気楽に暮らしたい。

3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

沢山捨てた、安い物の話。

今年は沢山のものを手放しました。
 

slowslow.hatenablog.com

 

 

slowslow.hatenablog.com

 

 

slowslow.hatenablog.com

大体のものはフリマやフリマアプリで

新たな方へおゆずりしたけど、

すぱっと捨ててしまったものもたくさんあります。

 

その大半は安く買ったもの。

特に洋服。

安いからなんとなく買ったけど
なんだからしっくりこなくて放置
されていた服も沢山ありました。
 
2013年に起きたバングラデシュの
アパレル工場で起きた崩落事故の事を知りました。
ポスター アクリルフォトスタンド入り A4 ザ・トゥルー・コスト ファストファッション 真の代償 光沢プリント
 
この事件をきっかけに、
映画にもなっています。
 
事故が起きた工場でファストファッションの服を
過酷な労働環境で作っていたのは
大半が女性だったそうです。
 
ファストファッションで大量に並んでいる服は
過酷な労働環境で作られたもの。
 
同じ女性が酷い労働環境で作ったものを、
日本で都会に住む私は簡単に買って、
気軽に着て、気軽に捨てる。

 

ファストファッション: クローゼットの中の憂鬱

ファストファッション: クローゼットの中の憂鬱

 

 

 

ファストファッション戦争

ファストファッション戦争

 

 

あなたのTシャツはどこから来たのか?―誰も書かなかったグローバリゼーションの真実

あなたのTシャツはどこから来たのか?―誰も書かなかったグローバリゼーションの真実

 
友人が紹介した記事に一緒に添えられていた
安いものは流通の過程で誰かが泣いている
という言葉は考えさせられるものがありました。
 
⚫︎2013年に起きたバングラデシュのアパレル工場の崩落事故
 
⚫︎「私達の血で作ったものを誰にも着て欲しくない」ファストファッション犠牲者の叫びが痛い

http://spotlight-media.jp/article/216387081453326073

 
新品の洋服が100円というビックリする
値段で売られているのを見かけました。
 
私が気軽に買って、気軽に捨ててしまった
服達はどこから来ていたのか。
 
なんだか胸が痛くなります。
 
加えて、低価格のフードチェーンの
酷い労働環境のニュース。

 

検証 ワタミ過労自殺

検証 ワタミ過労自殺

 

 

 

過労死・過労自殺の救済Q&A―労災認定と企業賠償への取組み

過労死・過労自殺の救済Q&A―労災認定と企業賠償への取組み

 
「安い」とやはり嬉しい。
 
けれど、消費をするのは投票をしているのと
同じだという考え方があるようで、
本当にそうだなあと思いました。
 
従業員を過酷な労働環境で働かせて
死に至っても、うちらは悪くないし。
と言ってしまう会社で買い物や食事をするのは
フェイスブックでいいね!
してるのと同じ事。
 
その調子で頑張って!
と活動資金を渡してしまうようなもの。
 
広告
 
 
 
安くてうまい、安くて可愛いは嬉しいけど、
低価格のフードチェーンの労働のさせ方や
安いものを過酷な労働で作る人達。
 
経営者が儲ければ、
従業員は苦しんでても、しらん。
という会社には賛同したくないなあ。
 
あまり意識しすぎてしまうと
息苦しくなってしまうので、
頭の片隅に少しだけ置いておこうと思います。
 
2015年は物を沢山手放したから、
同じ事を繰り返さないように!
 
明日の生活には不安がないけど、
明日やる事があって居場所がある。
 
日が暮れたら帰宅して、
週の何日かはゆっくり休める時間がある。
 
体調が悪い時はせめられる事なく
体を休める事ができて、
他人の失敗を必要以上にせめたてない。
 
年に何度かは誰もが家族や大切な人と
ゆっくりすごせるような
旅行に行く位の長いお休みがある。
 
そんな世の中になったら良いのに。
 
2016年は明るい良い年になりますように!
 
f:id:mim222:20151231140117j:image
 
 
広告