読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気楽に暮らしたい。

3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

自然食品店のインストラーメンと30代の転職活動の途中経過。

自然食品のお店で売っている納豆そば。
自然食のインスタントって結構美味しい。

納豆そばは、自然食から離れている時でも好きで時々食べています。

こっちの玄米ラーメンもなかなか美味。
一つ200円と袋ラーメンにしてはちょっと高いけど、玄米を気軽に食べれるのは嬉しい。

そしてこのシリーズ、おいしい。


オーサワジャパン ヘルシー玄米ラーメン(胡麻味噌) 112g

オーサワジャパン ヘルシー玄米ラーメン(胡麻味噌) 112g

広告


働きながらの転職活動はなかなか進まない。
体力も消耗してきました。簡単自炊は続いているけど、とことん簡単に済ませたい日もあります。そんな時に自然食品のラーメン良い味方になってくれる。

簡単、おいしい、罪悪感少な目。

働きながらの転職活動は頭を切り替えるのもなかなか大変。転職活動に専念する為に、退職する人の気持が分かる。

余裕を持って退職して、どこか環境の良いところでぼーっとして、考えをまとめたい願望がふつふつとわいてきます。疲れきった状態で物事を進めていくより、心身ともに元気な状態で判断したほうが良い決断ができそう。

疲れてネガティヴな時って変なものばかり掴んでしまうし。

5月後半にポツポツと転職関連の予定が入ってきました。なんだかんだ3月に転職活動を始めてから、ちゃんと自分で応募したのってまだ3社だけだ。

転職エージェント経由でも一応、応募はしてますが、やはり自分の仕事を人に探してもらうのってむず痒い。条件は良いけどちょっと違うかなと思いつつ応募した案件も。エージェント経由だと膨大な採用コストもかかるだろうし、私にはあわないのかも。

転職活動はのらくらといった感じですが、応募できる仕事が無い!というよりは、納得して働ける求人を真剣に選んでいるから進んでいないという状況です。

選べる立場ではないかもしれない、けど選びます。私はこの程度の人間だから、興味もないし条件も納得出来ないけど面接に来ました!正社員になりたいから我慢して御社で頑張ります!のほうがよっぽど失礼。もし入社できても絶対どこかで噛み合わなくなる。

私は30代、非正規、新卒で早期退職経験あり、と残念な職歴ですが、こんな状態でもそれなりに需要はあるなあという印象です。

私がというより、単純に労働者が足りてないのかなという印象です。お話を伺った会社からのラブコールが凄いです。人事の方から連絡が来る時間が22時過ぎとか、日曜の夕方だったり、どうにか人を確保したい、そんなムードを感じる事があります。

少子化団塊の世代の退職、就職氷河期で中間層の労働者が手薄、地方移住ブームなどなど要因は色々ありそうですが、IT関連の企業等新たに出てきた仕事もあるし、転職活動すればどこかには採用されるのだろうなあという印象です。

転職しようと思うと話した時、そんな事は無理。と反発してきた人もいましたが、転職活動の途中経過としては、そんな事は全然ないよ?というのが所感です。

絶対そんな会社入れないと昔なら諦めていた会社から挑戦しています。良い求人を沢山見ることで、条件が悪い求人をスルーする習慣ができたのは良い収穫でした。

ネットで「30代 女性 転職」で検索をかけると、あなたは甘いとか、年だから無理という書き込みや転職に苦戦している方の情報が上がってきます。

それは、私のように不安な気持ちで調べて、やっぱり?やっぱり大変だよね?という気持がそんな情報や不安につけこむ人を引き寄せてしまうのでしょうね。ネガティヴな世界に引っ張られるだけだから、いまはそっとしておこう。

これからは好きなこと、得意な事で食べていく時代だという考え方をよく見かけます。例えば、かつては漫画やゲームは勉強の邪魔になるものという考え方をされていましたが、転職活動で求人を見ていて、漫画やゲームに詳しい事が有利になる職業を沢山見かけました。

私はゲーム、アニメ、漫画にはあまり関心がありませんが、これらのものがすきだったらもっと職業の選択肢が広がるのになあと思うこともあります。

好きなことを仕事にする事が幸せか?というと私も失敗した経験があるので何とも言えませんが、好きな事を仕事にするチャンスは増えているように感じました。

目指すのは、無理なく長く働ける事と、仕事の中に楽しみや多少のやりがいを求められる事、もしくは苦痛でない仕事を選ぶ事。

だから、慎重に企業選びをしています。

さっさと転職活動を終わらせたい、求人見るの疲れたな〜なんて思う時があるのですが、大事な作業ですから、時間をかけようと思います。

疲れたら多摩川へgo!


広告