読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気楽に暮らしたい。

3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

隠居一ヶ月。働きたいな〜。でもな〜。

f:id:mim222:20170421123713j:image

 
隠居生活をはじめて約一ヶ月。
 
最近のお気に入りの隠居飯はささみの茹でたものを野菜で巻いて食べる事と、カレー粉とトマトで作る手作りカレー。
 
仕事を辞めて、週一のラーメンとお菓子を一日中食べるという恐ろしいストレス発散法をする事が無くなったから、在職中よりは体重が落ちてきました。
 
出かけるときは、音楽を聴きながら、歩けるところまで歩く習慣ができたから、これは続けたい。
 
ですが、基本はお菓子大好きだから、油断したらきっとすぐブクブクです!
 
日々、アクセサリーをせっせと作って納品して、思いつきで旅をして、なんだかんだ人と会って家にいる時間は思ったより少ないです。
 
友人開催の、お高いけど、心底素敵!と思うワークショップにも参加します。どんな人が来るのか楽しみ〜。
 
大好きだったな〜何してるかな〜って子に連絡してみて、メール無精なのに、メッセージのやり取りを重ねて、久しぶりに会おう!という事もしばしば。
 
そして、10年ぶりだね〜なんて響きにギョッとする。10年!?彼らに会えなかった時間は、自分と折り合いがついていなかった時間と同じ。
 
夢を叶えたり、幸せのバッジを手に入れた彼らに勝手に劣等感を感じ、生き辛さを感じて、自分に閉じこもってた10年!
 
10年経つと、一周回って離婚組が多発していたり、独立していたり、みんなの人生もより濃くなっていた。再開と共に、会社辞めた〜離婚した〜キャ〜良かったね〜❤️といった会話のできる居心地の良さに感謝。
 
離婚組とは、心機一転、自分らしく生きようね〜お互いよかったね〜と話し、独立して小さな会社をやっている先輩には、独立前の長旅の話を聞いたり。
 
学生時代の先輩には無職をだいぶいじられましたが、無職を理由におごってもらい、挙句その場にいた全員にちょっとしたプレゼントまでいただける事になりました。
 
それにしても、結婚してるか、自分で会社やったり、跡取りとなっていたり、お店出したり、みなさんご活躍されていて、これは、卑屈になってもしょうがない!と自分の卑屈の歴史にしょうがないの花マルをつけたり。
 
無職をちゃかされたら、よっ!社長とかいじり返したり…笑
 
※ごちです!係長!みたいな返しても良いかもねですね!
それにしても、最近、嫌な人とあわないし、自分で何かやってる人ばかり周りに集まるようになってきた。
 
念願のキラキラしたバリア、もしや作動している?やった〜。
 
自分と折り合いがついているから、今なにしてんの?と聞かれても、え?無職だよ!趣味でアクセサリー作りつつ、旅してると、いったことを言っても、面白がってくれる人が大半。
 
毒舌の先輩には無職をだいぶいじられたけど、自分と折り合いがついているから、そ〜なんだよ〜と笑って、むしろ、自慢してみたり。
 
昨日も一ヶ月前まで勤めていた職場の先輩と飲み会。在職中にばとってた、責任者の方が私と先輩と3人で飲みたいと度々言ってるらしく、以前ならフザケンナ😱で終わっていたけど、それも面白そうだなって思ってます。
 
たかのてるこさんに影響を受けて旅だった、許しの旅に二度出ていた事もあり、それも良いかな〜なんて。
 
あの頃は、バトルをしていた責任者も、私も、そして先輩も、自分と折り合いがついていない人の集まりだったけど、今は違う。
 
親族の会社を継いで早速バリバリ働いている責任者だった方は、やはり凄い方なんだな〜なんて思ったり。
 
たった一ヶ月ですが、旅二回、10年ぶりに友達に会う…などをしているうちに、会社に勤めていた頃の怒りはすっかり、楽しい旅行の思い出などで上書き保存されていき、かなり浄化されてきた。
 
そう、女は上書き保存!!
 
…そして、早くも仕事したいなあという気持ちが芽生えてきました。
 
ウェブサイト…、本、子供、ワークショップ、食品…だとか、フワフワと湧き出てくるワードや、やってみたい事を文字や企画書のようにして起こして、残すことに。
 
夢ノートの仕事バージョン。
 
パソコンをカタカタしながら、パワーポイントにあれやりたいな、これやりたいな〜という事を打ち込んでいきます。
 
就活の指針にしたり、再編集して、就活を始めたときに提出しよっかな?なんて思っています。
 
何となく、こんな仕事?とふわっと浮かんでくるものがあるのですが、まだ、どこで?なんの仕事を?が明確にならないから働きません。たまに焦るけど、ネタ作りの時間を十分とる必要があるように感じます。なぜだかわからないけど…。
 
これは直感にしたがってみよう。
 
一般企業への就活じゃないほうが良い気もしているけど、まだまだ行き先不明。
 
ただ、正義がずれた場所に行くのは、不幸の巻き込み事故の連鎖になるから辞めよう…という事は色んな人と話していて思いました。
 
旅先でも色んな人と会って、あ〜心底落ち着くわ〜と思う場所と、良い方なんだけど、何だかどうしても…???という感情が湧いてくる場所がある。
 
直感的な???や居心地の悪さは、これから先転職活動や恋愛をする上で、養っておきたい感覚だと思っている。
 
自分の経験やいろんな方の転職活動のブログを見ていると、面接や企業とのやり取りの際に…???という違和感があったのに、そのまま入社して、あわなくて退社というケースをみかけたからです。
 
旅先で楽しそうに穏やかに、かわいい雰囲気のイベントに出店されている方と出会って、そのイベントに参加したらとても心地よく、話す方話す方みんな良い方ばかりで話もあう。こじんまりした雰囲気のイベント。
 
反対に絶対に悪い方達ではないのに、…???という感覚が湧いてくる事が。きっと、方向性の違いからくるという感覚。
 
何となくあわないなと思っている土地で起業して、仲間をとても大事にしているから、質より利益重視!ビジネスになるなら自分が良いと思っていないものでもガンガン仕入れて売る。従業員もドンドン増やして、ビジネス!お金!拡大してドンドン儲けるぞ!といった雰囲気。
 
相性と、目的の問題。それはきっと、就職活動も同じ感じなんじゃないかなと思った。
 
旅先であった人がお互いのことを深く知り合うのが難しいように、転職活動も、求人広告、面接、口コミなどの少ない情報でこれからの居場所を探さないといけない。
 
何となく、後者の儲かりそうな雰囲気の集団(会社)に行きがちだけど、どんな場所が居心地良いかは人それぞれ。
 
ガンガン稼いでこれから成長するぞ!って場所に、う〜ん、お金儲けあんまり興味ないんだよなあなんて思ってしまう私が入っていくことは、その場にいる方にも失礼だし、自分にとっても良くない。
 
今までは条件に当てはめて探していたから、条件にあったものに出会った時、手にしたときに…???と思っても、気がつかなかったことにした。
 
条件にあっているんだから、…???という違和感の方はきっと気のせいみたいな。物件だったり、仕事だったり、パートナーだったり。
 
事務、正社員、ボーナス有りとか、アラサー女性が正社員で働いていて結婚に向いていそうな雰囲気の男性にであって、好意を持ってもらった…とか。
 
…???を見て見ぬ振りすれば、探していたハッピーに見えそうなものが目の前にあったら、つかんじゃうとか思う。
 
でも、だいたい…???って直感は当たるんだよなあ、色んな人と話していても。
 
この、…???も大事にしながら隠居期間、転職活動を進めていきたいと思います。
 
あとは、何より、復職してストレスがたまってきたときに、そうだ⚪︎⚪︎へ行こう!という場所を沢山作っておきたい。
 
 

広告