気楽に暮らしたい。

3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

家を見渡して、嫌なことをいくつか辞めてみた。

最近はすっかり、テレビっ子です。あとは、音楽を購入したり。テレビは出したりしまったり、が今の私にはちょうど良い。

最近は過保護のかほこを見ているとグッときてしまうことが多いです。今までだったらもっとも苦手な類のドラマのはずなんだけど、「お母さん」の問題とかを考えてたりするからか、みると色んな気持ちが刺激されます。

心屋さんのブログでもみるけど、愛情に関する問題は突き詰めると、「お母さん」にいきつく。けど、子供にとって「お母さん」は凄い存在なんだけど、自分がお母さんが「お母さん」になった年を追い越して、お母さんになった友達の話を聞いて、20代の娘さんに何をそんなに求めて…と思う。

心屋さんは、夫に浮気されて〜とか、子供が不登校で…など家族の問題を抱える人にも、嫌なことやめて好きなことしたら?とアドバイスされているのを見かけます。質問者の本題からはそれた回答のようだけど、好きなことして嫌なことやめて自分の状況がよくなれば、追い詰められてた気持ちが楽になっていき、まあ、良いか…と思えるように、相手や自分を責めなくなるから不思議と上手く行ったりするのだそう。

なるほど〜と思ったので、以下2つを意識するようにしています。なんとな〜く。

・嫌なことをやめて、好きなことをする
・そのままの自分で愛されるから心配すんな!

転職活動もこの2つを軸にしたい…というか、軸にしないとまたきっと、ガッシャーン&ブラック企業行きになる気がする。

この2点って、自分に許すのは結構勇気がいるし、怖かったりします。自分から、どこかから逃げないで頑張らないと!変わらないと!が湧き出てくる不思議。

無意識に自分を責める癖が付いているのでしょう。で、それを見抜いたあんなブラックやこんなブラックや、私を責めることを手伝ってくれる人が寄ってきてしまったんだろうな。今はそんな人はいないけど、新しい場所で新しい人と会う機会が増えるから注意、注意。

で、部屋を見渡して、嫌だな〜こうしたいな〜と思いつつ、面倒くさかったり、お金使いたくないなとか思って、嫌だと毎日、毎回思ってたのにほっといたことを変えてみることにしました。

・洗濯物干しのハンガーがボロボロで。劣化でどんどん数が減っていき、不足しているのが嫌だった→新しいものに買い替えて数を少し増やす

・以前一度捨ててしまったけど、ハンガーにかけて収納したい服もあるから、押入れにハンガーラックが欲しい。すべての服を畳むのは面倒くさい!カバンの置き場が微妙。以前持ってた場所をとるものじゃなくて、横幅が50㎝位のコンパクトなものが欲しい。色は白が良い→伸縮ができて、理想にぴったりのものを楽天で発見したので購入

あとは、ここにS字フックがあったら良いのに…とか、食器棚の棚の高さ(高さを調整できるタイプ)をずっと不便に思っていたから変えたい、タワシは手編みのアクリルタワシを鍋用とお皿用で分けてずっと使ってたけど、タワシはレデッカーの持ち手が長いものにしたい(500円くらい)、とか、お化粧品が増えてごちゃごちゃするけど、メイクをする時間をより快適に楽しくしたいから無印の木のボックスに入れて収納したい…。

とか、結構色々出てきました。物を買うことで解消できるものは買ったり、捨てたり。気持も部屋もスッキリしました。

外食も増やそう!数百円高いセットで満足できるなら、そっちを頼む。電車に乗って好きなカフェももっと行こう。

隠居生活への不安からも、とにかくお金を使いたく無かった。捨てる、削るはできてたけど…。もっと早くやれば良かったのに〜。過去、ハンガーラックは要らない!と思ったのを覆したくない頑固オヤジみたいな気持ちだったのでしょうか?

おもしろい。

「嫌なことやめる、好きなことをする」は変化をするし、どんどん循環させていって良いんだからね!とか自分に思ってみる。

で、なんか楽に、楽しくなり、そうだ!あれ辞めよう!これ始めよう!とか、ここは変えないでおこう!とかワクワクと考えています。

そうだ、月額契約してるあれ辞めよ〜。ワクワク。若干ステイタス感はあるけども、いつも、いつも、それに関すること、何をしててもいつもいやだった!そう言えば!辞めよう。ワクワク〜。

いつも作ってるあれ!褒めてもらえることが多いけど、私は本当は好きじゃないんだ!作るのが苦痛だ、本当は。作るの辞めよう。そのかわり、自分が好きなものを作ろう!嬉しいな〜ワクワク。

あの陰気な時間は何だったんだろう。自分の中で少しずつ、循環が始まったような気がします。

で、一番大きく変化したいのは、「隠居生活」だったりします。もう十分!満喫しました。嫌な仕事を辞めて、好きなことした結果起こった、隠居生活もういいや、のやってみて起こった、循環。

そして…、少し前から準備をしていましたが、祝 隠居生活を卒業する運びになりました。といっても、まずは習い事をしつつ、転職活動に入る感じです。

今後は習い事をしつつ、体の調子もみながら、調整していきます。今年は天候が最悪だから、学生?塾生?みたいな事しつつ体の調子を見てるのはちょうど良いかも。

部屋を見渡して嫌なことやめて好きなようにしようと見渡してみると、何でこんなものが!?とビックリするような物も出てきて、大きなゴミ袋2つ分のそこそこな断捨離になりました。

もう、本当に何でこんなものが!?みたいな大物もザクザク。

そして、なんども断捨離してたはずなのに、目を通すことが無かった友達からの手紙が出てきたり、過去の恋愛の遺留品みたいな物も出てきて、周りの人から愛されていた、つめあとというか、証拠品みたいな物が出てきました。

愛されてた、ありがとう、そして、気がつけなくてごめんなさい、疑ってごめんなさいという気持ち湧いてきました。自分にま、周りの人にも。

私は、そのままの自分は愛されないと決めつけていたので、探偵みたいに愛されない証拠さがしをいつもしてたようだ。

愛されたいから変わらなきゃ、我慢しないと、頑張らないと。という気持ちも定期的に湧き上がり、今の自分を、定期的に否定して回ってたようです。そういう事が片付けていて見受けられて、ほうほう、と思いました。

・嫌なことをやめて、好きなことをする
・そのままの自分で愛されるから心配すんな!

私が変わったから、これから起こることが、色々と楽しみすぎます。