読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気楽に暮らしたい。

3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

ハンドメイド放浪記 初めての売上を受け取る。

アクセサリーのボックス販売をはじめて1ヶ月が過ぎ、はじめての売上を受け取ることができました。

5日ぶりにお店を訪れると、おお、売れている。相変わらず箱ごと振ったかのようにぐちゃぐちゃになっている。箱が荒れているのは、それだけ見てもらった証拠。良いぞ良いぞ。ディスプレイを直しながらチェックをしてみると、動きが鈍かったレジンのヘアゴムが一気に3つ売れて残り1個に。

先月分のアクセサリーの売上は約15000円ほど。そこからレンタルボックス代金、販売手数料が引かれて手元に残るのは約8000円ほど。

結構引かれるなあ〜という印象ですが、ネット販売の場合は製作、梱包、発送、お客様とのやりとり…とやる事沢山。レンタルボックスはアクセサリー作りと気が向いたときに納品とディスプレイ直しに行くだけなので本当に気楽。適度にご指導頂いたり、委託元の店員さんは優しい先生みたいな存在。販売をお任せできて、相談できる人がいるのはとても心強いです。

調べに調べてとても良いお店に委託をすることができましたが、レンタルボックスはお店により当たり外れもあります。

ヤフオクやメルカリなどのCtoCに抵抗がない場合は、ミンネやクリーマで様子を見ながら販売するほうが、売れるチャンスも多いし、売れなかった時のリスクも低い。

今月は二週間で先月分の売上程度はすでにうれていたので、先月分の2倍は売れるかな〜という印象。ただし、ディスプレイ作りにかかったお金や材料費を入れるとまだまだ赤字。

初期投資分を考えると、あと1〜2ヶ月ほど今と同じ水準で売れていけばどうにか黒字になってくるかな〜という印象です。

価格は様子見の為、700円〜900円を中心にしていましたが、思ったより売れるペースが早く、900円〜1300円に実験的にあげてみました。

コットンパール、淡水パール、フランスアンティークのビーズ、小粒の天然石や自分で染色した布の花びら、押し花とレジンなどと素材もまあまあ良いものを使い、手間も結構かかっていたり。

それでも値段を上げて売れるかな〜と心配でしたが、1000円代の物も少しずつ売れるようになってきました。むしろ、値段を上げても売れるペースはあまり変わらないような。コストのかかる大粒の天然石のアクセサリーにも挑戦してみたいし、もっと手間のかかる布花にも挑戦したいので、最終的には一つ1200円〜3000円位の価格にして、時間をかけて丁寧に作ったものを少しずつ納品するという感じに変化していきたい。

在庫をチェックしたところ、結構作ってたようで、すでに200点近く納品してあるので、今あるものをベースに、月に2〜3日程度製作にあてて、10〜20点程度納品していければ良いかな〜。

いろんなものを試しに作った結果、人気があるもの、人気がないデザインがではじめたのでメモがてら書き留めます。

人気のあるデザイン
ドライフラワーとレジンのアクセサリー。とても人気。動きがとても早い。かすみ草、紫陽花、レースフラワー特に人気。

他のブースでもかすみ草のレジンピアスは大人気で人だかりができているのを見かけました。

コットンパールとゴールドのピアス
市場調査で予想した通り、やはり人気。安定してゆっくりと確実に売れていきます。

タッセル
ダークカラーが人気。

売れないデザイン
チェーンを使ったアクセサリー
市場調査をしたところ、チェーンの振り子型のアクセサリーをよく見かけましたが、思いのほか売れません。お店のテイストと合わないだけかもしれませんが。

リボンモチーフ
作っている人が多いせいかおもいのほか動きが鈍い。

キャンディカラーのアクセサリー
箱の中がパッと明るくなって良いのですが、一つも売れていないかも。秋になったら全て撤去して、バラして作り直すかフリマに持って行ってみようかな。

試行錯誤しましたが、どうにか軌道に乗ってきた感じです。アクセサリー販売はあくまで趣味。アウトプットとインプットする場がある事で日々の生活が楽しくなり、ついでに多少のお小遣いかせぎにもなり、良い感じです。