気楽に暮らしたい。

3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

手抜きと自分を大切にするバランス

ご飯はやっぱり大事だなあと盛大な好転反応(多分)が出た体を見ながら実感した。

忙しさが続いて食生活の乱れが続いて、
食事は夜は作業の時間にあてたいから簡単に。昼はお金がないから冷食で。

コンビニの冷凍パスタやレトルトパスタを多用していた食生活から、オーガニック系の粗食を1週間食べる生活へ。

なんとなく市販のお菓子興味が無くなって、一切食べなかったし、特に食べたいとも思わなかったし。とうもろこしやコロッケがおやつ。

以前、オーガニック系の食事をしていた時があるけど、ここまで露骨に変化はなかったから、おもしろい。これがあれか!ってな感じの。

解毒っぽいのがはじまった今、あんなに好きだったスナック菓子にはまったく興味が無くなって、外食や買い食いに興味が無くなった。

ひゃあ汚れた食品!なんておもっているわけでもないのに、ただただ食欲がわかなくて、食べ物って感じない。

コンビニの食品は、食品サンプルやファンシー文具のように感じてしまって、以前のように食べたい!とは思わなくなった。

メニューは玉ねぎ天、梅とゴマとジャコの納豆ご飯、ぬか漬け。

玉ねぎ天はスーパーで。納豆はくめ納豆
ぬか漬けは自家製。

お米を炊いた以外は冷蔵庫から出しただけ。
お買い物も近所のスーパーで。

自然食品店でだけ買い物をすると切れた時に面倒だしお金もかかるし。

何時間もかけて毎日完璧なご飯を出すのも疲れるし、かといって毎日インスタントラーメンや外食も自分をないがしろにする感じ。

近所のスーパーで無理なく続けられて、
手間もかからない健康的なご飯が理想。

食器がすてきなら、無骨なご飯もそこそこに見える。楽を追求すると紙皿とかプラスチック容器そのままになってしまうけど、素敵な器に入れて自分を楽しませる。

日々のご飯は気楽に、でも自分を大切に。