気楽に暮らしたい。

2017年3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

ベルトコンベアにのって、社会へ。

f:id:mim222:20180222225635j:image

 

1年前、1年間隠居しようと思い立って会社を辞めた。

 

絶対にそうした方が良いという直感と、会社への憎しみと 笑、恋い焦がれた仕事が採用間近で宙ぶらりんになったり、体が悲鳴をあげたから…です。

 

体調が崩れるのは、体からの大切なサインだと今は考えています。症状は敵ではなく、お知らせをしてくれているだけなんだと。

 

職場にもよるけど、体調不良で休む事は、難色を示される事も多いから、自分でサインを大事にしてあげて、どうして行くか、自分で自分を守るしかない。

 

無謀に近い選択だと自分でも思っていたけど、何だかんだ、1年間、過ごせてしまった。本当は隠居数ヶ月たった頃、転職活動を再開して働くつもりだったけど、大きな流れがあって動けず、何となくの流れで学校に行くことにした。

 

結婚をするか、どんなに辛くても会社に、社会にしがみついていないと生きれないと思っていたから、こんな生き方を自分がして、ここまで来れてしまった事が不思議でしょうがない。

 

会社を辞めた頃は、こんな選択をしたことを面白がってくれる人もいたし、ポカンとする人もいた。今は、同じ選択をした人か、面白がってくれた人、温かく見守ってくれる人しか周りにいない。

 

一歩踏み出した世界は、元いた、辛くてギスギスした世界とは全然違う、優しくて楽しい場所だった。そんな世界は自分とは別の世界だと思っていたから、欲しいものには触れられなくて、嫌なものにはしがみつくような生き方をしていたあの時間は、何だったんだ。

 

何より、自分自身がまさか1年もこんな暮らしをして過ごせるなんて思ってもいなかった。

 

この1年間はひたすら流れに逆らわずに過ごして、自然の流れでここまできたけど、ついに、ベルトコンベア式に社会に戻される流れがきた。

 

導かれるように軽い気持ちで入った学校は、スパルタ気味で心が折れかけたけど、沢山の新しい知識を詰め込んだ。落ちこぼれたり、手を抜きつつも、何だかんだ資格も取った。

 

のらりくらりとゆっくりした流れが、徐々に「高速」のスイッチに切り替わり、そして、もうすぐ「超高速」に切り替わる。

 

なによりも、資金面で、これ以上の隠居は無理なのです。こっから先の事は、どうしたら良いのか、まったく想像がつかない。

 

流れに、心がついていかないけど、それでもきっと、気がついたら働き始めて、色々ありつつも、多分それなりにやって行くのだとおもう。

 

3月、4月はきっと転職活動にあけくれて、5月か6月には働いているんだろけど…。こんなんで大丈夫なんだろうか。

 

心折れたり、文句言ったり、怒ったり、時に体調もくずすだろうけど、そんな事があってもきっともう、大丈夫な気がする。

 

この1年間で、色々あって、人に優しくしてもらったり、笑ったり、お喋りしたり…。自分の中に愛と強さと、何だかんだ人が好きなんだという思いがあることに気がつきました。

 

会社を辞める頃は会社へ、社会へ、まわりの人へ、そして自分自身にも不満と怒りでいっぱいだったというのに!

 

今の私の印象を周りに聞くと、いつも笑っていて、愛情が深くて、面倒見が良い人に見えるのだとか。

 

前職では、真顔で仕事か、怒ってるか、ため息ついているか、愚痴ばかり言っていたのに。しまいには、笑っていると、え、○○さんが笑ってる!と驚かれた事もあったというのに。歳を重ねる事も、先の事も不安ばかりで、未来も、世界も、わたしにはとても怖いところに見えていました。

 

今は、何だかよくわからないけど、これから先、色々あっても、さっと避けたり、怒ったり、笑ったり、人に頼ったりして、いろんな事があっても多分大丈夫って思っているから、生きるのが怖くない。

 

例え、このまま独り身だったとしても、きっとそれなりに楽しくやって行く気がする。

 

そんな事をぼんやりと思っていて、ああ、「生き辛さ」から、解放されたのだな、と。そしてその事と、自分の中の愛と強さに気がついて、ずっとずっと怖くて、でも憧れていた事、私は、「お母さん」になってももう大丈夫なんだと思えるようになりました。

 

歳も歳だし、お相手が見つかる気配も全くありませんが、そうなっても大丈夫だと思えた時、ああ、呪いは解けたんだなあなんて。

 

これから先の事はよく分かりません。

でも、分からないから楽しいのかもと思えるようになりました。今いる場所が自分の想定外の場所で、最高に楽しい場所だからかもしれません。

 

とりあえず、2月いっぱいは今目の前にある事をひたすら片付けるのみ!

 

さーて、どうなる事やら。