読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気楽に暮らしたい。

3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

部屋散らかる。

f:id:mim222:20170202001305j:image

部屋が荒れ気味です。

ちょっと忙しかったり、もんもんとしてくると、すぐに部屋が散らかる。本が積み重なり、アクセサリー素材のドライフラワーが机に散らかっている。

そして、机の位置が謎配置。
模様替えもしよう。

ニトリの1800円のラグは底冷えから救ってくれて感謝しているけど、気がつくとぐちゃっとなっている事が多い。

こーんな感じのちょっとした山が、部屋に2〜3個できて、押入れなんてぐっちゃぐちゃ。

まさに、ポーンと放り込んで終わり!
ちょっと忙しくなったり、気持ちがぐちゃっとなるとすぐこれです😱😱😱

物が少なくてよかった。

半年位、毎回大きなゴミ袋2〜3個の断捨離と段ボール10個分はフリマで処分しているはずで、当時はこんなに少ないもので本当に暮らせるのかととても不安になったけど、目が慣れてくると物が多くてごちゃっとした部屋だなと思うことがある。

増えたものは本と、アクセサリーの資材。
これは、今の私にとってはとても大事なものだから捨てないけど、今のへやの状態はやや不満。

けど、へやの維持に手間と時間をかけたくない。

とも思うし、美しく快適に暮らしたいから、もう少し物を増やそうかな〜ともうすこし物を増やそうかなの葛藤が時々起こる。

もっと言えば、物というか、家を断捨離したい気持ちがむくむくと湧いてくる。バルト三国なんて一泊700円〜1500円でドミトリーに一泊できてしまう。

家断捨離→浮いた家賃で放浪→仕事決まるまではシェアハウスなんてのもありかな〜と思ったり、変化のひずみに耐えきれるか心配だから、家位はこのままにしておこうかなとか色々。

ウーフとか、ゲストハウスに住み込みで働くとか、手段は色々ある。

あるのだが…。
家とか仕事とか、主となる場所が変わるのって、嫌な場所であっても、変わることへの拒否反応が出る。

散らかった部屋も。

部屋に限らず、最近は変わりたいvs変わりたくないの戦いが激しくて、現状維持本能の根強さを感じる。

ブログを始めた時に書いた変わりたいけど変われないをまさに体感中。

本当は変わりたくないのかなとか、逃げるのはいけないなどとすり替えて、変わらないための良い訳を探し始めたり。

変わることへの本能的な拒否感は本当に大きい。変わりたくないから、物を大切にしないのは悪いこととか、仕事辞めるのは逃げだとか、そんな感情が出てくるのかも。

変わりたいvs変わりたくないの戦いはしばらく続きそうだから、とりあえず断捨離でもしよう!




広告を非表示にする