気楽に暮らしたい。

2017年3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

愛を受け取る準備

f:id:mim222:20190214225935j:image

物は少ない方が好きだけど、恋もしたいし、結婚もできるならしたいし、子供も授かれるなら授かりたい。最低でもパートナーはいてほしいと思います。 良い仲間にも囲まれたい。

 

それで、拗ねたり、カッコつけたりしないで、ちゃんとパートナーを探す努力をしてみる事にしました。

 

それでその前に愛を受け取るための気持ちの準備をしようと思って。

 

まず、私はどちらかというとトコトン受け身&尽くすで恋愛に挑んできました。何かを差し出すことは得意だけど、受け取りべた。自分には価値がないからそんな事していただくなんてとんでもない!と料理、お皿洗い、などといった申し出をほとんど断って私がやるよーとか言っていた。自分としては善意のつもりだったけど、これは良くなかったなーと。

 

差し出された愛をいらないと放り投げて相手が活躍する場所を奪い取っていたようなものだったんだと。相手の愛を否定していたようなものだった。これでは良いサイクルなんて起きるわけない。こういうことをやめていきたい。

 

私なんかが…と思わずに、差し出されたものはありがとうとニコニコ受け取って、お返しになるような事をさらっとしてみる。

 

これは、愛のタスクのみならず、社会から愛をもらう練習…にも当てはまり、↑こういう事を辞めたら随分と楽になり、不思議と周囲とうまくいき、可愛がられることが多くなった気がする。

 

なんで私ばっかり!なんで私が時代は苦しかったけど、しらずしらずそうなるように、全てを引き寄せてしまったのだと思う。

 

いまではそんな世界は存在しなかったみたいになっている。

 

まず、結婚相手を(恋人を)作るぞいう気持ちで生きて、目の前にあらわれたらキャッチをする事。ぼーっとしてたら気がつかないかもしれない。

 

私が結婚なんて、恋人をつくるなんて…などと思っていたら、むず痒くて拒絶してしまう。そうならないように、人に相談したり、幸せに過ごせるパートナーを作れるイメージを持っておきたい。

 

闇雲に行動する前に準備をしておこうと思って。

 

ハード面(部屋や見た目)を整えるのも大切だけど、ソフト面を整えておきたい。

 

素直になる事。一人が好きだしとか、わたしには一人があってるとか、本心ではないなら口にしない。拗ねない。

 

いつの間にか増えた良い仲間達に独身で困っていることを素直に相談すると、いい人が出てきたらみたいな感じではありますが、紹介するよとか協力的な声が聞こえてきました…(ありがてぇ…)

 

愛のタスクは気持ちがごちゃごちゃとしやすいので、人に相談するとか、お金や食欲のコントロール、整理整頓グセをつけるなど入ってきたものにうまく対処したい。

 

自分の物凄く臆病で、嫉妬もするし、惚れっぽい性格を理解しました。惚れっぽくなると周りが見えず、問題がありそうな人(ちょっと病んでるとか協調性が無いとか、同性に嫌われているとか、好きだけど移住食や価値観が合わない人とか)もそんな人ほど好きになってしまうので盲目にならないように注意!

 

転職活動と同じ手法で婚活(恋活)してみるのもあり…?転職活動は、はじめはここしか無い!とピンポイントで応募したり、競争率が高そうな企業に応募したり。

 

でも、就活をするうちに、こういう企業なら合いそうかな?入れそうかな?こういう企業からは需要があるっぽい?みたいなあの感覚を思い出してみようかと。

 

憧れの職業やあの会社より、居心地が良くて必要としてくれる本命の中堅ホワイト企業みたいな感じでしょうか…。

 

エントリーも、はじめは落ちたら傷つくかな、怖いな…という気持ちがあったけど、気持ちがのると、記念にエントリーボタン押しとけ!みたいにどんどんチャレンジできたあの感じ。

 

あの会社に落ちたら他はない!あの人が手に入らなかったら世界が終わる!

 

そんな訳はない。世界が終わる!そんなふうに思い始めたら、単に視野が狭くなっているという気づきが必要。

 

縁がない、つぎがある。うまくいかない時は、他にもっと合うものがあるという面白サインだから、むしろワクワクと次の物語を待っていれば良い事を思い出して…!!

 

愛の音沙汰はありませんが、クローズしていた心を開いたら意外な人からのお誘いが続いてなんか面白い。どうなるかな?もやもやして妄想の域にいたあの事、聞いてみようかな。

 

心の準備の時間をもうちょっととります。

 

 

 

グダグタ

f:id:mim222:20190213212745j:image

最近はグダグタです。物を捨てて、仕事を辞めて、旅して、再就職して、新しい私で毎日ハッピーとはならない。

 

それでもベースはかなりましになったのだけど、なんとも人間らしい日々です。グルグルグルグル同じことを考えてちっとも進まない。

 

「あの子」が眩しく輝き、自分がもったいないものをチクチクチクチク責める日々。「あの人がとられてしまう」そんな感情が散見されます。

 

スポットライトを当てる場所が間違っている。

生き辛くなっときは、視野が狭くなっている時。どうにかせねば…!!

 

幸せをキャッチできる「受け皿」作りと不安から手放せなくなってることを手放す作業しよう。いつでも人が来れる部屋、自分にあってない、背伸びして苦しい、本当は好きじゃないけど、握りしめてたいものを手放そう。

 

手に入らないものより、居心地が良すぎてあることにも気がつかないことにスポットライトをまずはあてよう。

 

 

 

 

 

 

手の届かない憧れのあの人より

f:id:mim222:20190204233135j:image

 

人との接触を増やすぞ!と決めた途端、直接連絡をしてない人からも連絡が来て、良いペースで再会の予定が入ってきました。

 

合コンやアプリ、お見合いパーティーはどうしても自分には合わないのでシェアハウスに遊びに行ったり、イベントの手伝いをしたり、誘われた飲み会は断らないで出たり、自分で何か企画するなど遊びの延長でやる事にしました。

 

女子ばかりと仲良くなる可能性もありますが、陸の孤島生活を続けるよりはいいかな。

 

でも多分、もしもまとまる場合には、ものすごく近くにいる人と一緒にいる事になる気もしますが…。

 

自分ブロックを外すのは面白い。今月で重荷になったあの件も終わるし…!思わぬ楽しいイベントも2件ほど。

 

手の届かない「憧れのあの人」大好きだけど、誰かにとられてしまうとか、ついやきもちを焼いてしまう「あの人」恋愛なら頑張りなよ!となるようなかんじだけど、大丈夫!そういう人は結婚には向いていないのだとか。

 

ドキドキして手の届かないあの人より、気楽に飲みに誘えるあの人。恋愛対象として全くフォーカスされないくらい自然に横にいるような人とか。友人、家族に紹介されて「へー、良い人そう、悪くないかもね」位の冷静で居られる人手の届くところに居ないかな…。

 

大きく感情が動くのが恋愛、気持ちが一定でいられる人が結婚に向いている人。ああ、なるほど。たしかにこの人なら…そんな人に気がつくことができますように。

 

心が大きく乱れるあの人にフォーカスが当たっていて見えてないかもしれない。「キャッチをする姿勢」心構えがないと見逃してしまう。

 

手の届かない、ドキドキ感情が揺らいだあの人、目の前にいてもっと話したいけど、あれこれ気になって心に余裕がなくなってしまうあの人。恋愛なら良いけど、違うのだな。

 

2月は再開に加えて、根本的なところの改善もしていきたい。かみしめぐせと肩首のこりの改善。親知らずを抜くとか、ソファやベッド、枕などにも問題があるような。

 

ソファはしなってきたこともあり、捨てようかな…。ベッドも買い換えたほうが良い気が…。ベッドとソファが肩首腰の不調の原因の可能性大!あとは親知らず🦷🦷🦷

 

ソファを捨てて空間を作り、ユニットバスの痛んできたものを捨てていつでも人が呼べてる状態にして、人が入ってこれる空間にゆとりを作ってみようかな。なんとなく。

 

まずはキャッチをする、受け皿作りみたいな事を今月はやりたい!

婚活指南を読み漁る

f:id:mim222:20190203225259j:image

なりふり構っていられないわ、時間がない!でもどう動いたら分からない。

 

Instagramで婚活指南の投稿をしている方の指南が面白くて読み漁ってました!

 

カッコつけるのをやめて、素直に行動したり、周りの人に言ってみたりもしよう。転職と同じで、一回焦って、落ち着いて、ふっと力が抜けた頃にできたりするのかな。

 

素敵な王子様や、ドキドキする憧れのあの人じゃなくて、そこの醤油とってくれる?とか言えるような、一緒に協力して暮らせる居心地の良いおじさんが神!

 

遅すぎる婚活、離婚組や結婚に飽きた人、子育てに慣れて余裕ができた人、独身の友達、年下の子たちなど20代後半に比べて賑やかで楽しく、期限後の居心地の良い日々…。

 

寂しいけど、このままでも楽しいんだよなあ…。いやいや。

 

私は徹底的に受け身な恋愛をしてきたので良い歳なのに「良いパートナーを見つけるスキル」はゼロです。

 

好きな人なんてできても、連絡先もきけないし、告白なんてとんでもない、中学生レベルです。

 

でも朗報、恋愛と結婚は違うのだそう。冷静でいられて、対等な関係で、居心地よくいられるちょっとつまらないかな…位の男性を探すべしなのだそう。

 

男友達と飲みいったりとかは出来るので、そのくらいの感覚で一緒に居られる人を見つけて、提案をする…ふん、なるほど、それなら出来るかもしれない!

 

好き過ぎて連絡先も聞けないような、会いたい、寂しいとも言えないほど好きな人は結婚に向いていないから除外して良いんですって!

 

やったー!!

 

今時の若者と同じく、今のコミュニティで恋愛するのは私も苦手です。かといって、これから出会う人と一から関係を作るのも…という事で、出会いは増やしつつも、過去にあった人と再会していこうかと。

 

ちょっとずつね。Facebookをたどったり、友達かもででてきた人とか、すっかり使わなくなったスマホの電話帳を見たりしてます。

 

思い出せていない人もいるかもしれないし、何もなくても寂しい独身に飲み仲間くらいはできるだろうし、違う実りがあるかもしれません。

 

愛のある目で見てくれていた仲間たちで、仲よかったけど久しくあっていなかった友人達。男性、女性問わずに再会いこう。

 

ものと同じく、賑やかになり過ぎてごちゃごちゃならないよう、部屋と同様に整理整頓、手放す、シェアする…などといったこともしていきたい。

 

 

いい加減やばい

f:id:mim222:20190203152605j:image

 

やっと、やっと重い腰を上げることにしました。結婚したい、結婚したいといいつつも全く何にもしてなかった。

 

傷つきたくない、面倒くさい、もう歳だしひとりでいっか。とか忙しさを言い訳に何もしなかったり。

 

いいなと思う人がいても恋愛レベルが中学生とかなのでどうして良いのか分からず。結婚とは進まなくても、人生を共にするパートナーを作る努力をしよう。今しないと、一生しない気がする。

 

今の私の現状は…外部との接点はメールか電話の内勤、社内はほぼ女性ばかりで男性はいても既婚者か10歳くらい若い男の子しかいない、平日は毎日さっと家に帰る、ランチもほぼ1人、土日は自宅作業してるか、母になった友人や自分と同じような独身の女友達と月に何度か遊ぶか…。という中々の死亡フラグ状態。

 

最近は…友達の子供が可愛いですね。

 

職場での出会いはちょっと難しそう、周りにいるのは既婚者の男性、まったく結婚する気のないおじさんの友達、独身の弟などです。

 

周りに人はいるものの、恋愛・婚活という意味では陸の孤島…。深く刻まれ始めたほうれい線に、また一つ歳をとる焦り。

 

これは何かしないと…!キャッチする姿勢、イベントごとに呼んでみようと思わせるような雰囲気を作る、過去に誰かいなかったか思い出して会ってみる、金曜日はまっすぐ家に帰らないで誰かと会う…という事をやってみようかと思います。

 

取り急ぎ、久しぶりに弟を招集して兄弟で作戦会議をしました。弟はとても良いやつなのですが、パートナーができる気配がない。石原良純さんは兄弟でパートナーを紹介しあったと聞いて結構良いのではないかと思い。面倒だな気恥ずかしいだの言ってる場合じゃないよねと、ソ弟とタッグを組むことにしました。

 

弟から20代の恋愛事情もきけておもしろかった。ネットで見た20代の草食ぶりは本当らしくて、会社など自分のコミュニティ内で恋愛はしたくない、アプリで恋人を探す人は多いなどは本当のようでした。

 

また、結婚できなかった場合、寂しかったらシェアハウスという選択肢もありかもしれません。最近は顔を出すことが多く、テーマ型のシェアハウスである程度賃料が高いシェアハウスに住む方たちとの交流はなかなか楽しいです。

 

結婚をしてない30代のあらたな居場所として、シェアハウスの活用はありかも。

 

弟と紹介とか気まずいし、合コンみたいな感じもいやだねって話になって、焼肉とか火鍋とか人数が多いほうが楽しい食事をする時に誰か連れて来たり、花見、バーベキューをするなどそういう場を作ろうという話に…。

 

にしても、データなども見てみると今の20〜30代はパートナーがいない人は結構多いみたいですね。

 

去年の今頃は転職活動に焦ってましたが、今年は婚活に焦り、転職の時と同じような心境になるのでしょうね。でも、やっとかないと!あの時こうしておけばみたいなのはもうごめんだし…。

 

自分でも何か企画しようかなあ〜。

 

転職活動と同じく、過去の棚卸しとかから始めようかなあ〜。そして金曜日は習慣として人と会う日にしよう。

 

土曜日は勉強会に出たり、何かやったり、新しい人と会ったりする実験の日、日曜日は家事と家でゆっくりする日みたいなイメージにしよう。

 

そうしよう。

 

 

 

 

生活のほころびを整える。

f:id:mim222:20190127222432j:image

ひさびさに家事をちゃんとできた。

 

ご飯、味噌汁、目玉焼きの昼食、夜は雑誌で見た「人参鍋」を作った。簡単自炊。美味しかった。

 

ノリノリになり、ご飯を多めにたいて一膳ずつラップにくるんで冷凍したり、ブロック肉が安かったので塩豚を仕込んだりもした。

 

コンロの電池がなくなり、点火しにくくなっていたのをようやく電池交換した。

 

電池がほぼないことは知っていたが面倒で、ああ、変えなきゃあ…と先送りにしていた。

 

ついには2口あるコンロが片方しかつかなくなっていたが、電池交換後、2口ともスムーズに点火するようになった。気持ちが良い。

 

全体的に在庫を全然把握できてなかったことに気がつく。

 

お茶はいっぱいあるし、味噌は2つもあるし、エルダーフラワーのシロップとかも冷蔵庫の中で風景になっていた。風邪予防に今飲まずにいつ飲むんだ…。

 

衣類だとタイツがやたらあっていくつか捨てた。年末は前日まで仕事して、徹夜で旅行の準備をして早朝に家を出て、帰国後は時差ぼけからの爆睡、廃人コースときたので表面上は大して散らかってなくても扉の中はぐちゃぐちゃになってたり、中身を忘れていたりする。

 

掃除も見えてるところは汚くはないけど、埃がたまってたりするところもあった。フィンランドで買ったココアやら、ラトビアや長野で買ったハーブティーも結構ある。

 

「なんだ、いっぱいあるじゃん!」整理をしながらそんなことを思った。片付けは捨てたり整えたりするのも大事だけど、"在庫を把握する"のも大切な作業。

 

ないからあるへスイッチを切り替えることで暮らしの無駄も減らし、なんか、安心するというか満たされるというか。

 

出会いがないから習い事でもするか…とか思っていたけど、会いたいと言ってくれていたあの人やこの人達のことを思い出した。

 

ほぼ同世代の女性ですが。人の輪が広がっていきそうな事もありました。忘れてた。

 

こういう事なのかな…。忙しかったり、不安が強いと目の前にあるものがないものになってたり、不安から余計なものを手放せなかったり、新しく何かを手に入れようとしたり。

 

握りすぎ、キャパオーバー。週5日働いているだけでも十分だというのに、活動その1、活動その2、挙げ句の果てに周りを誘って遊びに行ったりしてたらそりゃあ疲れる。

 

ほうれい線できるし、すぐ家に帰りたくもなるね…。大切なことを間違えないようにしないと。この余裕のなさみたいなのが、本来手にすべき大切なものから遠ざけてしまっているような…。

 

忙しくても月に1度はこういう時間をしっかり取りたい。というか、ゆとりのある暮らしをちゃんと守らなきゃダメだな…。良いアイデアも浮かばなくなる。遠まわりになるようで、こういう時間を取る事で心にゆとりができて、おもうような暮らしへの近道になるような…なんかそんな気が。

 

ぱつんぱつんで、余裕なく、ちょっとした事でぱんっと破裂してしまうような感じではいかんね。反省。

 

どちらにしても、以前の自分の暮らしからすればぜんぜん幸せなのだけど。

 

家事をフルでやっても時間が余ったので、コーヒーを飲みつつ本を読んだり、針仕事でもするかなんて気持ちにもなれた。

 

なんとなく心や時間に余裕のない日々が続いていたから、日々の暮らしが良いバランスになるようにもうちょっといじりたい。食のアウトソーシングとかも減らして、前みたいな地味だけど手を動かす、心は豊かな暮らし…みたいなのもまた出来たら良いな。ハギレで雑巾ぬったりとか。今は無印の電解水シートに頼りっぱなしです。

 

明日は会社に行って、会社帰りに針とマッサージに行って、今日の残り物を食べつつ明日も暮らしの整理をしよう!

 

楽しみーーー!!

 

さあ寝るか!

 

 

 

日常を愛でる

f:id:mim222:20190127000529j:image

 

昨年、一昨年は飛行機に乗り続けているような日々だった。バックパックを背負って、飛行機を降りてちょっとウロウロして、また次の飛行機に乗って…。

 

最悪だった生活から2年間で随分と人生が変わった。

 

会社を辞めて、海外行って、隠居して、学校行って、またブラックに片足突っ込みかけて、今は比較的平和な会社員をしつつ、並行して趣味の活動もちょっとやって…。

 

非現実的な日々にハイになっていた気もする。嫌なことをやめて好きな事をするをひたすら2年間続けてきた。

 

立ち止まってる時間は少なかった気がする。貧乏性が治らず自分を大切にできなかったけど、ちょっと良い物を買ったり、これはという時には自分にお金をかける事も出来るようになってきた。

 

そんな日々も今年に入って落ち着いてきて、会社から帰ってきたら簡単な自炊も出来るようになってきた。

 

あれやりたい、あそこに行きたい、何かしたい、副業したい、みたいな欲も落ち着いて来た感じがある。

 

今年は…というか、これから先は日常を楽しめたらそれでいいやと思っている。キラキラしたものを掴みに行くような事はもうしなくて良いかな〜。

 

スーパーの袋片手に誰かとお喋りしてたりとか、カフェで一人でコーヒー飲んだり、家でインスタ映えしないご飯を作ったり、誰かとくつろいだり。

 

日時を愛でることができればそれでよし。

 

いつのまにか周りには楽しい人が随分増えた。これから先は今周りにいる人と、お喋りを楽しめたらそれで良いかなって思っている。

 

だいぶ余白が出来てきたけど、あと3週間ほど、メリットある風だけど気の重いことが続くので、それが終わったらまたながらも変わるかな〜。

 

 

 

 

赤リップを捨てる

f:id:mim222:20190120221242j:image

 

出来心で買った赤リップを捨てた。

にあわないからだ。

 

気持ちが上がるどころかため息のラッシュ!

買ったばかりだけど。他の化粧品もいくつか捨てた。

 

目に入った本棚を漁ってみる。20代の頃憧れていたけど、その時は叶えられなかったこと、今なら手が届くことが色々ある事にあらためて気がつく。

 

オーロラシューズだって手に入ったし…!

 

 

ジャンルもバラバラになってしまったのも行けなかったな〜と思って、あきらめて?そのままの自分でいる事にしよう。

 

この下りは何度繰り返すのかな…

 

赤リップを辞めるかわりに保湿は気にしてみる、表情筋を鍛える、発酵食品を食べるなど食べ物を気をつける…などをやってみたい。

 

塩麹を作ったりとか、甘酒をみりんがわりに使ったりとか。

 

さて、寝るかあ。

 

 

 

年齢の重ね方について考える

f:id:mim222:20190120005309j:image

今日はせっかくの何もない休日なのに、存在感が増してきたほうれい線の事ばかり考えたり、ツムツムばかりして過ごしてしまった。

 

気にしないと決めたはずなのに、ちょっとした心の隙間に入ってくる負の感情!

 

アンチエイジングに良いらしい。でも高い

 

沼にハマってアンチエイジングに良さそうな化粧品を調べていたら、ブロガーのPR記事のサーフィンになってしまって結局どれが良いのか分からなくなり、しまいには美容外科のサイトを見ていたり、発言小町で同じような悩みの相談を見たりしてかなりの時間を使った。

 

ぶり返すほうれい線問題。

 

歯科、整骨院、その他いろんな病気でしてきたされきた「噛み締め」が私の体調不良の原因っぽい。

 

めまい、肩こり、頭痛、ほうれい線…

噛み締めは、ストレスからくるものだそうだ。

 

私のほうれい線は年齢に加えて、寝相、姿勢、ストレス、乾燥、あたりが原因のようだ。ストレスについては色々詰め込みすぎも原因だと感じていて、少しずつ手離して行っているところ。2月中旬からもう少し楽になりそうです。

 

姿勢は猫背をやめる、(スマホをいじる時間をどうにか減らしたい)乾燥は加湿器買ってみたのとマスクで対策で行ってみようかと。あとは豆乳を飲むとかかな〜

 

最近は20代の自分と比べて落ち込むことが多いけど、思えば自分否定グセは昔からだったな〜と。今持っているものを見ないで持っていないものをばかりを切り取って落ち込む。

 

もう22歳になってしまった、もう25歳だから、27歳だからこうしなきゃ、もう駄目だ、みたいな。若いから!と今なら思う。

 

50歳、70歳自分からみたら今だって十分若くて、いまなら欲しいものなんだって持っているし手に入るんだから好きに楽しみなさいよ、十分若いんだから何言ってるの?もったいない。と思うんでしょうね。

 

ベットから動けないおばあさんの自分の目線で自分を見てみようかなあ。体が動くんだけでも十分幸せでしょう。楽しみなさい。みたいな

 

20代の頃は夢が叶えられなかったとか、非正規雇用から抜け出す勇気がないとか悶々としていたことが多かった。お金も無かった。

 

今は、生活に少し余裕が出てきたけど、失われていく若さにため息でいっぱい!外食が増えて体型も…余裕もできてきたしお洒落をするぞ〜と思うも20代、30代前半の時みたいにはならない。

 

鏡を見ては落ち込み、20代の女の子が羨ましい、お洒落が楽しくない、服をあてても、髪を切っても、あーあ、みたいな。

 

しかし、20代の頃は作家ものの器や、オーガニックな暮らしなど、天然生活にのっているような暮らしが憧れで、都会から出たかった。

 

天然生活 2018年10月号

天然生活 2018年10月号

 

メイクもあまり興味なかった。

 

雑誌に出ている憧れの方は30代〜70代…みたいな。ファッションより暮らし周りのものが好きで一つ一つの物が良いから、20代の自分では高くて手が出せなかったり、手の届かない物が多くて、理想の暮らしができなくて満たされない感じ。ファッションは40代、50代の作家さんやクリエイターの方を参考にして白シャツにジーパンとか。

 

仕事も人間関係もストレスで、彼氏だけは常にいたけどあまり満たされていなかったような。

 

20代の時にもっと女の子らしさを楽しんで、30代以降に天然生活みたいな暮らししたら良かったんじゃないの…?とか色々思ったり。今やろうかなあ〜。今ならあれもこれも買えるし、赤いリップが似合わない…とか落ち込まなくて良い。

 

年齢を重ねると、その人の生き方が見た目にでてくる感じがあります。尖ったファッションは年齢重ねることでやっとその人の物になる場合もある。

 

20代の頃はモードやスーツは年齢を重ねた人がきたほうが服に着られていなくてカッコいいなって思った記憶が。ロックや古着とか。

 

時々、石原さとみちゃんみたいにならなきゃ!婚活しなきゃ!みたいな不安がうずく時があるのですが、ああ、これは自分らしく大人しくしておいた方がよいかなって気がします。

 

今の私は…

 

せーの、無印!

 

 

 

辞めるだけで解決する問題は、さっさと辞めてしまう。

f:id:mim222:20190114212226j:image

ため息の原因を、たっていきたい。

 

最高にワクワクする!とテンション高めではじめた趣味のことでしたが、ラインやスラックに赤いマークがつくたびに心がずしんと重くなっている事に気がついた。

 

余裕が無くなったせいか、ネガティブな発言が増えた気がするし、今日のお昼何を食べようとか、服を選んで買う事なども面倒だと感じるようになった。

 

ご飯や服の制服化も良いけど、もっと根本的なところで解決しよう。そうしよう。

 

ご飯や少しの洋服位、選ぶことが楽しいと思えるような余裕を残しておきたい…。

 

キャパオーバー。楽しくない。苦痛!

 

年末のお休みをフィンランドでのんびり過ごして気がつきました。たんなる気の重い嫌な事になってしまっている事に。

 

作業をしていない時も、やらなきゃ、ああ嫌だ…を繰り返したり、次は何を依頼されるんだろうとイライラしたりも…。

 

もう限界なんだと気がついて、この三連休で、趣味の活動1、2を苦にならない範囲にした。解約手続きや、現状報告の連絡をした。

 

整理するにあたりあたり、解約作業の申し出や、「活動をぐっと減らします」という申告をする必要がありました。

 

1つは1人でやっている事なので、解約する事を伝えて終わり。

 

もう一つは団体に所属しているような感じなので、中心人物に状況を伝える必要があります。

 

「辞めたい」事に対して、辞めるだけで解決する問題と、辞めるだけでは解決しない問題がある…。

 

辞めるだけで解決しないものは、例えば子供がいる専業主婦だけど、今のパートナーが嫌だから離婚したい。とか、今の会社がキライだから辞めたいなど。

 

新しい職場の確保や住む家どうするとか、手続きなど、自分のあり方自体を変える必要が出てくる場合もあり、辞めた後のことの対処に大きなエネルギーがいる。

 

誰かとやっている事であれば、辞める事によって人間関係のごちゃごちゃが懸念されるようなケースも面倒…。

 

メールが大量に届くから会員登録を辞めるとか、習い事を始めたけど通うのが大変だから辞めようとか、解約など手続きするだけで解決する問題は辞めるハードルが低い上に開放感が半端ないのだからさっさと辞めてしまおうと思った。

 

こう考えると、自分の物を捨てるだけで部屋がスッキリする!とか、自分の判断だけでできる断捨離とかものすごく楽な気がしてきました。

 

ゴミ袋に入れて、ゴミの日に出す、部屋が片付く。

 

ああ、なんて簡単に成果がでる楽しい行動なんだろう…。生活がちょうど良いサイズになるまでもうちょっといじります。