読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気楽に暮らしたい。

3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

人生の大洗濯と雇用される生き方について今思う事。

f:id:mim222:20160813132012j:plain

がむしゃらに動いた春、夏。
今はつかの間のんびりした時間。

転職は本命の最終選考待ち、イベントに向けて頼まれたものの納期が迫っているけど、
ちゃんと向き合うためにも計画的にさぼっています。(間に合わせます)

片付けや生活の見直しをしつつ、コーヒー片手にいろんな方のブログを徘徊。

片付いた部屋でクーラー効かせてごろごろできて快適~。みんなのブログ、面白いな~。

今は旅、節約、片付け、物を持たない方のブログが好きで、ついつい沢山のブログを見てしまう。

物の無い部屋の画像や節約の記事を見てモチベーションをもらう事と、自分ではたどりつく事ができない面白い価値観に触れる事がなにより楽しい。

雑誌やテレビで入って来る情報とも、
SNSでまわりから入って来る情報とも違う。
それがブログからインプットする良いところ。

素敵と思ったらすぐ取り入れる。
甘酒もさっそく飲んだし、ゲストハウスの本も買うんだ~。

国内旅行の予定もあるから、さっそくとまってみようかな。
フィンランドで30歳をこえてはじめてドミトリーを利用しましたが、思いのほか快適だったのです。

一泊3000円で宿泊できるなんて人生変わっちゃうじゃないか。


東京郊外で週休5日のハッピーライフ

ブログを見ていく中で、特に気になったのは大原扁理さんの事。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

年収90万円で東京ハッピーライフ [ 大原扁理 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2016/8/15時点)


すでにいろんな方が取り上げられていているのですが、
引きこもり後に世界一周をして、その後週2日だけ介護の仕事をして、
野草食をするなどお金をかけずに東京郊外で暮らしている方です。

野草が気になりすぎる。

若杉おばあちゃんやかわしまようこさんもきになる。



田舎育ちの私ですが、著者のように
田舎ではなく、東京郊外で一人暮らしというのが更に自由に生きるのに適していると感じます。東京はどんな生き方をしようとも、近しい人以外にはまったく干渉されない町だからです。

東京で一人暮らしをしていると近しい人とは、友人、同僚(プライベートにも口を挟みたたがる干渉系上司←まともな会社ではあまりみない)位でしょうか。

東京でのアパート賃貸生活では近所の人、アパートの隣人なんてほとんど接点ないです。

近所の人が週2日しか働いていなくても、野草を摘んで生きていてもよほど身なりや住居がやばくない限りそもそも興味を持つ事はないからです。

せいぜい、さっとさけられる位でしょうか。
これが田舎なら、ひそひそ話やいやがらせのターゲットになりかねない。移住者が多くそのような生活を好む人が多い土地にあたればいいのですが。病院で看護師に話した話すらいつの間にか広がってしまうわが故郷では難しい。

心は都会人、環境は田舎が最高かなと思っています。足を良く運び、相性の良い土地や、
移住者が多い場所、東京郊外が住みやすいのかなと考えています。

イケダハヤトさんのそもそも周りに誰もいない超田舎に住むという発想はなかったので、
それもおもしろそう。

電車で一時間も走れば田舎から都会へ。選ばなければアルバイトで時給1500円も。

東京から電車で1時間も走ると、緑豊かな場所も結構あります。
また、貰えるお給料が高く、生活コストが低ければ、生活費を調達する時間もすくなくてすみます。

アルバイトであれば大抵の職場は交通費も出るし、仕事を選ばなければ1500円程度の仕事も普通にある。

家族と同居していると生活コストは低く住むけど、やんややんや言われてきっと隠居どころじゃない。
すくなくともわが実家ではむりだ。

東京郊外、1人暮らしだからこそ楽しめるスタイルなのかも。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

20代で隠居 週休5日の快適生活 [ 大原扁理 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2016/8/15時点)


人生の大洗濯

野草食や週休5日も気になりますが、中でも特に目を引いたのは、「人生の大洗濯」という言葉。
物を減らして生活を見直す目的として、この表現がとてもしっくりきました。

私は東京へはデザインの仕事をしたくてきて、挫折した口なのですが、
オフィスワークで単調な仕事をしつつも、趣味でデザインに関する活動をしてきました。
絵を描いたり雑貨作ったりアマチュアミュージシャンの人とイベントしたり。
遊びの延長程度の事です。

疲れがたまったからマッサージがしたい!とか、
どうしてもラーメンが食べたいから深夜だけどラーメン屋に行っちゃおう!
といったデトックスや衝動的な食欲に近い気持ちが突如湧き出る時があるからです。

徹底的にものや無駄な行動を排除しつつデザインをして何かを生み出す自分に
矛盾を感じていたのですが、「人生の大洗濯」という言葉を見て、とてもしっくりきました。

「大洗濯」そうそう、それだ。持たない事が目的じゃない。

物と無駄な行動を排除したら沢山の空白ができた。
最低限の家事、ブログ、コーヒーをいれて飲む事位しかやる事がなくなった。

「人生の大洗濯」をして真っ白な状態になったら、何かやってみるかという気になった。
単純に、元気だし、暇だからです。

以前はなんだか忙しいし、疲れているし、何もやる気が起きなくて、
会社を辞めて不労所得で生きる生き方にあこがれた。

無責任な上司も無茶な事をいってくるクライアントも、
なぜか出てこない営業担当も、文句ばかりの下の人間も
心底憎くて全部ゴミ箱に投げ捨てたかった。

心底うんざりする一方で、でもでもだって、苦しい事から逃げちゃだめ
私がどうにかしないとと立ち向かった結果、
見事に病んだ。好き勝手に言ってくる人間、会社、誰ひとり
体を壊しても責任をとってなんかくれません。

どのステージでがんばるか、どこまでがんばるか、
見切るときはいつか、最後に決めるのは自分です。

まじめ、お人よしと言われる事が多かったけど、心の中ではくっだらない、あほかとずっと思っていた。けれども仕事だからとめちゃくちゃな要求をしてくる人にも向き合っていたら、仕事でもプライベートでもそんな人ばかりに取りつかれるように。

今では時間の無駄だからさっさと方向転換しなさいと過去の自分に言いたい。悪質なクレーマーのような人間は、私を大事にしなさいと付きまとって来るけど、本当に疲弊するだけ。要求に応じても感謝されるどころかもっと努力してもっと尽くせとエスカレートするだけ。そして人と関わるのが本当に嫌になった。

何もかもが嫌だった。会社を辞めたい、働きたくない。誰とも関わりたくない。
頭の中はそんなことばっかり。

先祖が東京に土地を持っていれば今頃…とか、
両親がアパート持っていれば…とか、
プロプロブロガーの方を羨ましく思ったり。

こうなると負のループ。これが数年前の私。

無いものばかりを数えていたような。
けど、「人生の大洗濯」をした今は、組織の中で適度に
刺激をうけながら働くのもけっこういいかもと思うように。

大原さんのような生活は、いつか絶対にしたい。でも、今はその時ではない。
移住する土地を焦って見つけてもしっくりこないだろうし、
より楽しい隠居ライフのために資金も調達したいし、今はおあずけ。


面白い事に、私がどうにかしないとと思う事を辞めたとたん、
面倒な物事がおもしろいように遠ざかっていきました。

会社だからできる事もある

7時間半勤務、ボーナスあり、リフレッシュ休暇あり等の超ホワイトな会社と、
多少ブラックな環境に陥っても構わないと思える熱意の持てる仕事の2軸で転職活動をしています。

多少のブラック環境Okの注意点

※心から素敵と共感できた場合に限っての事です
※残業が多い、休日出勤がある等は良いけど、人権を侵害するような精神的ブラックはお断りします
※チェーン居酒屋や牛丼チェーン等、単なるブラック労働はお断りします
※低賃金でで人をやとっておいて仕事はお金じゃないとかトップが言いだしちゃう会社はお断ります

こんな感じで思いっきりわがままに条件をつけてさがしています。
がんばるステージはこちらも見定めます。そのかわり、入ったらがんばります。
だから選考うんぬんより、入りたい会社を見定めるのにとても時間をかけています。

前者は大手企業が中心となりますが、面接もホワイトだったり、
人事担当者にアドバイスをもらったり、得るものも多い。そして契約社員でも
変なブラック企業の正社員より待遇は良いし、わりと選考は進んでいく。
後者は例えば、ワークショップ企画や正月に今年の目標でたてた朝市開催など、
エンタテイメント性がある職業を考えています。

あとは記事の作成など、楽しい体験や生活のちょっとしたスパイスになるような、
そんな何かを生み出すイメージ。

この話をすると転職エージェントにすらそんな仕事あるの?と言われる事もありましたが、
あります。これらの求人はマイナビ転職やリクナビネクストでみかけた求人です。
学童のイベントを企画する仕事だったり、ワークショップの企画だったり。

ゲストハウスのスタッフなども面白そうですね。

マックスに病んでいた時は家でパソコンでこつこつ仕事をする生活にあこがれていましたが、
今はそんなに惹かれなくなりました。

大洗濯前は疲れ果てていたんだと思います。

組織で働く面白さとして、例えば朝市を開くとして、誰かに声をかけるなら集客が見込めて
沢山売れてほしいと思う。予算があれば広告も打てるし、大きな規模で開催できる。

何か記事を書くなら既に
人気のあるあるサイトで記事を書いた方が沢山の人に見てもらえる。

私がやりたいのはこんな事じゃない!となるパターンも多いに予想ができ、
個人でやることと一長一短だとは思いますが、資金面の事だったり、
すでにノウハウを持っていたり、相談できる人がいたりメリットが大きい。
そして、1人で企画するより、そっちのほうが単純に楽しそうだとも思います。

会社で働くメリットとして、有給休暇があったり、
福利厚生があったり、そういった事もメリット。

雇用されるのも悪くない

プロブロガーや新卒フリーランスなど組織に所属しない生き方が注目を浴びる事も多く、、
個人的にはいいぞいいぞと思っています。新しい働き方や価値観が生まる事はとても面白い事。

ただ、新卒フリーランスは周りにいたらちょっと心配してしまうかも。

新卒からずっとフリーランスで生きて来た友人がいますが、特に若い時はとても苦しそうでした。

会社で当たり前に教えてくれる事や会社でやってもらえる事もすべて自分でどうにかしないといけない。
強く賢く図太く行くかまわりから可愛がられて人を引き付ける吸引力がある方でないとなかなか大変。

何より、友人を見ていると、一般的な企業で働く事により身に着く感覚が無かったり。
特にブラックな働き方制御スイッチがない。
一般企業で働く事により自然と身に着く事も多いんだなと友人と話していると感じる事があります。

収入が不安になり来た仕事はすべて受けてしまうため、結局いつも働いてしまう…等。

14連勤、昼~23時頃まで勤務等、ブラック企業よりブラックな働き方になっていたり。
一般企業であればよほどのブラックでなければそんな働き方はそうそう許されない。

パワハラモラハラから守ってくれる人も、上司やコンプライアンスの相談窓口等言いつける人もいません。
有給休暇もありません。彼女はとてもまじめて気を使う優しい性格なので、とてつらそうでした。

フリーで10年以上働いてきた優しかった彼女は今、
かつて働いたブラック企業の幹部みたいな価値観に…。
そして歩く不幸強制装置みたいな人になってしまった。

苦労をしていない人間は悪だと幸せな人の家庭に立ち入って壊したり、
専業主婦をした後、お店を出した友人の事が許せないようで悪く言ったり。
自分で選んだ職業でフリーランスになっているのだし、
人の幸せを壊していないで、自分で仕事を制御をするなり、転職するなりすれば良いのに。
環境を変える事、仕事を変える事は悪だそうで、今後はそっとしておこうと考えています。

一方で、20歳から独学でネットショップを立ち上げて大きくして、今では沢山の従業員を雇って、
子育てしながら今もバリバリ働く同世代の経営者もしっています。

ちょっとおっちょこちょいであまりに物を知らなくて驚く事もありましたが、行動が早く、
失敗してもあまり気にしません。人に対して寛容的で出会った人の能力を見出し、
自分のビジネスに繋げていきます。行動の転換が早い。

数ヶ月前にこんな事が気になっていて…と何気なく彼女に話していた事を
がんがん進めている。良いと思ったら即吸収、即行動。
私でもこんなミスしないというミスが多い一方で、
行動力や人への接し方が圧倒的にすごいのです。かっこいい。
ただその一言です。

なんでもやってみないと分からないけど、フリーランス=きままでで楽しいではないと感じています。
制御して良いバランスを保つのがベストですが、過労になりがちの人が多いような。

であったフリーランスの人に共通して言える事は、
人脈づくりや付き合いが大事で、常にアンテナを張っていないとだめ。
メンタル、体力共にタフな方が多い。

精神的ひきこもりの私は週2日は完全にオフでいたいし、
私は所属する組織を選び、組織に所属して給料をもらったほうが楽だと感じました。

フリーだからこそ輝ける人もいます。
組織にいるからこそ輝ける人もいます。

フリーでも、組織にいても、結婚してもしていなくても、
輝いている人に共通していたのはみんな方向転換が上手で、
自分なりの考えをしっかり持っている事。

じゃあやってみればいいかんと何度言われたことか。

現状が苦しく不満がある人は現状維持のやらない理由づけを探す人が多い。
謎のマイルールで●●じゃない人はだめな人間だと良い始める人が多い。
そうしないと精神を保てないんだと思います。

フリーランスの彼女は自分の好きなジャンルでお店を出した友人を
攻撃する事が多く、こちらからみればフリーランスの彼女も同じく会社に所属しない
生き方なので理解に苦しみます。会社員も駄目な人、主婦も駄目な人、
お店を出すのも駄目な人、雑貨の活動をする私は夢見がちな駄目な人らしく、
ようは自分の現状以外はすべて駄目な人となるようです。

現状に不満があるけど動けないかつての私のような人間は、
苦しい事から逃げてはいけないとか、
転職が多いと…等現状を変えられない為、もっともな言い訳をしがちです。

現状を好転さえる行動を取るより、苦しい現状のまま過ごす事を正当化したほうが楽なのです。

失敗したらまた大洗濯します

転職して失敗したらそら見た事か!と言い始める人も周囲に出てきそうすが、
失敗したらまた大洗濯すれば良いだけの話。

色んな人が好き勝手な事を言ってくるけど呪縛をかけた本人は
責任なんてとってくれないし、大抵そんな人ってしばらく経つとま逆な事を言ってきたり。

物を持たない実験の次は、楽しいを引き寄せる実験をしようかと。

これまで苦しいけど我慢を正義にして、
八つ当たりしてくる友人や嫌な事を言ってくる人にも耳を傾けてきたけど、
実験的に好き、楽しい、心地よいを徹底的に正義にして引き寄せて、
苦痛、不快、理解不能を徹底的にはじいてみようかと。

ルールは経済的に自立している事と、
反対意見の人と水かけ論はしない事。

さてさてどうなるでしょうか。

楽しみ、楽しみ。