読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気楽に暮らしたい。

3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

疲れたから、何にもしない日にしよう!

今日はお休み。雑貨製作の納期が迫ってきたので今日は作業!と思いましたが、歯茎がパンパンに腫れてきた。歯茎が腫れてきたら疲れのサイン。

…そうだ、何もしない日にしよう。

連日作業を重ねていたから、進みはまあまあ。今日は旅の最終手配だけをノルマに、何にもしない日にする事に!

やったね逃避行、最高!

旅の手配は20分で終わらせて、あとはフリータイム。

雑穀米とぬか漬け、冷蔵庫にあったナスを使ってナス味噌に。

洗濯をしても11時。何もしないと決めたものの、特にやることも無いので簡単自炊。

最近はまっている古代米甘酒をお友達にも飲んで欲しくて、電車にのって買いに行くことに。

ついでに2週間ほどほったらかしのアクセサリーを委託しているお店に様子を見に行くことにしました。

お店に行ってみるとアクセサリーは程よく売れて、在庫の補充もしていただいていました。もろもろひかれてしまうけど、ものぐさだから、レンタルボックスは気楽。

そして、アウトプットする場があることで本当に良いデトックスになっている。

アクセサリーは持ち運びが楽だから、アクセの材料とトランク一つでさすらいの作家になる妄想も膨らむ。旅先で雑貨店でもしながら少し収入を補いつつ、旅する。

トラさんスタイル。そんなことができたら楽しいだろうな。今も似たようなことはできているけど、どうせなら世界を旅するのも楽しそう。

買ったらきっと最高だろうなと思いつつ、座り心地の良い特大座椅子の購入を躊躇してしまうのは、時々家を断捨離したいと思う時があるからです。

家賃って出費の大きな部分を占める。収入の1/3とかすぐに無くなってしまう。

フィンランドではじめて泊まったドミトリーがおもいのほか快適で、ドミトリーに泊まりながら、少ない荷物でさすらってみたいという願望が沸き起こる時があります。

昔、50代後半でドミトリーを使ってはじめて一人旅をした女性のブログに影響をうけた事もあり、年齢を重ねてもそんな旅をしていたいと思う。

海外では年齢を重ねてもゲストハウスを旅行に使う方は沢山いて、身軽で良いなと感銘を受けた事も。

ルームシェアをしていた経験も大きいかも。

そんな思いや経験から、物を買うときはこれ、また捨てる羽目になるのではという思いが頭をよぎる。特に大きなものを買うのは躊躇してしまう。

基本的には、やっぱり物は好きだな〜と感じる。

自分を大切にするために、もう少し物を増やしたいという思いと、家ごと捨ててみたいという思いを行ったり来たり。

座椅子のかわりといっては何だけど、ポケットリフレが最近気になっていて、これは買おうかな。マッサージ一回分位の値段だし、これなら持ち歩ける。

これは絶対買おう。

スーパー銭湯に行くはずが、荷物を置きに帰ったらそのまま昼寝してしまった!

だが、それも良し!

今日は何にもしない日だから!