気楽に暮らしたい。

3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

気が沈んでどうしょうもないから、風呂、読書、水拭き。

f:id:mim222:20161226223155j:image

今日の気分は最低。
 
バイオリズム的なもので、気候だったり、体のサイクルだったり。
 
ただ歩いているだけでため息が止まらず、舌打ちも止まらず。こんな人嫌すぎる。
 
明日から会社に1日も行きたくないような、もう誰にも会いたくないようなそんな気分。
 
何か気分が上がる物をデパ地下で漁る元気も自炊する気にもならず、ジャンクフードを買う。
 
店員さんも私もぐだくだで、頼んだものと全然違うメニューをコントのように何度も読み上げられ、私は私で全然違う金額を出しちゃうし。
 
挙げ句の果てに家に帰ったら、セットのドリンク入ってないーー!!笑。
 
ダメな私たち。
まあ良いさ、ウーロン茶くらい。
 
職場でもぐだくだでした。
今日の私はダメなやつのくせに嫌なやつ。
挙げ句の果てにちょっとついてない。
 
こんな日は、何をやってもダメなのです。
無理にあげようなんて思わないくて良い。
 
テレビ見ながらジャンクフードを食べる。
どんどん気分が落ち込んでいく!テレビうるさいなあ、つまらないなあ。
 
ジャンクフードを食べ終えたら、とりあえず読書。
 
ベットの中で20代で隠居の大原さんの本を読む。
 
メイクも落とさないでふて寝してしまおうかと思ったけど、この本を読むと心がとても軽くなる。
 
テレビの音が邪魔で、テレビを切る。
 
大原さんの発信する情報を見ていると、心が軽くなって、あんなことしたい、これはやめよう、こんな感情が湧いてくるのは自然なことなんだな〜と心が動いていく。
 

 

年収90万円で東京ハッピーライフ

年収90万円で東京ハッピーライフ

 
20代で隠居 週休5日の快適生活

20代で隠居 週休5日の快適生活

 

 

 
特に辛い、受け付けない時ほど感情に蓋をして、辛くなんかないと思い込ませて、体がおかしくなる下りには共感できた。
 
お前の体より、仕事の方が大事だろ?ここよりもっと辛いところ沢山あるよ、こんなことも我慢できないの?どこに行っても一緒。ここが我慢できないなんて弱すぎなんじゃない?
 
環境が悪く、ハードな職場であるほど、パワハラ気味だったら、諦め気味だったり、そんな事を口にする人が多い。
 
ひどい職場ほど、ここを辞めたら人生終わりの駄目人間になる的な雰囲気を醸し出してくる。
 
だから、なおのこと、感情に蓋をして、弱いと思われたくないとか認められないと!という感情が湧いてきて、体の声を無視するの繰り返しになるけど、そんな人達って、自分の事が認められないから、どんなに頑張っても無駄なんですよねえ。
 
頑張ったところで、奴隷のように労働力を搾取されるか、同じような人種に染まっていくか。
 
そんな人達のほうを向いて生きても、報われることはない。誰のために、なんの為に働いているのかという事を忘れてはダメ。
 
仕事は、生活をする為にしているものであって、体や心、人生を犠牲にする価値なんてない。
 
事務職や営業職の為にすり減るのって、私は無しだなと思う。
 
そして、最近買った本に、自分らしい場所で咲かないのは、自分にとっても良くないし、その場所で咲く花にとっても邪魔になるといった事が書いてあって、そうだなと。
 
私はここで我慢して咲いてあげてるの、なんて自己満足の我慢。
 
周りにとっても失礼極まりないのだ。
感情に蓋をしないで、うわあ…無理と気がつけたなら、どこで咲けば、幸せか、適切かを探していく。
 
立ち去るときは、当然のように、さくっと立ち去る。
 
めまいがでても、ため息が出ても、私の体はストレスにちゃんと反応しているのだと安心したり、今この生活もボーナスステージまでの残り少ない貴重な時間なのだとも思いなおせた。
 
この本は料理や家探しなどの事も書いてあり、引っ越し先どうしよう?とか、家事したい気分になったり、野草を摘んでみたくなったり、自分の生活におきかえてワクワクしてくる。
 
食器を洗って、テーブルを水拭きしていたら気分が少し良くなってきて、ラスボスのお風呂へ。
 
お風呂に入ると…ホワーンとなんだか幸せな気持ちに。体が温かいって、それだけで良い。
 
最低な時こそお風呂。
 
最悪への薬は読書、お風呂、水拭きが私には効きました。
 
最低な時は流れに逆らわず、最低の波乗りを心済むまでするのも良いかな。
 
ノートに何か書くのも気持ち良い。