気楽に暮らしたい。

2017年3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

年末は思い返す時間をしっかりとりたい

f:id:mim222:20181211211307j:image

満額ではないけどボーナスと、思いがけずこんなに長く休めるの…?という長い長い冬休みを頂くことができました。

 

ついこないだまでは自分には永遠に手に入らないものに感じていて、それが欲しいという事さえタブーのような人に囲まれ、何より自分がそう決めつけてしまっていた。

 

本当はちょっと手を伸ばせば届くのに、どうせ無理と拗ねて、拒んでいたのは自分だった。そのブロックを解除してみたら面白いようにぽろっと入ってきた。

 

ちょっと前だったら、悪いんで…とか言って気持ちだけ満足して恩恵を得ることはなかっただろうけど、感謝して、今だとばかりにいただくことに。

 

それで良かったのに。拗ねて勘違いをして、勇気もなかったし、ただをこねて文句を言っているのも好きだったのかもしれない。でも、そういうのももう辞めよう。

 

特に、正社員やボーナスは、本当はもっと早く手にすることもできたはずです。

 

自分が思った世界を切り取り、目の前に作り出してしまう。

 

ボーナスのある求人も、正社員の求人も、休みの多い求人も沢山あったはずです。でも手にできなかったのは、たくさんの勘違いや呪いで自分にブロックをかけて手を伸ばさなかったから。目の前に差し出されても拒んだから…。そんな感じです。

 

ブロックは他にもいっぱいあるけど、会社を辞めること、正社員じゃない働き方、会社を辞めること、転職する事、幸せになる事、そして最後に愛のタスク。

 

1/3が離婚をする時代、結婚やパートナーを作ることはまったくゴールではないけれど、以前と変わった自分がどのうよな輪を作っていけるのかも楽しみだったりします。

 

今はまだ、駄々をこねているような、なんかそんな感じ。まあ、この歳なので、合いそうな人が自分に興味を持ってくれたら奇跡的…!かな。まあ、色々やってみます。

 

今日は色々とブロックしてくれていたあの子が、とても素敵な笑顔で扉を開けてくれました。あの子、とても可愛いかった。ありがとう。

 

そして、たくさん抱えていたから何も手にすることができなかったこと達が、ひとつひとつ離れていっている。怖い、取り残される、でもクリアになっていく。

 

何が残るかなぁ。何も残らないかもしれない。怖くて手放せない執着みたいなものを一度全部捨てて、自分でかけてるブロックを外すという作業を大掃除とともにやっていきたい。年賀状を書いたり、新年の挨拶をSNSじゃなくて一通一通書くのもいいかもしれません。

 

自分の「好き」を知る方法~本多さおりさんvol.1 | GINGERweb[ジンジャーウェブ]

 

本多さおりさんの記事が良くて何度か見返したいので、メモメモ。