気楽に暮らしたい。

2017年3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

自分を幸せにしてあげること。

f:id:mim222:20180520184508j:image

 

ひとりぼっちの人生に逆戻りしてしまうのか…という不安は全く外れて、会社の繁忙期のようにバタバタした時間と、気を揉むような一波乱も終り、やっと一息。

 

一息つきながら、やっと、ぼちぼちと転職活動をはじめた。あせるけど、なんとなく、ゆっくり出来るのは今だけで、この後の人生はなんとなく、ずっと賑やかで、忙しくなる気がしていて、贅沢してしまえという感じです。

 

根拠はない。なので、本当は物凄く焦ってます。

 

自分には「幸せになれない思考グセ」がある事をなんとなく理解してから、幸せな人とのお喋りから色々ヒントをもらうようにしている。

 

幸せな結婚をして、経済的にも問題がなく、家庭に大きな波風もなく、勿論、それぞれ色々あるけど、いわゆる「幸せな人」達になんとなく共通しているのは、表には出さなくてもちゃんとNGがある。幸せの匂いがした時は自分からいくこと。

 

攻めと守りがあるのです。

 

自分をむしばむ人や物事はやんわりと、時には当然のごとくシャットアウトして、自分を楽しく幸せにしてくれる人や物事には自分から輪に入っていく。

 

なんというか、全てにおいて背伸びをし過ぎず、自分を落とし過ぎず、やるべき事には取り組み、何とも自然で絶妙なバランスで、ああ〜、こういうことかあって。

 

それで、この間お喋りの中から、またヒントを色々もらって、私、間違っていたかも…と思ったのは、好きな人とずっと一緒にいたいとか、目指す職業があった時などは「目標」を目指して、自分を殺して努力を惜しまないような、なんかそんなイメージだった。

 

目標ありき型。みたいな。

 

でも、良いなあと憧れる雰囲気の結婚をした人たちに話を聞くと、「そのままの自分を受け入れてくれて、自分を幸せにしてくれる人はこの人しかいない」と思ったから、自分から食事に誘ったり、結婚したい、付き合いたいと言った。

 

という話を聞いて、なるほどなあと思った。仕事も、そうかも。

 

私なんぞのようなものにはそんな事出来ない…😱😱😱と思ったけども、彼女達のパートナーとお会いすると、ああ、こういう方となら、そんな行動も取れるかもしれないという雰囲気の良い感じのパートナーさん。

 

良い感じ、本当に、良い感じで、素直に憧れます。2人の間に流れている、あたたかくて居心地の良さそうな空気感。

 

子供の運動会にいそうな、思いやりがあって、頼みごとをしたり、されたり、時には甘えっぱなしだったり、一緒にいると安らげそうな、なんかそんな雰囲気。

 

今日も明日も一緒にいたくて、子供のお父さんに良さそうで、自分も好きな人。色んなことを相談できて、協力して生活していけそうな人。

 

なんか、こんなイメージ。

 

それで、私は残念ながらパートナーは全然できる気配もないので、とりあえず、自分の事を、自分で幸せにしてあげようと思って、どうしようかなあと考えている。

 

転職活動をしていると、色々とシビアな事もあるので、将来不安症候群に集団ヒステリー的になっていましたが、色々調整してやっと元のペースを取り戻してきました。

 

自分を幸せにしてあげる事。幸福の自給自足、何をしよう。

 

嫌な事を辞めるとか、やりたい事をするとか、背伸びし過ぎないとか、自分を信じてみるとか、周りを頼ってみるとか。

 

仕事も、どうしようかなあ。本当は、起業したって、フリーになったって、フリーターでも、パートでも、何だって良いはずなのにな〜。

 

「好きな人」と付き合うというよりは、自分を幸せにしてくれそうなパートナーを作ってあげたいな〜とか、無理のない仕事をしてほしいな〜とか、でも適度な収入を自分にあげたいな〜。優しくて楽しいお友達、たまにはイベントごとを、たまには1人で思い切りダラダラゴロゴロ。

 

自分に聞いてみるしかないのです。

 

何をしようかなあ…!