気楽に暮らしたい。

3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

おうちでのんびり。お正月の過ごし方。

 f:id:mim222:20160101175124j:image

 
ミニマリズムに出会う前は、
お正月の楽しみといえば、バーゲン!でした。
 
洋服を予算内で買いまくる!
それがお正月の何よりの楽しみでした。
 
12月頃から何を買おうか楽しみで、
雑誌をみながらどんなアイテムを買うか構想します。
 
バーゲンが始まる1/2あたりは毎年バーゲンに出かけて、
もみくちゃになりながら、
ぐちゃぐちゃになった洋服を必死に物色していました。
 
50%OFFや70%OFFの赤い文字が、
闘牛のように私のボルテージを上げていきます。
 
安くて可愛いものが欲しくて、
お正月からギラギラしていました。
 
定価で買うより、こんなに得をした!
なんて戦利品片手にほくそ笑んでいたっけ。
 
特に新宿のバーゲンの混み具合は凄かった。
お会計に1時間の長蛇の列ができていたお店も。
 
お目当てのお店に早足で向かったり。
年始からもみくちゃ。大忙しでした。
 
最小限を心がけている今は、
そんなお正月の過ごし方をする事は当分ないかな。
 
思えば、以前のお正月は欲にまみれた期間で、
物欲だけではなく、食欲も。
 
ここぞとばかりに年末に食べたいものを
買い込みまくるのです。
 
まあ、今年はやらなかったけど、
これ位は一年に一度の楽しみであってもいいかな。
 
今年は特別な事はしないで、
おうちでのんびり過ごそうかと思います。
気が向いたらピザでも生地から作ろうかな。
 
何もしないのが一番の贅沢。
 
そして、お正月にどこかに出かけて、
サービスを受けられるのは
お正月休みもなく仕事をする人がいるから。
 
私自身もお正月休みが取れず、
1/1からクレーム三昧!な
最低なお正月を過ごした事もあります。
 
1/1から仕事をするのは中々最低な気分です。
そんな職場に限って、代休もあまりとれなかったり。
 
そういった経験からも、
お正月はなるべくおうちでのんびりしていようかと。
 
お正月にどこかに出かける時は
働いている方にご苦労様、ありがとうの
気持ちを持って接したい。
 
海外みたいに祝日は、がつんと
みんなが休める風潮になればいいのにな〜。
 
お正月は社会がまわるのに本当に必要な一部機関
以外は閉店して、みんなが家でゆっくり過ごせるのが理想的。

 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -