気楽に暮らしたい。

3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

台湾と長野に行きたいから、フリマ断捨離してみる。

f:id:mim222:20170331131032j:image

納品の帰りに、井之頭公園で一人でマックで花見🌸お花はちょろっと咲いているだけだけど、公園には大学生を中心にお昼からお花見してる人がいっぱい。

学生の頃は、それこそたられば娘のように、女友達と悶々とつるんでいた。彼氏できないとか、将来への不安でいっぱいだったけど、井之頭公園で女友達と過ごした時間は今思うと、かけがえのない青春の1ページという感じ。

井之頭公園ではいろんな人を羨ましく思いながら見ていた。

彼氏がいないときは、カップルを、就活時期には社会人を、彼氏がいる時には子供連れのファミリーを見て、結婚している人を羨ましく思ったり。

今思うと、その時間はプライスレスなんだから好きな事やりなよ〜!と思う。今は10歳くらいあの頃より歳をとって、なーんにも無いけど、そこそこ幸せ。20代の私からしたら恐怖でしかない未来なのでしょうが、自分の力で生きて、決めて、強くなって、期限後の幸せを作っていこうというところ。

歳を重ねるのも悪くない。
そして、今だってプライスレスな時間なんだ、きっと。

f:id:mim222:20170331131036j:image

キラキラした池の周りでは酔っ払いながら曲作りをしていたバンドマンの方が、通りすがりの小さな子供の為に、アニメソングを歌い始めた。

すると、次々ちびっこが寄ってきて、即席ちびっこコンサートみたいに。嬉しそうにノリノリで音楽を聴く子供達、そんな子供達を見て微笑むお母さんたち。愛に溢れた小さな即席コンサートでした。

世界は優しいところだったのだと旅や外に出る度に思う。会社と家、家や学校の狭い世界で世界に絶望している場合では無かったのだと、最近よく思う。

海でも、川でも、池でも、キラキラしている水面も見ているも、自分の中のキラキラ感も高まる。

私の中の最近のキラキラは、長野と台湾へ行く事。お金はまったくない訳ではないが、心もとない感じ。北欧へ一ヶ月以上行く予定だから、でっかい出費も控えている。

でも、行きたい!

ということで、質屋に質入れするかのごとく、フリマ断捨離してみようかと思う。旅で服を無くし、少ない荷物で過ごしてさらに物を減らして見たくなったというのも大きい。

美しい場所を旅してみて、やはりごちゃごちゃと物がある空間は美しくないと思った。物置に住んでるなんで自分が可哀想!!✨

それに、美しくないものを手元に置いておいてもな〜。

概ね片付いてはいるけども、部屋の隅に物が積み重なっていたり、ミニ食器棚の上には物がごちゃごちゃ集まってきたり、部屋のテーブルの上は気がつくと物に半分占領されていたり。

元がズボラだけに、決して美しく暮らしではない。清められていて、気が通っていくような、京都の神社みたいな美しさが憧れ。

部屋を清めて、余計なものを絞り出したい。
そんな思いがムクムク湧いてきます。
(昨日はトホホな事になりましたが)

いらないものは絶対にもうない!と確信していたけれど、前回フリマをしてみると、可愛い手芸用テープを5年近く保管していて使い道が分からないままだったり、布物の手芸は辞めたのに手付かずでリネンが残っていたり。

好き、大事の賞味期限が切れたものが結構出てきた。徹底的に断捨離した後でも、半年に一回は定期パトロールが必要だな〜。

残ったものを見ていると、確かに可愛いし、良いものだけど、使い道が不明のものもいくつか。使ってないけど、良いものだから手放したくないみたいな物もチラホラ。このままおばあさんになるまで保管しておく気〜??みたいな物も結構出てくる。

ならば、鮮度の良いうちに手放して、そのお金で旅したい。3000円あればゲストハウスのドミトリーになら宿泊できてしまうから。

ヴィンテージのボタンやパーツだとか細い物も結構出てくる。今度は細い袋分けとかもして、ちゃんと準備して挑もう!!

※メルカリなどフリマアプリでもヴィンテージボタンは人気のようです。

あっても無くても困らない物を処分して旅ができるとかワクワクするわ〜。