送料無料 CLASKA DO クラスカ ポシェット ショルダーバッグ BANK ブラック 日本製 レディース バッグ 鞄 カバン 斜めがけ 軽い 軽量 小さめ シンプル おしゃれ 黒


気楽に暮らしたい。

ミニマリズムで1人で生き抜く。コロナ失業とマッチングアプリ婚活で心折れました。目標は生き抜くことに下方修正したアラフォーのグダグダ。

60歳の自分へのプレゼント

f:id:mim222:20210914221158j:image

休日出勤や急にぶち込まれた婚活デートで12日連続稼働となってしまい、いろんな疲れが一気にきてしまった。

 

体の疲れと気候のせいもあってかメンタルが悪化してしまい、お茶も沸かさず、ご飯も作れず、コンビニ弁当、マック、ポテチ、ポッキー、コンビニスイーツなど末期症状だった。睡眠、整骨院、足ツボ、スーパー銭湯で久しぶりに息を吹き返した。明日は久々に自炊をしてみようと思う。味噌汁と冷凍ご飯はあるので、豚丼でも作ろうかな。

 

20代は自分を幸せにしてあげられなかったから、30代中盤の3〜4年でやりたかった事全部やりました。結婚して子供作る事以外は全部叶ったかなと思います。

 

学校に行き直す、クリエイティブの要素があるし仕事をする、フィンランド一人旅、国内ゲストハウス旅、友達とイベントをする、美味しいものも食べる、欲しいものを買う、ミニマリストになる、転職活動、正社員になる、派遣社員も経験して、恋して、みんなで沢山笑って、時には人に褒めてもらって。3〜4年でやりたかった事を全部やれた気がします。青春を後ろ倒しにしてしまいました。あとは淡々と生きれれば良いかなと思っています。コロナ失業を経験して、仕事して自立して生きているだけですごいことなんだなと思うようになりました。

 

「変わりたい!」そんな気持ちが強すぎて、色んな人を払い落として来た気がします。今思うと変わらなきゃ!と思っていた足元にある幸せもあったんですがね。

 

これからは仕事があって、住む家があって、ご飯が食べれて、健康でいれて、お喋りをする人がいれば十分すごい事って思えそう。10代20代で描いた分かりやすい幸せを追いかけなくても満たされそう。

 

10代20代はおしゃれや服や雑貨、旅行が自分へのご褒美で30代前半は自分が生きたい生き方をプレゼントしました。

 

東京にきて20年あっという間で、次の20年もあっという間なんだろうな。子供を育てるどころか現役が終わっちゃう 笑。20代の自分は10代の自分へは大学へ行ってホワイト企業へ入社してくれたら良かったのにと思っていた。30代前半の自分は20代の時の自分に、嫌なことやめて好きな事どんどんしてくれたらよかったのにと思った。30代後半の自分は今の私は人生は自分の手で切り開くよ。あと3年早く今の私になっていたらよかったけど、まあいいかとやっと自分と折り合いがつくようになった。欲しいものに手を伸ばし切ったのでわりと満足をして過去の自分を責めなくなった。

 

あの時あの時と過去の自分を責めるのをやっとやめて、未来の方を向いた時に60歳の自分に何をプレゼントしてあげようかな〜などとふと考えたりする。

 

ポテチやクッキーと表現しているけど、目先の誘惑って手に取って食べる瞬間は快感だけど、後々後悔する物って結構あります。

 

クリームたっぷりの甘いケーキ、マクドナルド、ケンタッキーフライドチキンストロングゼロを飲む、将来性のないイケメンの彼氏と過ごす時間、安易に仕事や学校を辞めてバンドマンやYouTuberになる、転職活動に心折れてとりあえずの派遣でずるずる働く、若くて可愛い時にしかできない仕事、安い服を沢山買う、家賃の高い賃貸を契約する、借り入れをして無計画に起業する。

 

目の前の幸せは時限爆弾だったり、目の前の苦痛は穏やかな未来の為に必要な試練だったり。若い時はなかなか加減が難しいんですよね。

 

婚活のおかげか、会社の若者を見て地味だけど絶対に素敵な旦那さんになる青年の見分けがつくようになりました。そりゃ大人にやいのやいの言われるわけですよねえ 笑。若い時は嫌でしょうがなかったけど。

 

アラフォーの婚活は、素敵な男性の大半は子育て真っ最中かすでにパートナーがいて、年下男性は子供が産める30代前半までの人とマッチングできるという現実からスタート。実際に活動してみるとそればっかりでも無いんですけどね。ハイスペ過ぎて釣り合わないと思うような人が何故かぐいぐい来てくれたり、なんだか気が合わない人、良いなと思った人には片思いでスルーされる、はじめての理系男子に戸惑ったり、アラフィフおじさんにキレられたりと色んな事がありました。

 

アラフォー婚活のその後は良い人が見つかる、愛情の原石を磨く、婚活であった人ではなくて身近な人を勇気だして自分から誘う、1人で生きるなど、それぞれの道へ‥。優しいけど収入が少ない男性(年収240万円位)とバリキャリ女性のカップルも周りに数組います。コミュニケーションがとれて、優しい男の人って年齢を重ねるとどんどんいなくなってしまうんですよね。

 

婚活してみて思ったのは、リアルで会う男の人のほとんどは素敵な男性ばかりという事です。働いていてコミュニケーションが取れて、普段の自分を多少知っていてくれて、あい手のことを知っている。婚活市場に出てもいなくて。今思うとみーんな良い男性ばかり。そしてその素敵な人達は年々いなくなっていくんです。残った方はなかなか手強くて、極度の草食、結婚願望なし、遊んでいる、破滅に向かう何かがあるなど。

 

マシュマロテスト的な問題に加えて、もう一つ、幸せを遠ざけていると感じたものがある。大人の愛着障害。幼少期の愛情を感じられなかった人にも起こるらしい。

 

・〇〇さんに愛されたい

・〇〇さんに私の事を見て欲しい

・愛されている自信がないから試し行動をする

・愛されないなら無能の証明をする

 

子供だったら、気を引きたくて叩いて怒られるなど、相手が嫌がらる事をして反応を見たりするそう。私はもう末期の症状のようで、なかなかこじらせてしまっています。

 

パートナーや所属している組織に対して上記のような気持ちが心のどこかにある感じがしています。上手くいかないのは大人の愛着障害の問題がある気がする。これらの行動がエスカレートした行動がメンヘラと言われる行動なのではないかと思います。

 

近頃はYouTuberの方のゴシップを目にするようになりましたが、目の前のポテチやクッキーみたいな事を我慢できない+大人の愛着障害がミックスされた状態だったりするのかななどと思ったり。

 

目の前のポテチやクッキーは食べた瞬間は快感だけど未来の自分は喜ぶわけない。20年後に40歳の時に買った古びた大量の安い服と100万円なら、100万円の方が嬉しいに決まってる。

 

60歳の自分にプレゼントできそうなのは、積み立てNISA、年金少々、楽しい思い出、友達‥。あたりでしょうか。健康、安心して住める家、少しでも年金を多くプラスしてあげたいところです。仕事もね、プレゼントになるのかな。派遣社員はどう考えても無理。

 

旦那さんはどうでしょうか?愛はなくてもお金がある人と、好きだけど結婚してくれない人、気が楽だけどお金がない人、もしくはひとりぼっち。60歳のあなたはどの選択肢が良いでしょう?

 

2回デートしたいまいち好きになれない理系男子、マッチングアプリで明治大正のような言葉で恋文を送ってくるアラフィフ男性‥。結婚する気が全くない前職の方に自分から告白してみる。それとも来月新たな婚活サービスにトライしてみる?

 

子供がいない事は寂しいけど、ゆっくりした人生とお金を自分に残す事ができるからよかったのかもしれません。

 

友人はマッチングアプリであった彼と結婚に向かっています。年収、年収と言っていた彼女でしたが、今は「一般的な幸せに当てはめるんじゃなくて、2人で自分達の幸せを作っていこうね」と彼と話しているのだそう。なんて素晴らしいの。

 

あいにくそんな言葉をかけ合う相手は私にはいないので、自分と対話してみたいと思いました。