気楽に暮らしたい。

3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

なんでもっとお金くれないの?の怒りのエネルギーを、自分でお金を作るエネルギーに変えてみる。

f:id:mim222:20161215110341j:image

子供の頃、お小遣いをもらっていましたが、親は無償で私にお金をくれていたにも関わらず、私は感謝どころか不満でいっぱいでした。

⚪︎⚪︎ちゃんはもっと貰ってるのに!
なんで私はこれだけなの?

お金を貰う…。貰う相手は、親や旦那さん、子供など、家族に経済的に養って貰っていたり、行政からお金を貰っていたりでしょうか。

しかし、お金をあげている方からすれば、いやいや、自分で使えるお金を削ってあなたにあげてるんですけど?こっちだって大変なのに、なんなのその態度?

といったところでしょうか。

お金を貰っている事に対して、感謝できないのは、双方にとって良いことがない。

お金を貰っている、自分に対しても。

もっとお金が欲しいのエネルギーをお金をくれている人にぶつけてしまうと、大抵ろくなことになりません。会社は交渉次第ですが、特に家族にぶつけてしまうとバトルの始まり…。

自分が仕事して、クタクタになって帰ってきて、扶養をしている家族になんでもっとお金くれないの?キーッ!!って責め立てられることを考えるとゾッとしてしまう…。

体が動いて、もっとお金欲しい!のエネルギーがあるのなら、自分でお金を作るエネルギーに変えていきたい。

てっとり早いのは雇われる事ですが、がっつり働きに行けない場合は、隙間時間でお金を稼ぐ方法を探すエネルギーにかえたい。

1 不用品を売る

簡単なのは、家にある余分な物をフリマやフリマアプリなどで売ってみる。

フリマ1回、フリマアプリの平均的な一ヶ月の売上は1万円だそうです。

まずはここから。

2 CtoCサイトをうまく使う。
ハンドメイドサイトで素材屋さんとして出品してみるとか、CtoCサイトをうまく使ってみると、色々幅が広がりそうです。

ベイスも良いですね。

身の回りで持て余しているものや、好きで好きでしょうがない事に着目してみたい。

用意しやすいけど、欲しい人が沢山いるといったものを探してみる。

3 ネット内職を探してみる。
アンケート系のサイトや、ランサーズやげん玉など。
単価は決して高くないけど、何もしないよりは…。

4 起業した人に自分の状況を素直に話してみる

次に、お店でもなんでも、事業をやっている知り合いに、自分の状況を話してみる。周りの起業した人を見ていると、事業をやっている人は「良い人」を常に探していたりします。

でも、なかなか良い人がいないとこぼしています。良い人とは信頼が置ける人。

雑談程度の話から、何か仕事へ繋がる事も。
無理せず、1日だけ、とか、家の中でできることとか、自分の状況を素直に話してみる。

無理のない範囲で仕事を作ってもらえるかもしれません。

あとは、こんなものがないとか、こうだったら良いとか不満を感じていることを解消するような事も良いかもしれません。

アクセサリーが好きなのにアレルギー対応のものが少ないとか…。

あれこれやっているうちに、この作業は苦痛だとか、この作業は楽しいといったことが出てくるはずです。

人と話すのは楽しいけど、黙々と発送するのはいやだとか。物を用意するのは良いけど、人と話すのは嫌だとか。

本は好きだけど、服は嫌い。服は嫌いだけどアクセサリーは好き。ものは嫌いだけど食べることが好き。

好きや売り上げが伸びた物など、続けていると何か発見があるはずです。

面白いと思えたものがあるなら仕事にしてみる。

月に5000円でも、1万円でも自分でお金を作り出してみると、気持ちが全然違う。

エネルギーが分散できたり、お金をもらっていることに感謝てきたり。

また、どれだけ沢山もらっても、感謝の心を持つことができず、満足できなければ、いくらもらっても満足できないままになってしまう。

もらっていることに対してはたからみれば羨ましいけど、「なんで?もっとくれないの」の世界にはまってしまうと、辛い。

今いる世界から、一歩自分の力で踏み出してみる。

怒りのエネルギーが湧いてくるということは、パワーを持て余しているということ。

お金を自分で作る手段をいくつか持っておくと世界も広がるし、不幸から自分を救い出す手段にもなってくれます。

私は、東京、趣味だったハンドメイドからお金を作る方法を探りましたが、周りには何かしらあるはずです。

野菜とか、労働力とか。

エネルギーは幸せになるために使いたいですね。