気楽に暮らしたい。

3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

ゲストハウスでダニと格闘してます!

もともとは、ちょっと神経質入ってる位の人間でした。

口コミなどで、そんなこときにするの?みたいな口コミを書いている人のような、神経質さだったと思う。

けど、海外のゲストハウスに泊まることが増えて、だいぶ強くなった。

ていうか、欧米の人たちを見てたら、あまり細かきことが気にならなくなりました。

個室で、ダニがいない環境なら、それだけで最高だと思う。

私は今、ホステルのベッドの上で、ピクニックシートをひき、体をかきむしりながらこのブログを書いている!

窓の外からは爆音のパーティミュージック、ドアの向こうはラウンジで、エンドレスで話し声&笑い声。

でも、今思っているのは宿泊してるホステルでいろんな人と知り合って、すっごい楽しい。そしてスタッフさんも優しくてこの場所が大好き。

そして、刺されたのが、南京虫じゃなくて良かったな!って事。

本当に強くなったな〜。ちなみにダニは、私の他にもあと数名やられています。

ダニダニホステル。

でも、もしも宿泊後に口コミを書くならば、とても楽しかったですというコメントと、高めの点数をつけると思う。

この状態でも。

他の宿泊者にダニにさされた件を話したら、スタッフに伝えてくれていて、スタッフの方も心配してくれてベッドかわって良いよって言ってくれました。

こっちの部屋は大丈夫だよ〜とか情報くれたりも。

色々あって移動はしなかったのですが、明日もう一度聞いてみようかな〜。

それにしても、たった10日で随分とクローバルな舞台で過ごしている知り合いが増えました。

留学してますとか、海外の企業で働きたくて、受け入れてくれる企業を探している子、日本で働いている外国の方(4ヶ国語も喋れる)

韓国、香港、中国、アジアからきている人達も英語ベラベラ!

みんなすごい。私は1人、ポカーンとしている事が多い。英語のシャワーに疲れて、部屋にこもったり、英語の会話がはじまったら、下を向いて何かを食べたり、飲んだりしたり。

本当に後ろを向いてる暇がなくて、外国で電車に乗る方法を調べたり、英語を勉強したり。

そして何より、ここには、こう生きるべき、幸せに生きてはいけないなんて事を口にする人は誰もいない。とにかく今いる場所にとどまりなさい。

そんなくだらないこと、考えるたり、口にしたりする人は誰もいないし、そんな事自分に思いきかせてる場合でもない。

そんな事に惑わされている場合では無かった!と心から思う。そして、やりたいこと、生きたいように生きてる人は、相手にも寛容的だな〜と思う。

そして、やはり、英語は共通言語なのですね〜。
本当に勉強しよう。