気楽に暮らしたい。

3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

暮らしのほころびを整える。

家に帰って自炊して、お風呂につかる。片付け前と同様にぐたーっとする時間もあるのですが、寝るまでにシンクと洗い物カゴをガラーンにして、なんとなーく部屋に散らばっている物を元に戻して。

その日のうちに暮らしのほころびを整えられるようになってきました。

少しの余裕から体にも目を向けられるようになり、首が張っている、とか、足が冷えているとか小さな変化にも目を向けられるようになってきました。

基本的なことですが、冷えとコリはほっておくと本当にやばいと今更ながら思います。

ヨガ教室などにも行きたいけど、やらなきゃいけない事も色々あるので、まずは家でできる事から。

ヴェレダのオイルでマッサージ
古代米甘酒
・粗食のご飯
・湯船に浸かる
・温かい三年番茶を飲む
・テレビを消して好きな音楽をかける

このあたりの事を意識して行うと、少し楽になる。

無駄遣いがやばいときは…

・掃除&在庫の把握でいらないもの探し
・フリマやメルカリなどに回すもの探し
・家にあるものだけで自炊
・テレビを消して音楽をかける

いらないもの探し&意思が弱くなっている時に怒涛の広告ラッシュをさけるためです。

先日はテレビをみて、ポケットマッサージ機が紹介されていて、欲しくなった。会社で使えそうだし、手頃だし、買ってしまうかも。

テレビは最近、出したりしまったりしている。日曜日の夜と月曜日の夜、イッテキューと月曜から夜更かしを見て、涙を流すくらい爆笑するのは欠かせない時間。

テレビは一度しまってみると、こんなにも騒々しかったのかと音のうるささにおどろく。

何となくテレビをつけて、何時間もテレビを見る習慣が無くなってきた。音の騒々しさを脳が受け付けない感じがして、何となく消してしまう。

あわせて、インターネットやスマホをいじる時間も削っていけるとなお良いのだけれど。

9月上旬で依頼されていた雑貨の活動がひと段落なので、終わったら家を思いっきりお掃除&役目が終わったものをフリマなどで処分するのも楽しみです!