気楽に暮らしたい。

3月中旬から人生のボーナスステージと称して1年間のんびり過ごすことにしました。生き辛いの断捨離後、幸せを探していきます。

江戸ご飯〜夕食編〜

f:id:mim222:20151209210023j:image

 

昼につづき、夜も江戸時代のシンプルな

ご飯を参考にしました。
 
お昼がおかずなしだったので、
卵焼きもめざしも美味しすぎて!
ご馳走に感じます!
 
このシンプルなバランス、はまりそう。
 
卵焼きは江戸末期にはあったようですね。
江戸時代は外食産業が発達していたようで、
屋台や一膳飯屋といわれる大衆食堂、
煮売屋といわれる惣菜屋もあったそうで、
煮豆、野菜の煮物、佃煮などが売られていたそう。
 

広告

 

 

 
 
基本の食事はシンプルだけど、
江戸の人達は結構色々食べてたみたいですね。
おやつにおまんじゅうや砂糖菓子など。
 
そばもおやつの扱いだったそうです。
 
外食や惣菜を買うといっても、
野菜や魚のシンプルなメニュー。
屋台もすし、てんぷら、蕎麦、田楽など、
体に優しいもの。
 
シンプルな素材をおいしくたべたり、
お惣菜を買って適度に楽をしたり、
江戸の人達の食に関するバランスは見習いたい。
 
質素なご飯を食べてみて、素材の美味しさや、
魚や卵が凄いご馳走にかんじたり、
日々の食生活のリセットにはとてもいい。
 
調理も楽だし、食べても体が重くならない。
 
会社帰りで帰ったら寝るだけとか、
特に食べたいものもない1人で食べる食事には
一汁一菜の江戸ご飯を取り入れていこうと思います。 
 
 
江戸めしのスゝメ [ 永山久夫 ]

江戸めしのスゝメ [ 永山久夫 ]
価格:799円(税込、送料込)

 
完本大江戸料理帖 [ 福田浩(料理人) ]

完本大江戸料理帖 [ 福田浩(料理人) ]
価格:1,512円(税込、送料込)