読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気楽に暮らしたい。

3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

趣味の断捨離。100均リメイクをやめる。

物が増え、時間を奪っていた趣味の一つ。100円均一の商品のリメイク。

百均の木箱にペイントしたり、雑貨を買って飾ったり。セリアやナチュラルキッチンに毎週のように通いました。本も出されている有名なブロガーさんがいるのですが、その方の腕前は本当に凄くて、今見ても凄く可愛いと思う。

本当に職人さんみたい。

影響をうけてセリアで大量の木箱を買って、セリアのアクリル絵具でペイントをしました。中身も入っていない箱を20個くらいもってた時もありました。

同時にハンドメイドアクセサリーや麻の小物、編み物もしていたから家はいつも物で溢れていました。時間も沢山使いました。

しかし、私の腕はそんなに凄くもなくて、仕上がったものはそれなりに可愛いけどなんだかチープ。
そして、百円といえども沢山買えば出費も増えていく。

安いものばかり見ていると自分の感度も下がっていく。ハンドメイドのアクセサリーに百均の材料を使ってみたり、どんどん質が落ちていった。

そして何かを作る度に道具や資材も増えていく。まさに物が物を呼び、物が時間を奪う。
壁一面が百均リメイクで作ったフォトフレームだらけだった時も。

楽しかったけど、旅で出会った民芸や職人さんが作った物を見て、安いものを大量に持つのはやめようと思った。

ファストファッションの服を縫う女性たちが過酷な環境で作っているのと同じで、100円の木箱も同じ状況なんじゃないかとも思った。

作ったものはシンプルな生活を目指して全てフリマで手放し、制作費分+αは取り戻せたけど、本当に時間を沢山使いました。

100円リメイク作家になりたいでもないし、必要以上に部屋を飾りたいとも今は思わないから、100円リメイクは卒業しよう。

楽しくてついつい沢山作ってしまうから危険なんですよね。もし何かを作るなら、素敵な雑貨屋さんに置いてもらえるクオリティの物を目指して作ろう。


広告