気楽に暮らしたい。

2017年3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

【30代の転職日記】うじうじ転職日記。

f:id:mim222:20180531233325j:image

「職歴がすべてなのかね〜」

 

学校で学んだことを生かそうとすると、未経験になってしまう。業種としては経験があるけど、職歴としては未経験。

 

ちょっとずらせばオファーは色々あるけど、明らかに病みそうな案件とか、2度とやりたくない前職の仕事。

 

応募している業界は、専門職寄りで初めは派遣でも、個人でやってたとしても、力がある人ならこれまでの雇用形態も、社歴も関係ない。そんな世界なのだとか。

 

ちょっと特殊な世界のようで、未経験だと全然採用されないから、バイトとか派遣とかからはじめるのは普通で、年齢もむしろ20代より30代のほうが需要があるのだとか。

 

相当吟味し、そもそも、無理めな企業からトライしていることもあり、全然通過しない書類。これぞ!と頑張って色々修正した挙句、気合いを入れて応募した会社からは無視されるwせめてお祈りされたかったわ…。そのかわり、web履歴書はブラッシュアップされ、応募後に優先順位が上がるのか、企業からアクションもあって面白い。経験重視ということもあり、前職のオファーはいっぱいきます。2度とやりたくないけど、この会社自体には入りたいなあと思うものもあって、どうしょうもない場合は考えないとダメかな🙅‍♂️とりあえず、トライ&エラーですね。

 

だって、苦労するのははじめから分かっていたのです。この、うんうん悩んでいる事も大切な過程なような気がして。こういう事から逃げ回っていたから、生き辛さが溜まりに溜まって爆発してしまった。いま、徹底的に考えて、頑張ってみたい。

 

どんな答えが出るのか分からないけど、めちゃくちゃ考えて、トライした後の答えなら、なんでも受け止めてあげたい。派遣やバイトに雇用形態を落として、やりたい事、行きたい会社に突き進むもよし、保守的な正社員を目指すもよし。

 

保守的な選択をした場合は、自分でやりたい事をやるので、どっちを選んでもやりたい事をやる人生にはなるんだけども。

 

もし、思うように行かなくても、後の気持ちが違う気がする。「あの時もっと頑張れば」の世界ではなく、あんなに頑張ったのに無理だったんだからしょうがない!って笑ってたい。逃げたり、妥協したりするかもしれないけど、それでも、1つ位は望みは叶えられるかな〜。

 

そして、うまく行かない時は、そっちじゃないよの合図だから、どんな適切なものが流れてくるのか楽しみにしていよう。

 

転職活動を再開してみて、前回より幅広く転職活動をしている事もあって、転職サイトごとに特色があってなかなか面白いです。

 

あとは、派遣が進化している。私が知っている派遣は、切られたら終わり…のタイプだけど、派遣会社の正社員として企業を回るタイプのものや、派遣会社の正社員として企業を回って最終的には派遣先企業の正社員を目指すタイプの派遣とか。

 

契約社員でも、無期雇用を目指せるタイプのものや、正社員登用率が高いものなど、色々あって面白い。あとは、大企業のバイト。バイトでも正社員の月給並みにもらえるエンタメ系の仕事とか。

 

なんたら社団法人的なものとかってどうなんでしょうか?

 

ほんと、「何を軸にするのか」が大切なんだな〜。突っ走るのも、良いと思うけど、なんか、そんな気力も無くなってきてしまって、ほどほどに働ける仕事が良いな〜でもせっかくだしな〜とユラユラ揺れている。

 

キラキラ系は体力がいる。出会いは欲しいが、そろそろ静かに過ごしたい気もします。

 

この1年間の隠居生活は、今のところさほどつっこまれたりもせず。きっと、勢いで行った学校のお陰です。幸い、職歴とも繋がっていた事もあり。

 

旅より、隠居より、学校が最強でした。楽しい仲間といっぱい出会えた事が1番良かった。

 

ただ、すごく転職に有利かというとそうでもなく、学校は「遅延証明書」くらいな感じ。30代、なるほど、「職歴」がものを言う。

 

ただし、覆せるものが一つあり、それはコミュニケーション能力。営業は未経験でも入りやすい職種の一つだし、専門職でも、やっぱり、最後はコミュニケーション能力だよねという話になった。私は、そこだけは人から見ると長けているのだとか。

 

私的には定期的にシャッター降ろしてるから気がつかなかったけど、そんな事を知人経由でうけた案件のフィードバックをもらいました。

 

経歴の足りなさを感じ、NGラインだな〜私、そんな事を感じながらも、人事の方に色々と想いを伝えていたら、グラグラその方が揺られているのが分かった。

 

そうは言っても、相手も、人間なんだなあなんて思いました。面白いです。