気楽に暮らしたい。

3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

自分フラグを立て直す。

もうすぐ帰国。指折り数えております。

暑いんだろうし、うるさいんだろうし…。

でも早く日本に帰りターーイ!!

うどん、たこ焼き、カツ丼、日本のボロネーゼ、たこ焼き、餃子、お茶漬け、日本のグリーンティー、白いご飯、柿ピー…食べたーい!!

食べ物だったり、白夜が思いの外体がだるかったりで、これはもう、体全体からの要望という感じ。

旅立つ前は文句ブーブーでしたが、海外は私にとっては生活の場じゃなくて、冒険しに来るところなんだな〜ということが分かっただけでも大収穫。

そして、自分はとても日本人的な考えを持った人間なんだという事を指摘されて、へーってなったり。

ブラック企業と排泄的なコミュニティやひとに絡まれなければ、日本はとっても良いところ。だから、旅先で色んな人と話したり、ブログを見たりしてて、変な会社に入社してしまったり絡まれたら、今度はすぐに辞めよう、自分を守ってあげよう。

旅中に今後のことがきめられたかというとそういう訳でもなく。でも、これはやらない!とか、こういうことやってみたいな…などどいった種まきのような事はできたから良しとしよう。

いろんな国の人と話せたし。1ヶ月で随分とグローバルな人たちに囲まれて面白かったです。本人はポカーンとしてましたが。

英語勉強したいな〜。いろんな人から英語はとにかく単語!と言われたので、コツコツ単語覚えようかな〜。

働きたいという欲求と、働かなきゃヤバイという焦りと恐怖、もう少し、やりたい事を潰したいという気持ちが競い合う。

恐怖を原動力にしてしまうと、一気に負の世界に引き込まれるから気をつけねば…。職業訓練校に行くことも考えたけれど、ハローワークの放つ負のオーラに引き込まれてしまいそうだからやめたほうがいいような気もしている。

バイトしながら民間の学校に通ったほうが気が楽かな〜とも思う。恐怖の世界に支配された環境に身を置くと、ドンドン負の方向に引き込まれる…。

登録したままにしているリクナビから届くスカウト求人を見ると、在職中になった、体の硬直を感じることがある。

体は正直な事!
でも、思えば、恐怖と怒りに支配された状態で書いた情報だし、なるほど、これじゃあこんな案件しかこないよな〜と。

今個人でやってる事を前面に押し出して書き直してみよう。恐怖に支配されていない状態で、フラグを立て直してみようと思う。

OL服を脱ぎ捨てて、ファッションを変えたように。