読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気楽に暮らしたい。

3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

価値観があわなくなった友達は、かつて愛した恋人みたいなもの。

ここ1年で随分自分自身の考えが変わりました。180度といっていいほど。そうすると価値観があわなくなる友人も出てきました。

かつては、価値観を共有できた人でも、考えが大きくすれ違うようになった人も出てきました。

話をしていて、おもいを全部飲み込むか、ただただ全否定されたり、相手に話をあわせてみるけど噛み合わない。

心の中で大きなため息を何度もつく。
そんな事ばかりになった人も。

すごく悲しい。

でもこれって、相手にもすごく失礼。
自己満足の我慢なのかも。

恋人だと別れは切り出せるし、周りにもあっさりと話せるけど、これが友達だとこうはいかない。

友達と距離をおくなんて、私はなんて嫌な奴なんだという罪悪感がとても大きい。

残念だけれど、女性は20代〜40代は特に変化が大きく、環境が異なったり、価値観があわなくなったりする。

私はそんな事ない!と思っていても、現実には中々難しい。

お互いを別の生き物として捉えて、近況報告しながら生き方の違いを楽しんだり、お互いの生活の中の苦労を労いあったりできれば良いけど、女性は共感してほしい生き物だから、悔しいけどどうにもならない場合もある。

価値観があわなくなった友達はかつて愛した恋人みたいなもの。

別れた恋人といつか再会できたらそれもまた楽しい。