気楽に暮らしたい。

2017年3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

不機嫌にしか生きられなかった頃を振り返る。

f:id:mim222:20181021012707j:image

仕事が忙しくなってきました。

 

職場にも慣れて冷静に色々見えるようになり、たまに不機嫌になる時もあります。

 

でも人と喋っていて、うーん、でも毎日夜寝る時、幸せって思うしなんて言葉が自分からぽろっと出てきて、あれ?と。単に布団に入るのが嬉しく眠りにつけるからというのもあるけど、ムカつくー!でもお給料は悪くないしなー、ムカつくー!でも正社員だし、ムカつくー!でも周りは良い人ばかりだし。ムカつくー!でも…

 

なんかこんな感じで。今までにない不思議な感覚。あとは、嫌なら辞めればいっかと。ストレスが溜まり始めると転職サイトのプロフィール更新。今すぐどうこうは考えていないけどアンテナははったままにして置くことに。

 

もし転職するなら…お休みが130日以上の会社、自分のやりたいことがドンピシャでできる会社。休みがいっぱいあるか、自分のカラーとドンピシャで会社でしかできない規模で仕事ができる事。私にとっての良い職場はこの2つ。130日以上お休みの会社は転職活動をしていてたまに見ました。やっぱり憧れる。

 

今は多少不満や不安はあるけど、前みたいに泥沼にはならずに済むかなーなんて。不満ばかりだった過去を振り返って思うのは、自分に人生の決定権があるという事を分かっていなかった気がします。 

 

自信がないから、一人になるのが怖いから、寂しいから、嫌な人も嫌な仕事も受け入れてしまった。寂しがりやだったのかもしれません。嫌な人や自分を攻撃してくる人はある意味、自分を構ってくれる人でもある。友人は、私は一人でも生きていけるから変な人間といるくらいなら一人でも良い。変な人はすぐ遠ざると言っていて、ああ、私、この人と真逆だったんだ、と。

 

嫁いびり系ハラスメント上司や先輩はいつでも自分を気にして、構ってくれる人、手のかかる拘束したがる彼、図々しい友人、憎かった人達は私を必要とし、私を構ってくれた人達でした。

 

「誰かに必要とされたい」こんな想いが軸になってしまっていたのかもしれません。だから離れられなかった。

 

今も、もっとこうだったら良いのにとかはたまに思うけど、明日生きるのも苦痛みたいなのはない。どんどん手放すし、やっぱり必要と思ったらどんどん入れるし。

 

最近よく聞く、ちょっと使ってみたくなるPDCAサイクルを回す…ってのをいつのまにかできるようになったからかもしれません。プラン、ドゥー、チェック、アクション。計画、実行、評価、改善をグルグル繰り返すあれ。

 

「嫌なことやめて好きなことやる」です。

 

好きな人、好きなこと、居心地の良い場所の周りをうろちょろして、嫌なことやめて好きな事をする。言いたい事を言う。私の機能だけを求める人には嫌われてよしとする。蜘蛛の子散らす作戦はドンドン使う。

 

言いたいことは、主に照れくさくて心にしまってしまうような事をいう。本当に言いたい事ってなかなか言えません。

 

こんな事してもらって、言われて嬉しかった、感動した、もっとあなたと話したい、すごく憧れています、会いたい、あなたのことが大好きとかそんな事。気恥ずかしくてちょっと勇気が要りますが、この辺りを今頑張っている。

 

まあ、でも、自分の持ち前の範囲で頑張らなくても自然に言えるような相手と巡り会えたら…というか、周りを見渡してみるのも良いかな。

 

不満は相談事として感情的にならないなら言っても良いけど、蜘蛛の子散らす作戦推奨。

 

自分のテリトリーに誰を、何を入れるかは全部は無理でも自分に決定権があったのに。