気楽に暮らしたい。

2017年3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

嫌なことやめて…

f:id:mim222:20190518233729j:image

今日は仲間内でお喋りとお茶とお散歩を楽しんだ。たくさん笑って楽しかった。

 

生き辛くてどうしようもなかった2年前。コンプレックスから疎遠になった人に勇気を出して会いに行ったり、本、webでみた情報などを足がかりどうにか抜け出そうと試行錯誤を始めた。

 

ものを捨てて身軽に、生活コストをギリギリまで絞って身動きを取りやすくして、大嫌いだった会社を辞めて、旅をして、長く一緒にいたけど幸せになれなかった彼と別れて、マイナスを0にした。生き方の手術みたいな事を沢山しました。

 

嫌なことやめて好きなことするをキーワードにドンドン変えていった。

 

「嫌なこと」は時々棚卸しをしないといつの間にか溜まっていたり、天候や体調、ホルモンバランスにも左右される事を理解してどうしたものか…というところだけど「好きなことする」はもうヒタヒタに満たされたかなあと思う。

 

失われた10年間と思っていた事は直近の2年位でほとんどできたように思う。もう十分。自分のやりたい事をやる、海外に長期で行く、欲しいものを買う、正社員になる、憧れの仕事に就く、作りたいものを作る、なんかそういうのはもう満たされた感じが…。今の延長で良い話があればやるけどもう十分。

 

前の仕事を辞める前にワクワクしながら眺めた海外旅行の本を見ても、特に行きたいと思わない。へえ、こんな場所もあるんだ、でも知り合いの家でみんなでお喋りしている方が楽しいしなあ…などと思うようになりました。地方移住もあまりひかれなくなりました。会社辞めて引きこもって暮らすとか、フリーランスとかお店をやるとかそういうのも…。

 

これからは嫌な事を辞めて好きな事をやるというより、「嫌な事を辞めて穏やかで居心地よく自分を変えなくても良いほうを選ぶ…」みたいな感じが良いかなあと思って。

 

そうするとまた選ぶ世界や、広がる世界が変わるのかなあなんて気がしています。おばあちゃん化してしまいそうだけど。

 

好きな事をする…とか好きな人と一緒にいたいだと負担がかかるような事も筋書きがちょっと変わってきます。 

 

体が弱い、事務作業は苦手だけど人と喋るのは得意、人見知りしない、時々ひどく気持ちが落ち込むから誰かに支えて欲しいし甘えたい、朝は苦手、人のお世話をするのは好きなほう、お金はそんなにいらない、バリバリ猛スピードで働くのはあわない、ずっと家にいるのは辛いしリスキーだから今やっている仕事の中から嫌いじゃない事を選んでセーブしながら無理なく働き続けたい。会社のいくつかの慣習がどうしても受け付けない。会社の人たちのことが好き。今の仕事はあわない、無理、続けたくない、辞めたい。待遇が良い。暴力、暴言、お金の使い方が荒い人は無理、浮気をした人と一緒にいられるメンタルは自分は持ち合わせていない…などなど。

 

色々出てきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

幸せになるためのモノサシのような

f:id:mim222:20190514230012j:image

今の仕事は友人に紹介してもらった。これやりたい!ピン!キュン!ときて山登りみたいに憧れて、この仕事やりたいと思った会社や職種はことごとくブラック。自分を二の次にするような。これまでの仕事を振り返っても深夜までの労働とか、手取りが10万円代ボーナスなし非正規とか散々な環境だった。

 

そのままの自分を受け入れてくれる+なんか社風が良さそう、仕事内容に興味あるしやってみたい…くらいで良いのかなあと思う。

 

今の仕事は自分に完璧に合っているとは言えないけど、待遇や一緒に働く人を考えるとかなりマシになった。自分では探せなかったと思う。

 

婚活しようと思って…というと、誰か紹介するよと言ってもらえることがある。それで「どんな人が良いの?」と聞かれても、分からない。

 

うーん、細身な人とかかなあ…とか。

 

分からないのだ。ええ!?と驚かれてしまうこともある。どんな中身でどんな生き方をしてる人が良いのか…を問われるけど、正直分からない。これまで自分が幸せに居心地よくいられるのはこんな人というモノサシみたいなものが自分には無かった。

 

きっと目の前に、幸せそうな人達と同じだけ、時間も、求人も、若さも、私を幸せにしてくれようとした人もいたはず。

 

でも自分には幸せになるためのモノサシみたいなものも無ければ、感知をする装置みたいものも備わっていない。

 

正社員で手堅い仕事をしているから結婚してもきっと大丈夫、メガネの似合う人を素敵だと思いがちとか。

 

婚活となると、求人媒体で大量の企業の求人を見たのと同じ現象が起こる。自分が選べる立場とは思ってはいないけど、何かアクションはする必要があって、そうなった時のモノサシみたいなものがないから分からない。 

 

やさしそう、上場しているのかあ。でも、やっぱり分からない。転職活動よりもっと情報がない。

 

ふむ、自力で探すのは諦めるというのも1つの手かもしれない。信用できる人に紹介された人はとりあえず会ってみる、相談してきめるなどといったことで対策したい。

 

「断捨離、節約」は得意になったけど、居心地、幸せを感知する感度を上げたいので、ピンポイントでもの買ったりもしてみようかと思う。

 

部屋の居心地を上げつつ、本と食器は自分の幸福度を上げて、シェアしたり、新しい場所へ連れて行ってくれるもののように感じるので新しい物を取り入れていきたい。

 

自分の幸福に必要な要素を自分に淡々と用意してあげて、あとは流れに任せて、あまりあれこれ考えないで生きていけたら…。

 

よっぽど違和感がなければ

f:id:mim222:20190512185205j:image

 

ちょっと暑いけど、良いお天気が続いて気持ち良い。ジェットコースターみたいに上がったり下がったりした気持ちは落ち着いてきたはず。

 

変えたい、変えたいと思っていた無印のラグにようやく買い換えた。ラグの買い替えは2年ほどかかってしまった。面積が大きいからか、部屋の空気が変わって気持ちが良い。

 

やりたいことができるようになってきた、人と笑いに囲まれて孤独で寂しかった人生が嘘みたいになった。人に優しくしてもらってよく笑う、相手にも自然と優しくできる。

 

買いたいものも大体買ったし、行きたいところはもうだいたい行けた。仕事が合わないとか色々あるけど、だいたいの願いは叶い、ラストの「婚活」問題はあるけど、あとは食べていければもういいかなぁ…という感じです。

 

目の前に流れて来たものが気になれば手を出したり、いらないものを手放したりしていけばそれで良い。

 

木の上になっているようなものや、山を登って取りに行くようなことはもうしなくていいかなあ。

 

婚活については、この人なら大丈夫かなあとか、この人!のようなひっかかるものが必要なようですが、先に婚活を始めた友人いわく、婚活の場にいるのはまともな方が大半だよ。でも、アピールが苦手な人が多いみたいでこの人という印象に残る人が少なくて…といった事を言っていました。

 

他の方にも色々聞いて、よほどの違和感や、嫌じゃなければ、連絡先だけでも交換するとか、ピン、キュン、などがなくてもお話を進めてみた人達は良い方向に行っているとことを聞きました。

 

自分を卑下する必要もないけど、20代の子たちと話していて、20代の恋愛の感じや感覚とは違うんだなと感じます。

 

友人の紹介か、行くとしたから半個室のお見合いパーティとかになりそうですが、カフェや病院に行くような気持ちでいってみようかなあ〜

 

この人!というピン、キュン、条件の良さとかじゃなくて、違和感の少ない人を探してみようかなあ。胸キュンドキドキではなく、ああ、なるほど、うーん、せっかくだから嫌じゃないし、とりあえず付き合ってみようかなあ…位のテンションで前に進めてみたい。

 

実感としてあるのが、需要はあるにはあるけど、身近な出会いは確実に減っていて、20代の感覚とはちょっと違うな…というところ。

 

頭では理解した事が、身をもって感じた感じかなあ…。

 

 

直感力が上がった良いお休み

f:id:mim222:20190508231355j:image

長い長いゴールデンウイークもついに終わり。

 

カップの茶渋をとったり、普段できない家事もした。壁に掛けっぱなしだったコートをクリーニングに出し、衣類も少し買い換えた。

 

自然にふれたり、粗食を食べたり、疲れをとった。そうすると、隠居〜転職前くらいの直感力が少し戻ってきました。

 

超能力的なものではなくて、「自分の声にいつのまにか蓋をしてた」が多分答えです。これでは幸せになれる嗅覚とか、直感とか、そりゃ鈍る。

 

素直な声を拾ってみた。

 

みんなのことが好き、良い会社、待遇が良い、肌にあわない、どうして私はここにいるんだろう、自分を殺すみたいな仕事、苦手な作業が多くてできが悪い、不安、怖い、楽しくない、経歴にあってる、経歴が映える、もっと人と話したい、外に出たい、我慢はできる…。

 

多分「違う」が答えなのだと思う。でも都合が悪いから気がつかなかった事にしたい。こういう事を淡々と認めていきたい。そうしないと何がどう嫌なのか、どんな事なら嫌じゃないのかが分からないから。これが分からないまま次に行っても同じです。

 

「これなら」というものが流れてきたときに、立ち去り、飛び移る心の準備だけしておこう。結婚という選択肢もありだと思います。

 

でも、婚活も、仕事を変えるしにしてやる事は同じで、自分を理解する事。「この人なら大丈夫」を察知して、手を伸ばせる事。

 

仕事でズドンといった時に急にはじめて、何も進まない婚活のこと。スタートしたのは良かったけど、一回気持ちが落ち着いてからにしようかな。

 

婚活婚活騒いだせいか、今回は具体的に行動をとることができました。

 

一瞬だけアプリ婚活してみて、自分には合わないと思ったので有料のアプリを一個断捨離しました。自分は直接人と会う方が向いてると思ったので、周りの話を聞いて、半個室で話すタイプのものに行くのはありかなと。

 

友人が私にいろんな方を紹介しようとしてくれています。なかなか幸せになれなかった友人が「おばあちゃんが連れてきた人と結婚した」と言っていたけど、家族と仲の悪い自分にはそんなことはあり得ないと思っていました。

 

でも、「私に良い人」を紹介してくれるその人は自分にとって、優しい優しい親戚の人みたいな人で、恥ずかしい、ザワザワと思っていたけど、素直に感謝して会ってみようと思います。

 

友人が会わせてくれようとしている人がもう、笑ってしまう位すれ違って会えない。このまますれ違うのだろうか。

 

コントみたいに上手くいかないときは、「違うよ」とか「今じゃないよ」のサインだったりする。転職活動前にコントのように次々と風邪をひいて動けなかったり、サブの活動のほうが忙しくて前に進まなかった時みたいに。

 

ブロックされるには理由があって、「他の流れがあるから」もしくは「今じゃない」から。受け皿もあの日にはなかったかあ。会う前日に、会いたくない、違う人が良い、怖い、嫌だとか念じてたもんなあ。

 

今はどうなるか楽しみ〜。

 

今日はなんとなく〇〇さんに会いたいなあ…と思ってから思わぬ話がトントン進んだあの日のように、「何となく、今日…」という日に行動をとってみたい。

 

幸せになれるのはこんな人かな、と思ったあの人の横に立った時のあの感じ、なんだかんだ長くいた彼と横に座った時にお互いを意識したあの感じ。

 

あの感じがもしきた人がいれば、多分その人なのかな〜。

 

取っておきのあれを買っちゃう

f:id:mim222:20190504111131j:image

婚活婚活と言っていたけど、それを口にして行動することが目的になっていた気がする。そうすることで48歳とかになった時に過去の自分へ言い訳ができるから。

 

わたしはあなたのために一生懸命にやったんだけどダメだったんだよ!と。

 

友人が同じく婚活をしている男性を紹介してくれることとなった。知っていたけど話したことない人で、私が思っていた人とは全然違う人のようだった。つくづくみる目がない。また、その人は輪を作るのが上手い人のようで、その人経由で婚活が色々広がって行きそうだった。

 

「怖い、どうしよう。」

 

反射的に一度断ってしまった。結局こうなのです。目の前にはちゃんと、幸せになったあの人たちと同じように、私の目の前にも流れてくるのです。でも、怖くて手放してしまう。

 

でも家に戻って冷静になって、これではいかんと思って、近々会う事になった。何のために私呼ばれた「???」みたいなことが続いたけど、多分、友人がひきあわせようようにしてくれたのだと思う。でも面白いようにすれ違う。プライベートで色々大変なのにこんな気遣いしてくれるなんて…と思って、恐怖が勝っていたけど、はっとして、差し伸べられた手を受け取ってみる事にした。

 

それで、やはり、まだ受け皿ができてないんだなとつくづく思ってしまった。その人とどうなろうが、その人に会うことで本当に婚活の入り口に立つ事になる感じがする人。

 

GWでは断捨離もしたけど、目に付いたのは、買い替えが必要な物やずっと欲しいと思っていたけど、ちょっと高いし、あれば快適だけど無くても不便だけどまあいいかと見送った物たちだった。

 

お店まで行くし、欲しいけど引き返してしまうのです。あれ欲しいなってずっと眺めている。お金が入って、買えるようになっても。貧乏生活が長かったのと、好き、幸せ、快適を受け入れるのが下手。不幸になれてるから現状維持本能で幸せが入ってくると不快感を感じてしまうなどなど。

 

これはまずいと思って、部屋を全部引っ掻き回して、そういうものを全部買い足すことにした。

 

本が増えてきたけど、大事に見返したいものだから、増やせるタイプの収納ボックスを1つ、無印のインド綿ラグ、陶器のお茶碗2つ、無印の収納ケース2つ(お箸をいれる位の)無印のロングTシャツを2つかった。

 

大したものではないのだけど、買うとか、新しいものを取り入れるのが苦手になってきたので、欲しいな、でも…と何度もお店から引き返した。

 

でも、もう買おうと思って一気に買った。特に陶器のお茶碗は何度も目の前に素敵なものと出会っていたのに自分にはもったいないとか思ってしまっていた。買っても良かったのに。

 

今日、もう少し部屋をいじろうと思っているけど、掃除と捨てるというよりは買い足しが発生する感じになると思う。そして、それを買って、生活を潤してあげることが今は必要な気がする。

 

今持っているものを把握して、足りないものを理解する大切な時間。

 

楽しもう。

 

1年前、隣に立った「あの人」のこと、幸せになれる人の匂いがして、手が届くところにいたのに、気がついた時にはなすすべもなしとなった事を思い出しつつ。

 

本心と違うことを言わないこと、出た言葉が全て。アプリでたくさんの人を見て、メッセージをしても何も感じなかったのに、このでっかいザワザワはきっと何か、感じることがあるのでしょう。自分でぶち壊さないように…。きっと多分、良いご縁なのだと思います。

 

今日もひとり、家事を楽しもう。

仕分け上手と仕分け下手

f:id:mim222:20190502225351j:image

比較的幸せそうに生きている友人たちの話を聴くと、ポイントの違いは人それぞれだけど、目の前に振ってきたことに対しての仕分けが上手なんだなあと感じます。

 

すき、嫌い、すき、嫌いのしわけを無意識に自分の幸福を守りながらしている感じでしょうか。

 

結婚して、就職して、大きな不満を口にしない人達はすっごい幸せって訳でなくても、少なくとも納得はしているというか。

 

生き辛かった頃は目の前にきたものの仕分けがすこぶる下手だった。嫌い、辛い、でも我慢しなきゃ、私がやらなきゃ、他に選択肢はないから…と全部受け入れていたような。

 

でも、本当は幸せ(そうに見える)な人達と同じぶんだけ、自分の目の前にも、そうなれる要素が現れていたことに気がつきました。

 

でも、気がつかなかったり、勇気がなかったり、自尊心が低くて見送ってしまっただけなんじゃないかなと。文句ばかり言っていっているとさらに幸せは逃げていく。

 

側から見てもしっくりきているパートナーと出会えた人は「この人!」という直感だったり、何かしらの理由を解説してくれます。

 

それで今は幸せになれるのは、楽しく過ごせるのは「この人!」「この仕事!」みたいなセンサーを作動させる事、センサーが作動した時に挙手をしてキャッチできる受け皿みたいなのを作れたら良いなって思ってます。

 

振り返ってみるると、センサーはちゃんと動いていたのに、なんだろうまあいいかと自分が気がつかなかったり、スルーしたり、勇気がなかったりいろんな理由でキャッチできていなかったことに気がつきました。

 

それで、婚活も就活もそうですが、直感を大事にしてというキーワードが出てきます。

 

直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN

直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN

 
直感力 (PHP新書)

直感力 (PHP新書)

 
直観力

直観力

 

直感というのは当たっていることが多く、就活、婚活あたりでは大事にしたほうがよさそうなセンサーで、案外バカにできないのかなあと。

 

顔合わせに至る前段階では理性で進んでいるというのもあるかもしれないけど…。

 

最近疲労と溜め込み気質で直感どころか、自分の体の声も聞こえなくなってしまったけど、断捨離しまくって、会社辞めて、本能と直感で行動しまくっていた時はなかなか直感が冴えていて面白かったです。

 

もう断捨離は必要ないかなと思っていたのですが、今思えば直感力を上げるのに断捨離は一役買っていたかなあと…。

 

トキメキ片付け術的な。多分、ものを捨てようが、増やそうがそれは幸せには直結しないけど、目の前にある物事を仕分ける練習にはなってたのかもと。

 

断捨離の時は「損得」だったり、ときめくかときめかないかだったけど、幸せか、幸せじゃないかという物差しと、捨てるだけじゃなくて、これ!と思ったものを持続可能な状態で適切に自分のテリトリーに入れられるかという事をあわせてやりたい。

 

物じゃなくても良いのですが、練習にはきっとピッタリ。お部屋の居心地も上がるし…!

 

淡々と粗食を

f:id:mim222:20190502010256j:image

 

ゴールデンウイークは淡々と粗食を食べて過ごしています。もしくは粗食を詰めた、ゴールデンウイークマイ弁当。

 

時々お友達と出かけたり、片付けをしたり。

 

主に1人の時間が多くて、起きたら夕方でぎょっとする事も。気候のせいかなんだか体がだるくて気持ちも上がらず、お正月並みに時が止まっている。何かが始まったり、動く気配もないし、しょうがないからたまにはぼーっと過ごすかあ。

 

かろうじて現状維持の掃除と、粗食は続けているけど。孤独に耐えられず明日は予定を入れてみた。物以外にも、気持ちの棚卸し的な事もやりたいのだけど、だらだらスマホゲームをしてしまって空っぽの1日を過ごしてしまった…!

 

まあ、たまにはいいかなあ、こんな日も。

 

 

ゴールデンウイークは暮らしのほころびを整えて、立ち止まる

f:id:mim222:20190429122308j:image

ゴールデンウイークの10連休!日本でも、カレンダー通りにこんなに長いお休みを取ることができるなんて素直に嬉しいです。

 

去年の秋くらいからずっとバタバタしていて、病気や疲れで寝込む以外、週末1人で家で過ごすような時間が取れなかったので、適当になってしまった移住食のほころびと、婚活は一旦ストップして今後のことを立ち止まって考える時間にあてたい。

心がラクになる ドイツのシンプル家事

心がラクになる ドイツのシンプル家事

 

ご飯はドイツ式の家事の本でみた、夕食は黒パンにあるものを挟むサンドイッチでもいいかなとも思ったけど、もうちょっとしっかり食べたくて。一食作ったついでに残りをタッパーにつめて自分用のお弁当作った。ゴールデンウイーク用のマイ弁当。

 

冷凍したので食べるときは解凍するだけ。経済的だし体にも悪くない。食事はしばらくこの作戦でいきます。

 

主食はパン麺のほうが圧倒的にに楽だけど、やっぱりご飯が食べたいから、気が向いた時に冷凍して小分け保存しておこう。

 

忙しない生活が続いていたので、ミニマムライフというか、独身の男性みたいな感じになってしまって、コンビニ、スーパーのお惣菜、餃子チェーンのテイクアウトが続いたり、食のアウトソーシングは胃が少し疲れてしまって。勿論太ったし、外食してもあまり美味しく感じない、嬉しいと思わなくなってきたからこの機会に減らしたい。簡単自炊のご飯が美味しいし、嬉しい。凝ったものは作らないけど、自炊できる心身の状態や時間があることに感激しつつ、自炊した素朴なご飯の味はお金では買えない贅沢だなあって思います。

 

そのほか、枕があわないとか、衣類を買い換えるかの見極めや、部屋の居心地をがイマイチなこと、本棚買いたす?など、居心地の良い暮らしにするためにほったらかしになっていた事をこの機会にやりたい。

 

合間に、会えてなかった人にも会いに行こうかなあ…!せっかくのお休みだから旅行にでも行けたら良かったんでしょうが、もう旅行は散々いったから、別に良いかななんて思いが最近出てきます。誰かと一緒なら行きたいけど、1人で行くほどのエネルギーが自然と湧いてこなくなってきました。

 

ご近所ウロウロ、自分の周りの人もお喋りとかでもそれなりに楽しく、そうなれたのは良かったな〜。

 

交際期間は3ヶ月?

f:id:mim222:20190424232821j:image

仕事で病んだ勢いで始めた婚活。まるで小人の仕業のように感じてしまうけど、年齢を考えるとこのタイミングで良かったのかもしれません。

 

気持ちが沈んだのは、春の自律神経の乱れと、ひどいPMSのせいではないかと(災害時の自分のとるべき行動みたいなマニュアルの整備が必要)気候がかわり、心と体調が落ち着き、気がついたら婚活戦線の前線に立ってしまっていて、!!という感じ…。

 

アプリ婚活の進捗は、何人かの人とお話しはするものの気がついたら相手から、わたしから離脱してしまったり、会話が始まらなかったり、今現在やりとりしている方は気がつくと2名になっていました。

 

1人の方を凄くいいなと思っているのですが、メッセージは1〜2日おきに2週間位続いているけど、進展する雰囲気がない。メッセージが来なくなったらやだな、会ってがっかりされたらやだな、会って次がなかったらやだな、すぐ交際結婚みたいになるのも怖いな。

 

もう1人の方はグイグイと会おうとしてくる感じです。ノリが良い方で話も会うのでやりとりは盛り上がるけど、お友達としては物凄く面白そうだけど…という感じでこんな気持ちであっても良いのかなあ、どうしようかな…。

 

今思っているのは、お二方ともに会うのが怖いという事です。婚活サイト経由だからとかではなく、これ以上進展するのが怖い、恋をするのが怖い、結婚するのが怖い、連絡が途絶えるのも怖い。

 

ようは、どうなろうが嫌だし怖い。まさかのイヤイヤ&現状維持本能モードに。これは自分の中にブロックの問題のやつかもしれない。

 

転職活動の時もこういう事に向き合った気がする。私が正社員になれる訳ない…みたいなやつです。でも現状もいや、行動するのも向き合うのも怖いを数年やって、ものの整理をしながら心の整理もして、結局自分で行動して切り開いた結果今があります。

 

ハリーポッターでハリーがピンチになった時に、死んだはずのお父さんが助けに来てくれたと思ったら、過去にタイムスリップした自分が戦い、助けてくれたのは自分だったというエピソードを最近よく思い出します。

 

あとは、わたし知らない人と結婚するの?という戸惑いもあるかもしれない(今更…)

 

アプリを開いていいねがきて、気になる人にいいねを押して、マッチングして、メッセージをして…それに安心してしまっていないか?

 

私も結婚したいと思ってこういったサイトに登録しましたが、お相手もまた、結婚したいという思いのある方達です。

 

すぐに卑屈になってしまうので、優しそうだし、移住食もあってこんな人と付き合ってみたかったみたいな人だし私なんかでは…みたいな。

 

婚活ネタでググるのが最近の日課なのですが、結婚相談所にはルールが色々あるようで、交際期間は3ヶ月ほどが目安なのだとか。ダラダラするのはお相手にも失礼だし、進展が遅くなってしまうのでそのルールは合理的かもしれないですね。

 

しかし、え?3ヶ月?短い!怖い!と思ったのが正直な感想です。婚活にまだ慣れていないのもあってか、戸惑っているのかもしれません。

 

そのわりには登録するアプリ増やしてみる?婚活パーティーに行ってみようか?と不安だからまた行動しようとしてしまったり。

 

ダブルスタンダード。行動と気持ちがチグハグ。これでは相手を振り回し、私自身もカチカチと1分1秒と大切な30代の残り時間が無くなっていく。

 

ああ、キャッチする受け皿も、自分の中の準備もできていなかったんだ。ソフト面だけではなく、たるんだ体、人を呼ぶイメージが持てない部屋のハード面をGWでどうにかしつつ気持ちも整えようと思った。

 

旅行は散々したしもういいかなと思っていて、GWはお友達にちょいちょいあいつつも、色々整える時間にしたい。

 

 

 

 

 

 

 

自己分析せよ

f:id:mim222:20190420213437j:image

 

これまで結婚して幸せになったよという人達に話を聞いて心のメモ帳に書き留めておりましたが、表題の件が大事なのだと思いました。

 

いろんなアドバイスをもらったけど、彼女達は自分の幸せを理解した上で行動したから、満足度が高いんだと。

 

散々婚活サービスを利用して婚活の場では出会えなかった人があれがあったから幸せになれたと言っているのも納得です。婚活であれこれあって感じて色々理解できたのだと思う。だから、「あ!この人!」と気がつけた。

 

自己分析が完了していない時は、なんか違うなの直感センサーを大事に。

 

そして、転職活動活動の時にもらった言葉、全部は叶えられなくても、どれか1つくらいは叶えられます。という言葉も思い出してみた。

 

こういう人なら一緒にいて嬉しい、い続けられるかなと思うのはこんな感じでした

 

①生理的に受け付ける

②変わりたくても変えられない自分のいくつかの事情をそっとしておいてくれる

③年収いくらというより自分の収入に対して持続可能な管理ができる

④根本的に自分を変えなくても助け合って暮らせる人

⑤大切にできる

 

こんな感じでしょうか?逆にこの中のどれかがかけると、どんなに条件が良くて見た目が好みな人でも一緒にはいられないかもしれない…。お相手のこの部分が自分も受け入れることができることも大事なはず。

 

転職活動と同じで会ってみて自分の中ではこれが優先順位が高いんだ…とか、自分の相場観(卑下しすぎ、気がつかなかったけど高望みしていた)も分かったり、自己理解に繋がるそう。

 

たまたま今は婚活ですけど、これって生きていく上での幸福度そのものに繋がるんじゃないかと思って、すごい面白いかも!と思っている。

 

仕事に求めること、自分の生き方、婚活…などなど理解しておくと良さそう。

 

ゴールデンウイークは旅行に行かずに静かに過ごすつもりなので、コーヒーでも飲みながらゆっくり考え事でもして過ごそうかな。