いたいです。特にアプリは。とりあえず付き合ってみてもいいと思うし、もう結婚相談所に入る前提で進めばいいと思う。入ったからと言って結婚できるわけじゃないと思うけど、安全基地になってくれる彼氏が位は作りたいです。

(デートしてた人FO気味です。ラインを遡ったところ2月上旬位まではまあまあいい感じだったんだけど、やはり私時間軸ずれてんな〜)そもそも男性をみるめがない為、好き好きってなる人は何かある人が多くて、デートしてた人は夜のサービスのお店にいく人でした。前デートした人は競馬に言えないくらいの金額を使うイケメン、その前は言動がヤバめの理系男子でした。全員のこと、すごく好きだったんだけど、本能的にストップがかかったのは正解だったかも。相談所登録しましょ、ツヴァイとか、リクルートの相談所とか。人生後悔しないための必要経費ですかね。

こじ開けてもうちょっと現実をみないといけないのだけど、パートナーは結婚をする意思が土台にあって、私でもいいっていってくれる安全基地度が高い人がきたらありがたくお願いしますをする、仕事は‥もうどうしたらいいのかわからなくなっているのだけど、嫌悪感を感じる求人を見比べてみたら「バリバリ稼ぐぜ!」みたいなところが苦手なようであった。

とりあえず追加をして、合計3社に応募してみたけど、これらが落ちたら長期戦で働きながらゆっくり構えたいと思っている。それも、選ぶのまた大変だし、選んでも受け入れてもらえれるか分からないし、このループいつまで続くんだろう 笑。

バイトの状態で結婚相談所に入るのと、1歳年とった状態で正社員で相談所に入るのどっちがいいのかな〜。アプリの方がニッチな人材は見つかりそうだけど、結婚願望がある人って意味だと相談所の方がわかりやすいきがする。

料金が安いから、とりあえずリクルートの結婚相談所に入るのはありな気がします。

ああ〜。沼!いつもいつも、宿題を8/31に初めて焦るパターンどうにかしたいけどいつもこう。

明日は受かるかどうかはまるっきり無視して、やってみたい仕事求人収集と、職歴的に受かりそうで働きそうな求人収集をする!バイトや派遣も探してみる。

チャンスには賞味期限がある。

f:id:mim222:20210301152919j:plain

最近グスグズしている間にどんどんチャンスが賞味期限切れになっていっています。

気がつくとコロナのあれこれでグズグズしていたら結構な時間がたってしまいました。前を向くこともできないし、行動もできなければ決断することもできない。行動するのに数ヶ月。。とかかかっていました。今日はそんなことがわかりやすい結果として届いた。年末に説明会に行って、良さそうだと思った会社に応募したところ、御祈りメールが届きました。書類選考で落ちてしまったのです。

福利厚生がとても良く働きやすそうだったのですが、出会いがなさそうだなあと思ったこと、女性比率が高すぎて働きにくいかなと心配していたこと、他の会社から声がかかっていたことなど迷っていました。説明会で代表の方に話しかけてこれまでやっていたことや、働き方をお話したところ「いいですね!」こんな働き方もできますよなどと具体できにご提示をいただき、「面接に進んでみませんか?」と言っていただいていたのに、ぐすぐすしている間にチャンスを失ってしまいました。

世間の時間軸と自分の時間軸がずれてしまってましたね〜。悪いものを掴む必要もないけど、そんなに選べる立場でも状況でもない。あの会社も、アプリで何度もデートした人も未分不相応なくらい私には魅力的だったのですが、アプリではいいねは800を超え、デートに誘ってくれた人もいたけど、結局お相手が見つかっていないのは年齢とか環境とかいろいろあるけど、変わる覚悟がないってこと。勇気もビジョンもなかったのです。婚活方式ですね。全部ぴったりの人を探すんじゃなくて、一つか二つ条件をもうけつつ、直感も働かせてみる。もしくは私でもいいよって言ってくれる人がいたらありがとうと受け取る。

チャンスには保留はなくて、「今」掴むか、永遠にさようならの二択くらいの気持ちでいないといけないんだなと反省をしました。年齢も年齢だし、こういうご時世ですしね。友人に声をかけてもらった会社ですが、それもずるずるしていましたが、私には荷が重くてこなせそうにないから、少し手伝う位にしようと思います。ここから先は難航しそうです。

あの時決断していたら、とか、あの時書類をもっと早く送ってくれていたら(1ヶ月以上必要な書類が出てこなくて応募を躊躇してしまった)とか、自責も他責もしてしまいますね。。結婚相談所に入ればいいじゃんと決断することができて応募したのに時すでに遅しでしたね〜。そして、私は会うといいねとなるけど、職歴は微妙なので書類では弱いですし。

婚活アプリでもあって、彼もデートの1〜2回目くらいのときは恋愛や将来の話を積極的にふってくれていたのに、なんとなく向き合えずに積極的に話したり向き合わずに、フェードアウトな予感。アプリは再開しみたけど、こちらは相談所に移行予定ですが、婚活も難航する予感がしてきました。

こっから先は焦って、何事もうまく行かなくなる気がしています。そして、紹介されて中小企業へ入社するパターン、うまく行かないことが多くて悩んでしまうし、働きながら気を落ち着かせることが大事かなと感じています。失業保険はあるけど、その間に腐っていってしまいそうだから‥。

スモールステップは自分を取り戻すことからな気がしています。

振り返ってみると、過去やって良かったは思いつく限り、一番魅力を感じるところにだめ元で飛び込んでみる事でした。今は‥うーん。なんでしょうね。やばっと思ったおかげか、お尻にやっと火がついて、今日も応募してみた。1日1件応募をして行こうかと思います。働きながら仕事を探したいんだけど、派遣だとやりにくいのかなあ。うーん。いい感じに幸せになっていった友人が相談に乗りますよと買って出てくれたので相談に乗ってもらおうと思います。

1年間拗ねてたことになるので、ブランクがあります。てか、よくこんなに拗ねていられたものだと呆れるし、昨年一年感よく生き伸びられたな〜と感心してしまう。

ブログ始めた頃より自尊心は成長したようで、当たり前のように正社員で応募できるようになったのはよかったかな。

今月の目標はグズグズしないこと。バイトや派遣でも良いので何か働きながら探す状態にする事が目標です。4月中には仕事が決まっていて、、5月には働きはじめて結婚相談所に入会もしているのが目標です。婚活アプリは繋ぎでやる!まずは1人でもそんなに悪くなく生きていけるための土台をつくろうかと思います!

それにしても今日は全ての扉がしまった日で、いつも行ってる整骨院すら影響時間よりはやくしまってて、2分前にクローズになってた 笑

LINE見返してみたけど彼とも何だかんだ続いていたのですが、もう賞味期限ぎれですね。むしろ肝心な話をしないままよく持ったなあと。結婚相談所なら成婚出来そうな時間やり取りしてましたね~。

上手くいかない沼にハマってしまった