気楽に暮らしたい。

2017年3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

「あの人」問題

f:id:mim222:20181106235641j:image

定期的に来る「嫌だ嫌だ」に支配される時間。

思考グセだったり、ホルモンバランスだったり、忙しかったり疲れてたり。満員電車でぎゅうぎゅうでイラっとする事もあります。

 

「あの人のせいで…!」何度布団の中でギリギリしたことか。パートナーや周りの人に私はこんな酷いことをされたのだと力説し、周りを疲弊されたり。

 

「あの人」の問題はつきません。

 

振り向いてくれないあの人、私を愛してくれなかったあの人、なんだか嫌な職場のあの人、腹の立つあの人、あの人がこうしてくれなかったから、あの人さえいなければ、あの人にとられてしまう、「あの人」のせいで私の人生はうまくいかない!あの人がいてくれなければ私は幸せになれない!

 

そんな風に思った「あの人」はいままでに何人いただろう。

 

そして、「あの人」の不満ばかり言う私に、親しい人がこんな事を言った「外的要因に左右されないで下さい」

 

あの人=他人、外の要因

 

職場の「あの人」の不満ばかり言う私に、そして、こうも言っていた

 

「そんなに嫌な人ばかりの職場なら辞めれば良いじゃないですか。そもそも、その仕事は本当にあなたのやりたい仕事なのですか?」

 

行動する勇気のない自分を見透かされて否定された気になって、その時は私はこんなにあの人に酷いことをされているのに、酷い!と憤慨した記憶があるけど、その人は本質的なことを見ていた気がする。

 

「自分を見つめて幸福な道を見つけ、自分の手で変化すれば良い」といった事が言いたかったのだと思う。けど、その時は理解できませんでした。そうだね、そうだね、酷いねと同調してくれることを望んでいたけど、それでは何も進まない。

 

大人になった今、自分のの人生を握っているのは自分。舵を切るのはあの人じゃなくて、わたし。

 

だいぶ極端な事もして昔よりはだいぶ良くなったけど今でも時々「あの人」問題はやって来る。蜘蛛の子散らす作戦でうまく距離をとったり、嫌なことやめて好きなことして循環が良くなったからか「あの人さえいなければ」ギリギリみたいなのはあまり無くなった。いたとしてもかなり外の人で一瞬だったり、いつのまにか姿を消していたり。

 

最近は「嫌なあの人」はガイドのような存在になっていたりもする。あなたの居場所はそこじゃない、今じゃない。抵抗しないでその場所から遠ざかったり、素直に落ち込んでいたら適切なものが舞い込んで来る。

 

最悪なあの人が、合わない場所から引き剥がしてくれた。いわゆる、「嫌なやつ」といった人達でした。でも今はそういう人は周りにはいない。

 

今わたしの目の前に現れる「あの人」は振り向いてくれないあの人、あの人と再会できないから幸せになれない。といったもの。私にとっては幸せの最終関門かなあ(とりあえずの)

 

就職活動で合格が出る企業はトントンと進むあの感じ。ここなんか良いな〜穏やかでスムーズな面接、当日もしくは翌日には来る合格の連絡、いつから来れますか?と遠くない日付を打診されて気がつくと職場に馴染んで…

 

なんかそんなイメージを持ってたい。

 

一緒にいると憧れからうまく話せないあの人、悪くないはずなのになんだか気がすすまないあの人、思い出の中のあの人、会えないあの人、距離が縮まらないあの人、あの子にあの人をとられてしまう、急がないと…

 

何かしらのブロックがかかっているようだ

 

自分でブロックしてるの?それとも違うところに行くべきなの?それとも、今じゃないの?お母さんに会うのが怖いの?不幸な自分が居心地良いの?変化するのが本当はいやなの?幸せが怖いの?

 

今いなくては考えられない仲間に出会わせてくれたのは、あの日窓口で私に酷いことを言い、凹ませて帰らせて数ヶ月申し込む気にもならなかったあの人のお陰。あの人があそこで門番のように私を追い払ってくれなければ学校のみんなにも今の会社の人にも繋がっていない。

 

あの子は門番なのかもしれない。あの人は何か違うのかもしれない。

 

そう思うと色々と面白すぎます。あの子は大切なガイドなのかもしれません。学校に行こうとした時の門番は、「今はダメ!帰れ」といった感じだったけど、あの子は動きも読めない。どうなるのかな、面白いな、あの子。どんな風に動かしてくれるんだろう。

 

「自分ブロック」も掘ってみつつ、やりたい事やって嫌なことやめる。自分ブロックは自分に課した暗黙の禁止事項とか、不幸な私でいたいんじゃないのとか、掘り下げてみたら面白そう!!!

 

嫌なことやめて好きなことする、自分らしくいる、仲が進まなかったり悲しい気持ちになる人、居心地が悪い人にしがみつかない、素直に心折れて傷つく…。

 

つまりはあの人はとっても面白い、大事な役割の人なのです(近づくかどうかは置いておいて)多分、ここじゃない、今じゃない、別の居場所がある…のお知らせの人。

 

勝手に楽しく解釈して楽しんでみます。色々楽しめば良いと思うのです。

 

もしも結婚なり、子供産むなり出来たとしたら、同じ相手とずっと一緒にいるのです。

 

焦らないで最後の恋をたのしんで…!そんな気持ちでいようかな。

 

一人で生きるにしてもこの調子なら、なかなか楽しい人生になった事ですしね。もしも独身確定…!ならもっと楽に楽しく生きられるようにブロックを外して人生をいじろう。

 

楽しい、何しようかな。

 

そういえば、あの話もっと練ってみよう。そういえば今週も来週も新しい流れができそうな集まりがあるなあ…