気楽に暮らしたい。

3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

ベッドに敷き布団をやめる。

f:id:mim222:20161209110100j:image

年末に向けて大掃除を始めました。
窓をあけてあちこち拭き掃除して、不要なものをチェック。

寒くなってきて、いつもエアコンつけて、こもりきった空気が、澄んで流れていくようで気持ちが良い。

拭き掃除はたまにしかしないけど、本当に気持ちが良い。

年末に掃除をするとゴミの収集がおわっていたりするので、今から始めると捨て忘れもなく、良い感じ。

⚪︎⚪︎だから⚪︎⚪︎しなきゃいけないという習慣は、ひねくれ者の私はけっと思いがちなのですが、年末の大掃除は本当に良い習慣だなあとつくづく思います。

1年を振り返って、部屋を清めて、心と体を休めて、また新しい1年を過ごす。今年は良かったとか来年は何しようとか、1年単位で立ち止まって考えることができる。

10年近く、何も疑問を持たず、ベッドに敷き布団を敷いて寝ていました。

部屋を見渡して、なんかもさっとしているとベッドから少しはみ出した敷き布団をみながらいつもモヤモヤしていました。

でも、必要な物認定をしていたので、不要なものであるとは考えた事もなかった。

ググってみると、あれ、マットレスって布団なしでも良いのですね。むしろ、ベッドに敷き布団をひくことで腰痛をひきおこしたり、体に負荷がかかることが分かりました。

びっくり。

長年使ったからか、よくみると、結構汚れている。うん、捨てよう!

ベッドから布団を降ろすと、なんだかすっきり。実際に寝転んでみると、あれ、全然大丈夫。

今までなんだったんだ…!

ベッドの上に敷き布団をのせて。
さらにその上にベッドパットをつけていた時期もある。

夏はタオル素材、冬はニトリふわふわのパットをつけていた。

…意味なかったみたい。

さよなら敷き布団。

大掃除第二部は、フリマで売れ残ったものの処分とぐちゃぐちゃになった押入れの中の整理!