読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気楽に暮らしたい。

3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

工程を一つ削る贅沢。

8~9月にかけて旅にでる事が多く、
今年も国内旅行に出かける予定です。

以前は旅に出ると、せっかく来たんだから一つでも多く
観光しないともったいない!と予定をぱんぱんにつめて、
朝早くに出発して、旅から戻ると疲れ果てるというパターンがほとんどでした。そして旅先で爆買い。

瀑買いしたものも普段の生活とは何だかかけ離れたもの。

ですが、最近は旅の工程をいくつか削ってでも、ゆっくりした旅をするように心がけています。

できれば、何も予定を組んでいない日が1日あるとなお良い。

物事が入って来るゆとりがあると、
旅がより楽しくなるからです。

例えば、地元の方や旅で出会った人とお話をする時間。
のんびり歩いて挨拶などもするようにすると
不思議と人がよってくるのです。

おいしいお店を教えてもらったり、
自分が目指す世界で活躍している方と偶然お話しできたり。

普段の買い物でもそうです。
以前、洋服を買いに行く日はあちこち巡っていました。

新宿に買い物に行く時は、南口でルミネ1、2、ミロード、フラッグス??だったかな。
東口ルミネスト、伊勢丹、gu、H&M、それに加えて下北に行ってみよう!とか
吉祥寺にも行きたいし…といった具合。

ここまでの事はもうありませんが、詰め込み癖があるので、
意識して工程を削るようにしています。

買い物も最近はネットを使ったり、みる場所を決めていくので
数時間程度で終わる事がほとんどですが、
買い物はしないだろうけどなんとなく見たいといった場所へ行く事を
辞めるようにしています。

そうする事で早く帰宅ができて、用事があった日でも普段通り、
食事を作ってお風呂に入って眠るという暮らしをする事ができます。
疲れたしめんどくさいから外食しちゃおう!という面倒だからが理由の外食は
ぐっとくる食事にありつける事が少ないのでできれば避けたい。

工程を削る事は、遠くの旅行であればあるほど満足度が上がります。
京都や海外等。京都は何度言ってもまわりきれないし、
海外もせっかく高い旅費を払ってきたんだからとあちこち回ったり、
なんでもかんでも欲しくなったり。

そこをぐっと抑えて工程を少なめにしておくと、
思わぬ素敵な出会いにも対処する事ができます。

弾丸も楽しいのですが、大事なところを抑えて
無駄を削る力は旅も楽しくしてくれます。


余談ですが、はじめての場所に行く時は、
より自分らしいファッションで行くと良いと感じました。
見た目で自分はんな人間だと伝えられるのは、
初対面の人とあうときは手っとり早い。


今なら、麻のマキシワンピースとターバン、
手作りのアクセサリーやブローチが自分らしい格好。

ロックが好きならロックな格好、
スタンダードが好きならスタンダードな格好、
分かりやすく自分を表現する事で自分にあった情報がキャッチできる。

OLファッションだった時は、出会う人も自分も混乱してしまい、
なんだかかみ合わなくなってしまって申し訳なかったです。

お土産ものも、なるべく良質なその土地の食べ物を選ぶようになりました。昆布だったり、味噌や醤油だったり。

その土地の良い食材を持ち帰って旅先の事を思い出したり、旅と日常が程よく繋がって良い感じ。

広告