読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気楽に暮らしたい。

3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

ワクワク貯金 旅行の予定は無くても、ガイドブックを買う。

f:id:mim222:20170228083012j:image

 
アクセサリーの新規出店ラッシュと、仕事が忙しくなってしまい、なかなか隠居準備が進みません。
 
4月までは有給分でお金が入ってきますが、その後の事は何も考えれていない。
 
本当に大丈夫なのかな私、笑うしかない。
 
期限の切れたパスポートの更新や、手続き関係のこと、引っ越しどうする?それとも学校行く?とか。そもそも考えすらまとまってないこともいっぱい。
 
本当にこんなんで辞めて良かったのだろうか。
不安が定期的にぶり返す。
 
でも、落ち着いていられるのは、アクセサリー制作の副業が比較的順調な事。私が変わることを喜んで応援してくれる友達と再会できたこと。
 
好きなことを副業にしたのは、大正解!苦労しろ〜好きなことを仕事にすると失敗するぞおばけに惑わされなくて良かった。
 
副業2つ、本業1つ。
みたいに3つ位お金の入り口を持ちたい。
 
好きなことでそこそこ儲かるもの、儲からなくても好きだからやりたいこと、生活のための仕事。
 
こんな感じで。
 
なかなか身があかないけど、帰りの電車の中の時間は特にすることもない。帰宅時の電車の中はワクワク貯金タイム。
 
携帯でゲームしてるなんて勿体無い。
携帯ゲームをしていると、ぼ〜っと会社での出来事がフラッシュバックしてしまうか、思考がとまってしまうか。
 
新宿ルミネの本屋さんにフラフラ立ち寄って、本を買うのが最近の楽しみです。目につく旅関連の本をよく買っています。
 
ケチケチしないで、本をガシガシ買うことを自分に許して本当に良かったと思う。こういうお金はサクッと使わないと、人生の進みが遅くなる、を実感。
 
今はまっているのは、特に行く予定がなくても、気になった国のガイドブックを買うこと。
 
より具体的に旅の空想ができるからです。
ガイドブックを買う瞬間から、なぜかドキドキ。
 
特に地球の歩き方のarucoが好きでよく買います。
 
arucoはとても分かりやすく、前回のフィンランド旅行はこれ一冊でok!とばかりに心強かった。
 
フィンランド旅行はaruco一冊あればok!
 
26 地球の歩き方 aruco フィンランド 2015~2016 (地球の歩き方aruco)

26 地球の歩き方 aruco フィンランド 2015~2016 (地球の歩き方aruco)

 

 

地球の歩き方のように抑えるべきところは抑えて、雑貨やカフェなども沢山載っていて、みているだけで楽しい。
 
女子旅❤️みたいなキラキラしている内容のほうが見ていて素直に楽しいなあ〜と思う。
 

 

Taiwan guide 24H

Taiwan guide 24H

 

 

↑面白かった。
 
カフェ特集❤️とか可愛い雑貨にドキドキ❤️みたいないかにもキラキラ女子旅みたいな特集を見ていると、気分が高揚してきます。
 
ホテルのグレードは下げたり、あげたりして臨機応変に。
 
私は旅慣れてないから、「僕たち、旅慣れてるだろう?旅慣れてるだろう?」みたいな玄人ちっくな感じは苦手です…。
 
極たまに旅慣れてます的な人が沸いてでて、あんな観光客向けの店〜とか、あれこれ言ってくる事があるけど、旅はバカンス。

そして、どんな旅慣れた人でも、観光客。

人のワクワクを土足で踏みにじらないで、ほっといてくれーと思う時がある。

自分のレベルにあった、無理しすぎない旅が一番。旅はだれかと優劣を競うものでは無いのだから。
 
自信のない地域や初めての海外はツアーも良いなと思う。

いかないより、行ったほうが絶対に良いし、ため息つきながら旅するより、ツアーでワーキャー気楽に旅ができるなら、その方が良い。

ひとりっぷでみた旅は貯金という言葉。
 

 

今日も世界のどこかでひとりっぷ (集英社ムック)

今日も世界のどこかでひとりっぷ (集英社ムック)

 

 

旅は本当に、良い経験の貯金。

ツアーでも、一人旅でも。
 
新宿駅でヨーロッパのツアーのパンフレットを見るのが好きで、20代前半はそういったパンフレットをみては旅に出たいとワクワクした。
 
でも、勇気がなくて。
何度も何度も旅行代理店の前のパンフレットの棚の前で立ち止まって、パンフレットをもらった。

いまでもおっかなびっくりとはいえ、自分が海外を一人旅できる日が来るなんて、当時から考えると夢の世界の話。
 
ヨーロッパしか旅したことはないけれど、アジア、アメリカ、オーストラリア…などとふらっと地球を散歩するような感覚でもっと気軽に旅に出たい。
 
終末予定が空いたらスーパー銭湯や鎌倉でも行く〜?の感覚で台湾、香港に行ける人間になりたい。

そんな事を繰り返したら、あれも持ってない、これも持ってない…ではなく、人生を終える頃にはもうお腹いっぱいと満足して死ねそう。
 
結婚できなくても、就職が見つからなくても、旅は自分が望めばいつでも行ける。

会社の嫌な人や不安を抱えながらコンビニ弁当や、市販のお惣菜を食べて、疲労でベッドの上で過ごした土日。
 
もし、ワクワク貯金をもっと早く始めていたら。あの暗い、暗い、土日は違う時間になっていただろうと思う。

過ぎたことは、もう良いや。
この1年で、あ〜あを土日で吹き飛ばせるような場所を沢山作りたい。

不安とベキねばおばけがわいてでて、副業で得たお金は経費を除いてほぼ貯金していたけど、本業があるなら、副業で得たお金は「攻め」にまわすお金したほうが面白いかもな〜。
 
初めての海外は途中まで一人でパリに行って、勝手がわからず成田空港を猛ダッシュで駆け抜けてお呼び出しされたり、何もわからなくて泣きそうになった。けど、あの時空港から街中に向かうバスで見たパリの街並みを見たときの衝撃は忘れられない。
 
映画や雑誌の中で見た場所が、目の前に現れた!
 
旅は貯金。
すぐに行動はできなくても、本を読んでワクワクを貯金するのも楽しい。
 
時間が出来た時に、ワクワクの引き出しから、引っ張り出せる。
 
旅の予定はなくても、気になった場所の本をかって、ワクワク貯金。
 
続けます!