読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気楽に暮らしたい。

3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

労働力の安売りを辞めよう!

f:id:mim222:20161105171635j:image

非正規が長く、ボーナスなんて何それ?という暮らしをしてきました。

非正規でも、それなりに仕事はこなさなければならないし、むしろ奴隷気質のやる気満々の人もいたり。

結局、組織の中で仕事をするのであれば、
どんな雇用形態、お給料でも真面目さや厳しさは求められてしまうのです。

ならば、納得できる内容や待遇を選びたい。

また、目的も大切です。

大事なのは仕事の内容なのか、給料なのか、居心地が良さなのか、人脈ができることが大切なのか、等。

目的によってはゲストハウスなどで無償で働くのも有だと考えます。

ながらく、自己評価が低く、自分を大事にしてこなかったけど、ようやく覚醒。
労働力の安売りは辞めよう。

今後は労働力は安売りしないぞ!!

労働力の安売りは、仕事だけではなく、プライベートでも。

例えば、家族や恋人友人、子供にご飯を作ることは、お給料は発生しなくても、とても大切な事だと考えます。

掃除やお世話になった方をてつだったり、気を配ったりも。

私はほわんとした外見で、人のためにあれこれするのは嫌いではなく、ついこき使われやすく、断りたいのはこんな事。

近所の銭湯にいった時に、もめてる人がいて、近くにいたおばちゃんに、うるさいからあなたが従業員を呼びに行ってどうにかしてと偉そうに指示をされました。

昔はわたしがどうにかしなきゃと素直に思い込み、あれこれし、挙げ句の果てにもっと上手くやれとあれこれ言われてまた自信をなくす…というかんじだったのでした。

だいたい、プライベートで湧きやすいのは50代〜60代位の図々しい、意地悪おじさん&おばさんが多かった。見知らぬ人で、あんた誰?なんで私が?無償の労働力を提供するほどの価値のない人間などと思いつつも、自分がこのやで一番価値のない人間だと思い込んでいたから、ついついゆう事を聞いてしまっていました。

言葉は悪いですが…
図々しい、うざい、なんで私が?気持ち悪い
価値のない人間、気安く話しかけてくるな
が体の声です。

ですが、私の脳みそではこう変換されます。
そんな事はおもってはいけない。
嫌だけど、嫌なことは我慢しなくちゃいけない。
お年寄り(10代20代の時は50代〜老人だと思ってた)の相手はどんな嫌な奴でも優しくしないといけない。
私がどうにかしなくてはいけない。

こんな感じです。全てにおいて、仕事話選ぶ時、友人関係、ぜんぶ、ぜんぶ。

小学生の頃は、障害児の面倒を私にだけ押し付けられて、挙げ句の果てにとやかく言われて…みたいな事も良くありましたね。

そんなタイプでした。
今はこれらの経験から時には法律を持ち出してめちゃくちゃ反論したり、シカトしたり、
あれこれ試しましたが、当事者意識を持たない事が一番有効。

話はスーパー銭湯での出来事に戻ります。

呼びに行くのはともかく、その態度はなんなんだ?てか、何故私に言うのだ?
 
むしょうに腹が立ち、なんで私が…的なことなんとなく伝えてその場を立ち去ったのですが、
とてもムカつきました。

この手の事がよく起こるからです。

見知らおばさんの為になんで私が…!
態度がムカつく図々しい!
何、気安く話しかけてきてんだ…!
(本当は心の狭い人間なのです)とぷんぷんでした。

ムカつきポイントはそれが人に物を頼む態度か!という事と、なんで私がというところです。

あのたくさん人がいた中で私がターゲットに抜擢され、こいつなら言うことききそう♫頼んじゃえ♫なんでゆう事きかないんだ?といった流れにぷんぷんになりました。

ぶら下がってくるくせに偉そうにする人が大嫌いなのです。大切にしたい人間の対象内ならよいのですが、なんであなたのような人間のために労力さかなきゃいけないの?的な事に、プライベートでも職場でもとりつかれやすい。

よく、面倒見が良い、私に言えばどうにかしてくれそう的な事を言われ、問題を一緒解決するのも頼られるのも嫌いじゃないです。

ですが、どうにかしてもらって当たり前、もっと気持ちよくすごさせろという人が湧いてくるため、優しくすべき対象はキチンと選んでいこう。

会社で湧きやすいのは、自己肯定感が強すぎる若くて見た目が可愛くない女子、50代主婦…みたいな人が多い。男性には気兼ねなく指摘できても、女性に指摘するのが苦手という私の短所にも原因はあります。

反省。

自己肯定感が半端ない人の対処が本当に苦手。

嫌われるのが嫌で、仕事でも間違ってますよ?という指摘ができず苦労したり、仕事をこなせない人の分の仕事が回ってきたり。

これらの事で何度も嫌な思いをしたり、苦労してきましたが、最近は正しく仕事をすることを目的としているので、嫌われてもokとようやく割り切れるようになりました。

能力が低い人の仕事を稼働しているメンバーに振ってしのぐことは、上長にとっては手抜。上司が指導や配置換えなどマネジメントをすることを怠り、手っ取り早く業務の滞留をさける方法=できそうなやつにやらせる。

なので、あまりにも続くようなら安請け合いせず、今後、業務指導はするつもりがあるのか?という事を投げかけたり、待遇面考慮しないのであれば引き受けない、自分の事情をはなして丁重に断るなど、自分が潰れない為に労働力は安売りしないよう心がけるようにしていこう。

私って嫌な人間…とため息が出そうになるけど、いうべき事はいう事にしました。

そして、適度に当事者意識を持たないようにする事も、潰れないためには有効だと感じました。

この手の事は、口に出さなくても、
心に決めるだけでカモりたい人たちはサーッとひいていったりします。

自分を大事にすること
体の声に素直に従う事
私の労働力は高いんですけど?
なんて事を胸に秘めていれば、面倒ごとにはもう巻き込まれないはず。

なので最後にもう一度。笑

もう、労働力は安売りしませんからね!