気楽に暮らしたい。

3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

すきなもの 北欧の食器。

食器は厳選して残したけど、それでもまだ多い。これからもきっと伸び縮みするところ。

特に好きなのは作家さん物と北欧食器。
北欧食器はヴィンテージも現行品もどちらも好きです。

時に好きなデザインはこんな感じ。

ロールストランド社のモナミ(スウェーデン)

しょっちゅう食卓に登場する
スウェーデン、ロールストランド社のモナミの食器。



モナミの食器は和にも洋にもあう。
味噌汁、おやつ、袋ラーメンなんでも使える便利なサイズ。モナミの食器はこのサイズが一番使いやすいかな。


ジャーにおかしをいれてもかわいい。


ヴィンテージのモナミはより青に深みがある感じ。
現行品よりすこし繊細な感じでヴィンテージのモナミもお勧めです。

イッタラ ティーマ(フィンランド)




サイズは21センチが使い勝手良い。万能なお皿。

スクエアタイプも素敵。



ティーマスクエアはいつ見てもきになる。
これでグラタンを食べるのがちょっとしたあこがれ。


カルティオ


このコップにお水を入れるととても綺麗。
買った頃はよくながめていました。お洒落なだけじゃなく、何度も落としているけど
割れない頼れるやつ。ホットコーヒーもカルティオで飲んでいます。


色違いでそろえてもお洒落。

かもめ食堂





作家物や北欧食器はシンプルなメニューがよく映えて良い感じ。
カモメ食堂でアラビアの食器におにぎりをのせていたみたいに。

素敵な食器はつい飾っておくだけになりがちだけど、
ルールは飾っておくのではなく、お気に入りの食器は日常生活の中でどんどん使うこと!

すきなものはどんどん使おう!

広告