気楽に暮らしたい。

2017年3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

大掃除スタート

f:id:mim222:20181209112255j:image

洋服の断捨離が楽しかったので、せっかくなので大掃除スタート。忘れていたけど、今ぐらいからやらないと収集の少ない不燃ゴミや大型ごみ(まだ間に合うかな〜)を年内に捨てられなかったりするので。気が早い気がしますが、マイペースでやりたいから本当は11月末からちょこちょこやるのが好き。

 

年内のゴミ収集日までという期限があるので、売るというよりサクサク捨てられてそれも良い。

 

断捨離は過去を振り返る作業でもあります。物だけではなくてアプリを削除したり、メールを消したり。こんなに予定を詰め込んで、そりゃあ忙しいわとか、忙しいからこんなへんな買い物しちゃったのか、しょうがないな、でももういらないから捨てようとか、結果あんなことになってしまったけど、十分愛されていた証拠が出て来たり。

 

一回冷静に受け止めて、もう必要では無ければ捨ててしまおう。知らない間にあるたくさんの時が流れている事にも驚きます。忘れていた人のことも思い出したので連絡してみようかな。

 

朝が苦手&横着をして、持ち歩く用のポーチと、お部屋用の化粧品をダブルで持つという技はやめよう。

 

ドラックストアの安いお化粧品を使っていた頃は良かったけど最近はもうちょっと良いものを買うようになったのでこの方法はもう無理。

 

朝カバンからお化粧品を出し、カバンにしまうというのが面倒だったり、家に忘れてメイク直しができなかったのが嫌だったようでこのような技を生み出したようで…。

 

持ち歩くお化粧品もよくみたら使っていないのもあるし整理しよう!使えるか使えないかというよりは似合わないものを捨てよう。

 

まだ余裕があるので早めに始めると細かいところまでできて良い。

 

先日、いくつかのブロックを自分で外そうとしたのですが、休むことを自分に許したら、年末年始長く休めることになりました。嬉しい、面白い!どんどんやっていこう!

持っているものを再確認する為の断捨離。

f:id:mim222:20181204213311j:image

洋服を買いに出かけたら、年齢を重ねたからかあれもにあわない、これも似合わない。道を歩いても渡されなくなったティッシュ…。

 

何日も都会のデパートをウロウロして、コート一点買うのに随分とくたびれてしまった。体の疲労に加えて、老いを感じる羽目になり、自己嫌悪までくっついてきた。

 

買い物が楽しくない…。靴を買うのはとても楽しかったのですが、洋服を買うのがものすごく面倒に感じた。試着しないと雰囲気がわからない服も多くて面倒…。

 

最近は忙しくて時間がないからか、お洒落はしたいけど、服にかけるエネルギーが確保できない…。

 

忙しい毎日にコーディネートを考え、服を買うためにウロウロし、試着をして、お店で接客してもらい、試着して似合わなかったらごめんなさいと言ってお店を出る…。ああ、なんて大変。

 

服は少なくても違う物を色々着たいと思っていたけど、服を制服化するのもなんだか分かる。毎日毎日選択をするとエネルギーを使うらしく、別の決断にエネルギーを使いたい人などが洋服を制服化するのだとか。納得…。ビジネスマンのスーツは合理的なのかもしれません。元気な時に、平日に着る服は制服化してしまおうか…。

 

ここ最近はバタバタしていることが多くて洋服の在庫を把握していなかった事もあり、これ良いなと手に取っても手持ちの服とのコーディネートが頭の中で浮かばず。

 

もの単位で服を見て、ベージュのコート欲しいな〜。でもベージュのパンツ持ってたような。ベージュのコートに合いそうなグレーのパンツも買っておくか?でもグレーのニット帽持ってたような…みたいな感じで、頭がぐるぐる。

 

もの単位でコーディネートが成立したとしても、今度は似合わない。頭の中のにあうものや好みががアップデートされていないのだな、きっと。今の顔や体型を認めてあげて、自分に似合うものを探してみる。

 

雑誌やネットで見て可愛くても、真っ赤なリップは似合わない。

 

物の量に限らず、在庫や「今の自分ににあうもの」を把握している事が大事なんだな〜と。物の在庫を把握する為にも断捨離を再開。

 

断捨離していると、これは全然きてないとか、これはきてなかったけど使えそうとか、ものすごくお気に入りだったけど全然似合わなくなってるとか、持っているものを再確認するための作業になった。

 

勿体無いからフリマやフリマアプリで…とも思ったけど今は1日かけて1万円手にするより、サクッと捨ててその時間で昼寝をするか、別の案件をやりたい。

 

物単位でみないで、これは活用出来ているか?出来ていないか、よく使っているけどくたびれていないか?似合っているか、会社にきていっても大丈夫そうかなどをチェック。物単位で見ると素敵だけど20代ギリギリで買って、今は似合わなくなったものなども捨てた。20代ギリギリの時に買ったものを合わせてみるとなんか違和感…だったり、もしくは、これなんか痛い感じだな…と。持っていてもしょうがない。

 

断捨離をしたお陰で手持ちの服が明確になり、眠っていたけど再活用されるようになった服も。買い足す服も明確になってきました。

 

ついでに、自己受容も。まあ、歳重ねた今だから、手に入れたものもあるじゃないか…とか、ティッシュ渡されて20代の時はすごく嫌だったじゃない?とか。

 

メイクも服も、流行や素敵なモデルさんがしているメイクというよりは、同年代の素敵な知り合いの人を参考にしたり、自分に似合うものを見つけたら買うとか。

 

今の自分を楽しむためにも、持っているものを確認して、引き立てるために断捨離してみよう。

 

物だけではなくて、気持ちも、時間も、やりたいことも、色々詰め込みすぎているから、暮らしや生き方の在庫の把握〜ミニマムにしてエネルギーを注ぎたいところにちゃんと注げるように調整をする作業をしよう。

 

好きなものより似合うものを

コートを探し歩いて3〜4日位でしょうか。アウターを買うのは一昨年アウトドアブランドの薄手ダウンを買って以来なので、手元にあるアウターは気がつけば4年前とかに買ったもの。

 

なんだかくたびれているし、ちょっと流行遅れに…。ほんと、一生物の服ってないんだなって。何をどう買い、組み合わせて良いのか分からず、久しぶりに雑誌を買いました。手持ちの服は今シーズン着れるものだけをハンガーにかけて、春夏物は収納ケースにしまって今手持ちの戦力を把握しやすくした。着なかった服や好きだけど似合わなくなった服をさらに捨てて、ゴミ袋1袋分くらい捨てたら収納がガラガラになった。沢山持っていないつもりでも、稼働している物って本当に一部なんだな〜。あと、買い足すものを明確になり、無印で白シャツを買った。あとは仕事用のレザーの鞄、スーツの中に着れるビジネス用のニットかブラウス1着、ビジネス用の靴もう1足、寒いからウールのパンツやスカートを1〜2着。ロングブーツが壊れてしまったので良いのと出会ったら買いたす。

 

コートは色々迷って、Vネックコートを買った。

 

 

買ったものはもの単位で見ると、大好きなお気に入り♡とはいかないのですが、質もまあまあ、着心地もまあまあ、プライベートでもスーツにもあわせられて、何より着てみたら一番そのコートが似合っていた。

 

お洒落はしたい、マリメッコとかはすきだけど会社には着ていけないし、でも、服をさがし回るのはめんどくさい…。無印、ユニクロジャーナルスタンダード、アーバンリサーチ、シップス、イエナ系とかユナイテッドアローズ以外、地球上に洋服屋は無いってことにしてしまおうか…。

 

服を延々に見ても楽しすぎた若い頃とは違うのだな…と。何より、物を厳選して持つとかそれ以前に、歳を重ねたことにより似合う服が減ったということ。20代の時は安い服でもジャンル違いの服でもなんとなく似合っていたけど、なんか、服が似合わない…?似合う服がぜんぜん見つからなくなってしまった。20代の自分に似合う服しか自分がわかっていないからなのかもしれない。

 

 

もの単位で見ると可愛いし、マネキンや店員さんが着ていると可愛いけど、自分が着るとなんか変なのです。

 

それで、ググってみたら、同じようなことを呟いている方を沢山みかけた。「あるある」のようです。

 

ジャーナルスタンダードの上質でお洒落なコートが似合わなかった。N.(ナチュラルビューティベーシック系)の大人可愛いコートも似合わなかった。

 

無印良品って偉大なんだなって思いました。

 

若い頃は好きな服、雑誌などでみたやりたい格好や彼からのリクエストなど、色んなものに左右されたり、簡単にジャンルも変えられたけど、ここ最近、急な方向転換ができなくなった感じがする。

 

ので、大人しく自分らしくいるか、無印良品+小物やアクセサリーでちょっと遊ぶくらいで良いのかもしれない。

 

女性らしくいようとするとなんか老けた感が出るし、カジュアルすぎるとなんか…。む、難しい。

 

モード系の人だったり、古着屋の店員さんとか年齢を重ねてもとても自然で似合っているから、これぞというこだわりがあるならそのままでも良いかもしれない。

 

難しい!大人のお洒落苦戦中です。でも、「好きな人より似合うものを」これはファッションいがいにも指針になりそうです。

 

恋い焦がれた手の届かないものより、居心地が良くて、手が届く似合うものを…

 

数年着られる質がそんなに悪く無いものをアップデートしていくのが良いかな〜。

 

 

 

お洒落の悩みと、年末だし服を捨てる。

f:id:mim222:20181202124103j:image

 

寒いのでコートを買おうと思って、洋服売り場をウロウロ。気になったコートはあるけど、ベージュにしようか、グレーにしようか。

 

2日に渡り、会社帰りに散々見たのに、悩んで結局買えなかった。洋服の在庫をあまり把握出来ておらず、決めかねてしまった。

 

ファッションへの興味が薄れている時、在庫を把握していない時はコーディネートがうまくいかなくて、せっかく買っても着なくなったり、何かを買い足すはめになったり。

 

ベージュが好きなら、ベージュのアイテムばかり集まったり。ベージュのコートにベージュのパンツ…みたいな。なんかコーディネートしにくくて、ついでに年末なので久々に洋服の点検して見た。

 

「不要な物は持っていない」との思い込みがあるけど、必要なものやお気に入りは気がつくと賞味期限が切れていたりする。

 

ああ、これ半年位全然きてない、今シーズンもきないだろうな、明るい日中に落ち着いて見たらきたおしてヨレヨレになったボトム、赤いチェックのマフラーに、赤いスカート。マリメッコの派手なバック。

 

そして、グレーのニット帽、グレーのターバン、グレーのパーカ、グレーのカーディガン。

 

やらかしてますな。

 

お気に入り殿堂入りだったAラインのリネンのワンピースも年齢を重ねたからか全然似合わなくなってしまった。眠ってしまっている服は会社にきていけない感じの服が多い。

 

会社にきていけないお洒落着みたいなのは春夏秋で2パターン、冬1パターン位の所有で良いかもしれない。

 

オフィスで着る服はもっとお金をかけて良いかもしれない。カバンと、スーツに準ずるような服は買い足すかあ。

 

大人っぽい服を洋服屋であててみるとマダム感が出てきたし、これまで好きだったテイストの服だと違和感がある。

 

最終的に目指すところは、マリメッコが似合う笑顔でいっぱいのフィンランドのおばちゃんとかかなあ…。

 

メイクに続き、色々試してみよう。が、ファッションは加齢で思うようにいかない部分が出てきたけど、インテリアは思うようにできるからそっちの方が楽しいかもしれない。あと、アクセサリーは楽しめそう。

 

すごく好きだけど着ると年齢や体形などのコンプレックスがきになるブラウスなども捨てて、6〜7着の断捨離をした。

 

収納とハンガーを買い足そうと思っていたけどその必要がなくなってスッキリ。もうちょっと断捨離で遊んで、在庫を把握してからまたお買い物へ行こう。

 

 

執着している事を手放す2

f:id:mim222:20181127212715j:image

執着している事を一度捨ててみようと思って、先日、書き出して捨ててみた。すると面白いことに、遠ざかっていったあの人とまた距離が近くなってきました。

 

「力みすぎ」もあるけど、ブロックしてたのは自分なんだなあと。そしてさらに、自分ブロックを捨ててみることに。

 

・家庭を持って幸せになっても良い 

・そのままの自分で良い

・もっと休みをもらっても良い

・始めたことはなんでもいつでも辞めて良い

・嫌いな人とは付き合わなくても良い

・幸せが途中で壊れても大丈夫

・あの人と幸せになっても良い

・あの人じゃない人と幸せになっても大丈夫

・お母さんになっても大丈夫

・寂しい時間を、寂しいと思っても大丈夫

・誰かに助けてもらっても良い

・1人で頑張らなくても、旦那さんとか家族とか誰かに養ってもらっても良い

・年齢を重ねても良い

 

許せなかった事を許す、許せなかった人を許すこと…。こんな自分をそろそろ許してあげたい。世界が私の幸せを妨害したのではなく、私が私を幸せにする事を拒んでいたのです。

 

生き辛さは、自分の手でいつでも解くことができたのに。気がつくことができなかった。でも、気がつけました。おめでとう。

 

自分が母親でもおかしくない年齢になって、友人の子供達と触れ合う機会が多くなった。子供たちから学ぶことが沢山ある。「もっとこっちをみて、私を愛して」どの子も本当に可愛い。そして、どの子も表現の違いはあれど、大きな欲求はこのような感じ。

 

それが「こっちを見てくれない、愛してくれない」と感じた瞬間から、すねたり、傷ついて自分を守るために様々な理由が必要になる。○○だから、愛してくれないんだ…とか、極端に悪くなろうとして相手の気を引いてみたり。

 

もっとこっちをみて、私を愛して。子供の時はお母さんに、お父さんに、先生に向く。

 

お母さんが、お父さんが、先生が○○してくれなかった。子供の時の不満って大抵こんなものだ。でも、お母さんもお父さんも先生も、完璧な神でもなんでもなく、ただの人間だ。

 

それが大人になると、旦那さんが、彼氏が、上司が…にかわる。

 

もっとこっちをみて、私を愛して。それが叶わなければ特別に悪くあろうとしたり、理由を必要としたり。ふむ…。おもしろい…。もう大人なのだから、自分をしっかりみてあげて、自分を自分で愛してあげたら良いんじゃないかなあ〜。自分の手で自分をどんどん幸せにしてあげる。

 

何処かに行く?それとも休む?何かを始める?それとも今やっていること辞めちゃう?あの人は嫌だから今後付き合わなくて良いからね。

 

全て自分でできる。

 

男性の5人に1人、女性の7人に1人が生涯独身で、3組に1組が離婚する時代。私はこぼれ落ちたとっても不幸な少数の人…ではなく、今の時代によくいる30代の独身女性なんじゃないかと思う。

 

7年間地蔵みたいだった分、ここ1年でよくもまあこんなにというほどいろんな事を試した。仕事辞める、海外放浪、隠居、学校へ行く、転職活動する、個人でも色々と活動、過去にはルームシェアもしたし…。

 

でも、「思い切って自由に生きる」みたいな生き方は肌にあいませんでした。地方移住、隠居、自宅でフリーランスで仕事をする、シェアハウスに住む…みたいな事です。でも、会社勤めバリバリも肌にあいません。会社で仕事バリバリ会社大好きみたいな人と話すと、ああ、私こっち側にも行けないんだ…と。

 

週4日の正社員もチラチラとは聞くけど、表ら求人を探してもそんなに仕事があるわけでもなし…。でも派遣やバイトもちょっとね…。

 

そんんな話を、昔の自分なら自ら思いをかき消すような事を友人と話した。相手も同じような事を思っていたらしく、僕たちのような人種ってどうやって生きたらいいんだろうね」と。

 

どうしようかなあ〜。

 

 

あれもこれも脳。

f:id:mim222:20181126235134j:image

スックのリップがほしくてカウンターへ。

 

 

スックの口紅はつけるとぷるんとして、お洒落な感じになる。一本5000円程する口紅です。たくさんは買えません。

 

でも、選べない。2色買おうか、でも選べない。チークも欲しいな、でも高い。ファンデーションも気になる、でも高いし売り切れだ。

 

それで、結局何も買えなくて。また何も買わずにカウンターを去る。何度目かな〜。

 

ここまで恋い焦がれているのなら、スパンスパンとリップを一本選んで、他にも手持ちのものと合えば何点か買って、1万円ちょっと位でうまく選んで買って帰れば良いのに。

 

30代の独身OLなんだから…。

 

でも、あれもこれも目移りして、その手にはなんにも握ってない。あれもこれも脳。

 

そのうち、本当に欲しいものじゃない安物に目移りしてあれもこれもと買い始めそう。

 

家計も、部屋も、お買い物も自分を映す鏡ですな。

 

 

執着している事を手放してみよう。

f:id:mim222:20181125192837j:image

 

今日は考え事の日。

時々書いてる、今は手は届かないと思うけど、こんな事したい、こうなったら良いな…といった事を書いてるノートを時々見返している。

 

その時は絶対無理だと思って書いたことは不思議といつのまにかかなっていることが多い。時には数ヶ月後に叶っていたりもする。

で、つらつら書きっぱなしだった過去のブログを見返して見ることにした。

 

面白いなと思ったことがあって、手放した途端、手放したものが必要になったり、手にしたりしている。

 

やりたい仕事に必要だと思って情報を集めていたノート。夢叶わずもういらないだろうと思って1年分の情報をすてたら、まさかのプライベートでやりたいことができることになって捨てたノートに集めた情報は無駄ではなくなった。

 

シュラフを捨てたら、相手にもしてくれなさそうだった人が、お泊まり会開くから寝袋もってうちくれば?と誘ってくれた。

 

なんかこんなパターンが結構多い。またちょっと実験してみようと思って、閃いてしまった。今執着していること、一旦全部捨てて見ることにした。どれかは帰ってきて、何かは捨てたことすら忘れてしまいそう。

 

・1人でも強く楽しく生きていく自分

・あの人への恋心

・あの人と会いたい

・あの人と再開して結婚できたら良いのに

・一刻でも早く結婚をして子供を産む

・実家と仲直りをする

・老いていく肌に対抗する

・正社員・自営業でずっと1人で自立して食べていく

 

どれも怖くて手放せないものだったけど、捨ててみる事にします。どうなるかな。

おかえり日常。

f:id:mim222:20181125122215j:image

金曜日はまる1日家でゴロゴロして、昨日はちょっとお出かけして2週間ぶりに趣味のことをして、マジックスパイスのカレーの素でカレーを作った。

 

今日は朝から簡単な朝食位は作り、だいぶ日常が戻ってきた。近所のパン屋さんのパン、農産物販売所みたいなところでかったちょっと良いベーコンをカリカリに。スクランブルエッグ、オリーブとカブをレモンと塩で。飲み物はイケアのコーヒー。

 

簡単なものでも手作りのご飯を食べると体が楽。本当はご飯に味噌汁、干物の朝食が食べたいけど、作ってる自分を想像するだけでもつかれるから、まあ手の届く範囲で良しとします。

 

私の大好きな、日常が戻ってきました。極楽。1人だなんだと言ってるけど、結局はこの暮らしが好きなのかもしれない。

 

食器はディナープレートは北欧ヴィンテージ。カップはアラビアのパラティッシ。

 

 

コーヒーはやっと買ったケメックスで入れる。見た目も良いし便利。でもこれ、2人以上いてお代わり前提なら6カップの方が良いかも?

 

CHEMEX コーヒーメーカー 3カップ CM-1 【正規輸入品】

CHEMEX コーヒーメーカー 3カップ CM-1 【正規輸入品】

 

 

これまでだったらワクワクの賞味期限が切れるまで眺めてから使っていたようなものも、メインでいっぱい使えるようになった。食器は見るのも買うのも使うのもすき。

 

民芸、北欧、ヴィンテージ、どれも大好き。1つ1つが高いので沢山は買えないけど、ものを沢山持たなくなった今の自分にはそれもちょうど良いように思う。

 

久しぶりに、ミニマリストの方達のお部屋を見てまわった。これまではブログを中心に見ていたけど、インスタグラムで見てみたらお洒落なシンプル部屋の写真が沢山あってものすごく楽しかった。インテリアとして持たない暮らしが好き…。

 

大量にものを手放した時と今ではちょっと違うけど、物をあまり持たない恩恵は今も感じている。お金をあまり使わない事と、時間に余裕ができる事。

 

※余った時間にぎゅうぎゅうにやりたかった事を詰め込んでしまったので今ぐちゃぐちゃになっていますが!!

 

物が大好きだった分、持つ量を減らしたら物にかける時間が減って自然と時間が余った。テレビも見ない時はオフにできるようになった。昔の自分では考えられなかった事。テレビの世界の他人の課題に腹をたてることもあまりなくなった

 

良いものを安く手に入れるためにネットであれこれ調べたり、足を運んだり、100均DIYなどで自作する時間…。それらを買うお金。物自体が減ったので、メンテナンスにかける時間や収納品を買うお金なども要らなくなりました。

 

会社を辞めた時点ではこの先のことが全く分からず、シェアハウスのドミトリーに引っ越すとか、移住するなどトランク1つで移動できるようにしておきたかったのですが、今はそういう暮らしは想定していません。

 

なので、物を持たない暮らしは辞めても良いのですが、快適なのと、もはや日常になってしまいました。

 

掃除も洗濯も終わったから、今日は久しぶりに断捨離と気が向いたら夕方にスーパー銭湯に行くくらいで良いかな。刑事物の2時間ドラマの再放送はちょっとみたい。月曜日からはまた会社です。土曜日は新しく始めたことの打ち合わせが。たっぷり休んだので来週はキーッとならないで過ごせると良いのですが。

 

 

 

メイクにはまる。

最近は仕事が早く終わった日は、デパートでお化粧品を見るのが楽しい。

 

今まではお金がなかったので無印良品のコスメかドラッグストアでプチプラコスメを買っていました。

 

特にプチプラコスメは20代の頃は良かったけど30代になって、ツヤとか保湿とかちょっと良いお化粧品の力が必要になってきました。

 

これまでのメイクも似合わなくなってきたので誰かに相談に乗ってもらえるほうがありがたい…。最近はプロの意見を素直に聞いて選んでもらいたい。

 

最近の憧れはスック。

 

 

立ち上げに関わられた田中宥久子さんの本も良い。スックはファンデーションとリップが欲しい。デパートの売り場を数回ウロウロしてるけど、流石に高いし、ちょっと勇気でなくて…でも欲しい。

 

 

ハーフサイズのスターターキットが6000円くらいで発売されるらしいので予約してこようかなあ…。

 

高いファンデーションには独特の艶があるらしい…。でも、クリームファンデーションを買ったらパウダーらやなんやら買ったら良いお値段になってしまうし迷う…。でも欲しいなあ〜。

 

ドラックストアでちょっと良いコスメもみるようになって、最近買ってよかったのはコフレドールのリップ。

 

 

 

このシリーズは潤うし、派手すぎず、可愛らしい口元になるので鏡を見るのが楽しくなりました。

 

ファンデーションも良いのだとか…。気になる。

 

 

このくらいのお値段なら、ちょっとした贅沢でかえる…!最近は口紅が好きで、真っ赤も憧れるけど、もうちょっとトーンを落としたい。

 

赤とベージュの中間みたいな色も気になってます。↓可愛い


デートや合コンでも活躍! 色っぽさが急上昇する「くすみ色アイ」のつくり方 | マキアオンライン(MAQUIA ONLINE)

 

 

カラーは07かな…??楽しいです。

 

コーヒー飲みながらだらだら考え事するのが小さな贅沢

f:id:mim222:20181123112221j:image

 

待ちに待った何にも予定のない三連休。前夜祭はカップラーンの夕食からスタート。日清カップヌードルのカレー味。何もない幸せをかみしめながらラーメンをすする。

 

日清 カップヌードル カレー 87g×20個

日清 カップヌードル カレー 87g×20個

 

たまにはいいよね。お湯を注ぐだけとか、レンジでチンをするだけとか。お惣菜を買ったり、定食屋さんにアウトソーシングも良い。

 

お金があって時間がないなら自炊する。働いていて時間がなければアウトソーシング。足りないものは、足りているものから補えば良いかなあ。

 

家事をする以外はノープランで、主に家でお茶でも飲んで、疲れを取ろう。1人でゆっくりあれこれ思うのも贅沢な時間。疲れていると考え事をするにも頭も働かない。

 

不満と怒りがいっぱい出てきて、一晩ゆっくり寝て、3日も何もしなくても良い自分だけの時間があると思うと心に余裕が出てきて、色々詰め込みすぎていることに気がつく。何かを辞めないとだめだなこれは。今月で1つ、今やっているあのことを1個辞めて、新しく始めたあの事は、やる範囲を少なくして、一歩下がって「他人事」「私の課題ではなくて誰かの課題」ととらえることにする。

 

もっと楽に楽しく、ワクワクの賞味期限が切れたものを辞めたり、負担と不満しかないのに気がつかなくなっているものを手放したり、アウトソーシングで解決するものは解決したり、色々やってみよう!いつでも辞めて良い。

 

最近のブームは愛のタスクについて。これは、1人で考えるより、おしゃべりの中や、人から学ぶことが多い。

 

周りからも色々聞いて、最近の収穫は…結婚と恋愛は別のもの。結婚をする人は好きな人だはなくて対等な関係の人を選んだ方が良い。新たな出会いを求めるのではなく、過去に出会った人の中で対等でいられて自分を幸せにしてくれる人を選ぶ…。

 

「好きすぎて、怖くて何も言えない」あの人の時点で結婚には向いていないのだ。そりゃあブロックがかかるよね。

 

一緒にいて楽で、頼みごとができる人。解散するときにもめにくそうな人。

 

そして、シングルマザーでいきいきしている人がいっぱいいる事。20代の時は、自分にはそんな事はできないと、もっとも不安な未来図だったけど、今ならその幸福も分かるかも(すっごい大変ではあるけど)その幸福を自分の手で実現できるような、受け皿だけ作っておきたい。その受け皿があれば、このまま1人で暮らすししても、誰かと暮らすことになっても、どんな未来が来ても大丈夫!という気持ちで暮らせる気がする。

 

子供の時の拗ねた自分を振り返って、母親にして欲しかった事は一つしかなく、「お母さんに愛された」という事だった気がする。他の事はかけてしまうかもしれないけど、今の自分ならこれだけは叶えてあげられる気がする。

 

まずは、今、このままの現状維持でも楽しく暮らせる状態にベースを整えたい。現状はまあまあ楽しいけど、余白がなくなってしまいつつあるので余白を作ってあげて、嫌なことやめて好きな事やるの循環スイッチを時々入れてあげることが必要。残念ながら自動でスイッチオンにはならず、キーーッとなった後に、はっとしてから作動する感じ。

 

小さな稼ぎでも、月に15万円〜20万円位は稼ぎ続けられる気力と、楽しく働ける仕事を見つけれる心持ち、万が一変な職場に入ってしまったらすぐに辞められる勇気。戦う前に、相手にしないで歯車にならないのが一番良い。経済状況や忙しさにあわせて臨機応変に生活を伸び縮みさせる事、そして、最後はコミュニティ。

 

なんかこんなイメージ。

 

物もお金も、本当の意味では所有する事はできないことに気がつきました。自分が死んだら、全部社会に返さなくてはいけない。自分が生きている間に一時的に手にするだけの道具なんだって事に…。仕事も道具の一つに過ぎない。

 

そうすると、家を所有する事のほうが効率的だったり、ワクワクする事でないのなら、賃貸や継げる家があるなら継いでしまった方が良いのかもしれない。

 

物は好きなものをちょっとだけ持つ。お洒落をしたり、巣作りする事は私にとっては楽しい事だから楽しみたい。

 

あとは何だろう…。

 

お腹がすいたから作り置きのおでんでも食べようかなあ。マジックスパイスのカレーの素でカレーでも作ろうか…

 

 

マジックスパイスはお店にも時々いくけど、このカレーの素はお店と同じ味がする。

 

今日は洗濯して、科捜研の女とか相棒とかの再放送がもしやってたらそういうみながらお昼寝でもしたいなあ。