気楽に暮らしたい。

3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

好きなところにだけ行って、好きな人にだけ会う事を許す勇気。

最近、随分と太陽を見ていないなあ。
気持ちも落ち込むし、なんだか熱っぽい。

フィンランドに旅行した時に、現地であった日本の方が、太陽が出ないことがこんなにきついなんて。本当に鬱病になるかと思ったとみなさん口にされていたのを思い出した。

最近、人身事故がとても多い。
そんな事もあって、色々と思いを巡らせている。

憎いなあとか悲しいなあとか色々と思うのですが、思いめぐらし、最後に思うのは自分を大切にして、幸せに生きることを自分に許そうという事。

人目のために生きないで、自分のために生きること。

人は自分に許せる事しかまわりにも許せないという言葉を最近みかけて、本当にそうだなあと思った。

過去の自分や不幸が正義の知人はまさにそうだ。私は辛い生き方にたえて、もうすぐ結婚というバッチが手に入りそう。

だからお前も辛い生き方をしてろ、楽しい事をするのはダメなやつがすることなんて目が点になるような事を言ってきたのも腑に落ちた。

その人のことを憎んだり、言うことを聞きそうになったりしてしまい、今後の付き合いについても散々悩んだけど、自分を大事にして楽しい人といっぱい会おう!と決めたら始めからいなかった人みたいに遠ざかっていった。面白いなあ。

自己中なクレーマーではなく、自分を許すことで人にも寛容的になる。そんなイメージ。モンスタークレーマーや意地悪な姑的な他人を傷つける人は、駅の自動改札のように人間に相手をしてもらえない時代がやがてくると感じています。

そうはいっても人の考えは簡単には変えられない。というか、どう進めば良いか分からないから、ついつい元の不幸のテーブルに着こうとしてしまう。DVな彼氏と別れられないのと多分一緒。

まずは自分の状態を良くしたい。
すぐにできることとして、好きなお店や場所に行って、居心地が良い大好きな人に会う事。

良い状態をインプットして、不幸の匂いがしたら拒絶反応が起きる状態にしたい。

強制リセットとして、すごく素敵!と心から思う場所に行って、すごく好き!と思う人にだけ会う期間を明日から設けてみる。

幸せの結界と戦ってみる。

仕事も辞めても良いのですが、お金がね〜。
お金と折り合いがつけば、ブランク期間を作ってやりたい事をとことんやるのも次の仕事につながる気がしてる。

アクセサリーや雑貨に没頭するのも良いし、ゲストハウスで働いてみるも良いし。

その前段階の活動として、強制リセット開始。

アクセサリー制作で得たお金を使って、何かしてみよう。まず手始めにオシャレ幸せバリアで近づけなかった近所の素敵なお菓子屋さん&カフェ巡りと、ゲストハウスガイドにのってる宿でも巡ってみますか!

お洒落バリアの雑貨屋さんにも委託できないかきいてみよっ。

アクセサリーの販売を始めて、少しだけど収入にも繋がった。収入の入り口が増えたことで、居場所がもう一つできたような、なんかそんな気持ち。

お洒落女子が可愛いーといって手に取ってみたくれているのを目撃した日にはもう、ほんっとーに嬉しい!