気楽に暮らしたい。

2017年3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

持っているものを再確認する為の断捨離。

f:id:mim222:20181204213311j:image

洋服を買いに出かけたら、年齢を重ねたからかあれもにあわない、これも似合わない。道を歩いても渡されなくなったティッシュ…。

 

何日も都会のデパートをウロウロして、コート一点買うのに随分とくたびれてしまった。体の疲労に加えて、老いを感じる羽目になり、自己嫌悪までくっついてきた。

 

買い物が楽しくない…。靴を買うのはとても楽しかったのですが、洋服を買うのがものすごく面倒に感じた。試着しないと雰囲気がわからない服も多くて面倒…。

 

最近は忙しくて時間がないからか、お洒落はしたいけど、服にかけるエネルギーが確保できない…。

 

忙しい毎日にコーディネートを考え、服を買うためにウロウロし、試着をして、お店で接客してもらい、試着して似合わなかったらごめんなさいと言ってお店を出る…。ああ、なんて大変。

 

服は少なくても違う物を色々着たいと思っていたけど、服を制服化するのもなんだか分かる。毎日毎日選択をするとエネルギーを使うらしく、別の決断にエネルギーを使いたい人などが洋服を制服化するのだとか。納得…。ビジネスマンのスーツは合理的なのかもしれません。元気な時に、平日に着る服は制服化してしまおうか…。

 

ここ最近はバタバタしていることが多くて洋服の在庫を把握していなかった事もあり、これ良いなと手に取っても手持ちの服とのコーディネートが頭の中で浮かばず。

 

もの単位で服を見て、ベージュのコート欲しいな〜。でもベージュのパンツ持ってたような。ベージュのコートに合いそうなグレーのパンツも買っておくか?でもグレーのニット帽持ってたような…みたいな感じで、頭がぐるぐる。

 

もの単位でコーディネートが成立したとしても、今度は似合わない。頭の中のにあうものや好みががアップデートされていないのだな、きっと。今の顔や体型を認めてあげて、自分に似合うものを探してみる。

 

雑誌やネットで見て可愛くても、真っ赤なリップは似合わない。

 

物の量に限らず、在庫や「今の自分ににあうもの」を把握している事が大事なんだな〜と。物の在庫を把握する為にも断捨離を再開。

 

断捨離していると、これは全然きてないとか、これはきてなかったけど使えそうとか、ものすごくお気に入りだったけど全然似合わなくなってるとか、持っているものを再確認するための作業になった。

 

勿体無いからフリマやフリマアプリで…とも思ったけど今は1日かけて1万円手にするより、サクッと捨ててその時間で昼寝をするか、別の案件をやりたい。

 

物単位でみないで、これは活用出来ているか?出来ていないか、よく使っているけどくたびれていないか?似合っているか、会社にきていっても大丈夫そうかなどをチェック。物単位で見ると素敵だけど20代ギリギリで買って、今は似合わなくなったものなども捨てた。20代ギリギリの時に買ったものを合わせてみるとなんか違和感…だったり、もしくは、これなんか痛い感じだな…と。持っていてもしょうがない。

 

断捨離をしたお陰で手持ちの服が明確になり、眠っていたけど再活用されるようになった服も。買い足す服も明確になってきました。

 

ついでに、自己受容も。まあ、歳重ねた今だから、手に入れたものもあるじゃないか…とか、ティッシュ渡されて20代の時はすごく嫌だったじゃない?とか。

 

メイクも服も、流行や素敵なモデルさんがしているメイクというよりは、同年代の素敵な知り合いの人を参考にしたり、自分に似合うものを見つけたら買うとか。

 

今の自分を楽しむためにも、持っているものを確認して、引き立てるために断捨離してみよう。

 

物だけではなくて、気持ちも、時間も、やりたいことも、色々詰め込みすぎているから、暮らしや生き方の在庫の把握〜ミニマムにしてエネルギーを注ぎたいところにちゃんと注げるように調整をする作業をしよう。